やらない夫が巌窟王になるようです 第10話

535 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/27(土) 23:23:19.82 ID:FEfCoawo
444.


       ~第10話『モンテ・クリスト島』~





 1829年。フランス・ブルボン王朝は終わりに近づいていた。

 ルイ18世は反動的であったにしろ、当初はまだ穏健な政策をとっていた。
 それでも王党派の過激派を抑えることはできなかったが。
 しかし1820年に甥っ子(アルトワ伯の次男)が暗殺されると、急激に絶対王政に戻ってしまった。

 1824年、ルイ18世の死去によって弟のアルトワ伯がシャルル10世として即位する。
 ところが彼はさらに強硬な政策、議会の解散や選挙権の縮小を行ったため、ついに1830年に
フランス7月革命が勃発、シャルル10世は亡命しフランス・ブルボン朝は潰えた。
 代わってオルレアン家(ブルボン家支流)のルイ・フィリップが『フランス国民の王』として即位した。
物語の後半はこのオルレアン朝の時代になる。

 ちなみに、現在のスペイン・ボルボーン(ブルボン)王朝はフランス・ブルボン朝ルイ14世の孫、
フェリペ5世を祖とする。



536 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/27(土) 23:24:37.25 ID:FEfCoawo
445.

-ジュヌ・アメリー号、航行中-



      (ヽ三/) ))
       ( i)))
   / ̄ ̄\ \
 /   _ノ  \ )
 |    ( >)(<)     いやー、出発前日は宝の山の夢とか、
. |  ///(__人__)     手に入れた宝が石になる夢とか見ちゃっただろ!
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
⊂ヽ γ    く
i !l ノ ノ    |
⊂cノ´|     |



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)     さて、いよいよ到着は今日の夜だな……
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


537 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/27(土) 23:24:53.03 ID:FEfCoawo
446.

-ところが島に到着後、予想外の事態が……-



   ∧∧  )   今夜どこに寝るって?そりゃ、甲板で寝るぜ。
 ⊂(゚Д゚;⊂⌒つ   洞穴?ないよ。あの島に洞穴なんて。



       / ̄ ̄\
      /  \    \     (そ、そんな馬鹿な……
    .(●)(● )  u. |     いやいや、洞穴はその後埋まってしまったのかもしれないだろ。
     (__人__)  u   |      あるいは、スパダが用心のために埋めたのかもしれないだろ。
     .(`⌒ ´     |      しかし、そうなると夜は探しようがないだろ……
     {         |      積荷の作業もあるし、明日にするか)
      {      u. /
      \     /
      ノ     \
     /´        ヽ

538 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/27(土) 23:25:24.76 ID:FEfCoawo
447.

-翌日-


        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
     |   ( ●)(●)
    . |     (__人__)
      |     ` ⌒´ノ      ちょっくら、野生のヤギを撃ってきます。
    . |         }
    . ヽ        }
      ヽ      ノ
     ./ー-.l`‐-‐< ̄``ヽ
    (   ⌒⌒ ̄ ̄`r:ュ〈
     `|  _r'゚lニニニl]_ ____/l
fニニニニllニニ|  \[ l===ニニl]}||||||||ll]}コl|====iニコ
|l_,,=-'''~  | \... ヽ'''ニ「_,,,l⌒l。__。_]三i三三i
      | 〈,,/ヽ___)|ll [`ー' ̄



    ∧∧
   (,,゚Д゚)      マルタ※さん、オレも連れてってよ!
   ⊂  ⊃
  ~|  |
    U"U



※ジュヌ・アメリー号でのダンテスの呼び名。ダンテスがマルタ生まれと自称したため。


539 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/27(土) 23:26:33.38 ID:FEfCoawo
448.


ターン!!



        。
   Λ Λ  /
  (,,゚Д゚)⊃    お見事!
~/U /
 U U



        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
     |   ( ⌒)(⌒)
    . |     (__人__)
      |     ` ⌒´ノ       ジャコポ、その子ヤギを持ってって、炙り肉にしてくれ。
    . |         }       昼メシができあがったら銃声で呼んでくれよ。
    . ヽ        }
      ヽ      ノ
     ./ー-.l`‐-‐< ̄``ヽ           ((
    (   ⌒⌒ ̄ ̄`r:ュ〈            ))
     `|  _r'゚lニニニl]_ ____/l       ソ)
fニニニニllニニ|  \[ l===ニニl]}||||||||ll]}コl|====iニコノソ
|l_,,=-'''~  | \... ヽ'''ニ「_,,,l⌒l。__。_]三i三三i
      | 〈,,/ヽ___)|ll [`ー' ̄



    ∧∧
   (,,゚Д゚)      おう!昼のおかずが増えたから、みんなきっと喜ぶぜ!
   ⊂  ⊃
  ~|  |
    U"U

540 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/27(土) 23:27:56.58 ID:FEfCoawo
449.

    /  ̄ ̄\
  /      ノ ヽ
  |::::::     ( ●)    ……あと二時間すると、彼らは50ピアストルの分け前を持って
.  |:::::::::::   (__人)  さらに50ピアストルを儲けるために命がけで出かける。
   |::::::::::::::   ⌒ノ
.   |::::::::::::::    }   そして500リーブルの富を得ると、どこかの街に上陸して
.   ヽ::::::::::::::    }   スルタン※のような得意さ、太守のような自信でそれを撒き散らしてしまう。
    ヽ::::::::::  ノ
    /:::::::::::: く
    |::::::::::::::  |
     |:::::::::::::::| |



          _____
         /       \
       i,-'´}        ヽ
      .,-' ,‐i" _ノ  ヽ、_   i
     ./ //´l (ー) (ー)   i     今日の希望あるおれにとって、それは貧弱な富にしか見えない。
    .l  '- ' , l (__人___)    i    だが明日、失望はおれにそれを幸福なものと思わせるかもしれない。
    l   ,〈,'   `⌒ ´    i
    l   i i          ,i    いや、司祭様が間違うはずがない。
    /   / iヽ,        /    それに、こんな惨めで下等な生活を続けるなら、死んだ方がましだ。
  .,、 i   .' /,‐'.l\     /l )),
  .l \  .i、 ム `‐、_` ̄ ̄´-‐'´ .ヽ
  .l   `‐-'i _.-ヽ .,-、i  i,‐、 . /  .`‐、_
  .l     .i   l l  l  l  l /     `‐、_
  .l     .l   .l/  ヽ ,'  .l/     ,  , `‐、_
 /l     .l      /‐-l  .     .,.' .,'  ,-‐`i
. i.,'     .l 、     l;;;;;;;;l  '    , '  ,.'  .,.'   .i
. /     .l  、    l;;;;;;;;l    , .'   i  ,.'    i




※イスラム国家の君主の称号。ここではオスマントルコの皇帝のこと。


541 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/27(土) 23:29:16.86 ID:FEfCoawo
450.

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{       リ| l.│ i|    3ヶ月前、ただ自由だけを望んでいたダンテスは、
         レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|    いまやそれだけでは満足できず富も望むようになってしまったにょろ。
          ヽ|l ●   ●  | .|ノ│
            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |    でもこれは、ダンテスの罪じゃないにょろ。罪があるのは神様にょろ。
          | /⌒l,、 __, イァト |/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |



          , '´ ̄ ̄` ー-、
        /   〃" `ヽ、 \
       / /  ハ/     \ハヘ
        |i │ l |リ\    /}_}ハ.      なぜなら、神様は人間の力に限界を付けておきながら、
        |i | 从 ○    ○l小N      無限の欲望をおあたえになったからっさ(キリッ)
       |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ
       | i⌒ヽ j         ノi|__/⌒)
       | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ/.
       | ∧__,ヘ}::ヘ三|:::::/l| |',:::::ハ
       | ヾ_:::ッリ :::∨:/ | | >'''´



             /l
    ___       〉 〉           /l
    ヽ ゙i_       〉 __ヽ,_    r‐'" ノ
     l、__ `l_,.-'く く_コ `'l ,ヘ、,ヘノ  l~
       l  /ー-、ヽ─‐'"/.__\ /
       `/l ̄V''ーv l_ し'"V   / ヽ
         | l、__/   ゙、__/   l
          |       rニヽ,       |
        |     lニニニl      /
         \           /
            `ーァ---──'''"ヽ,
           / / l,  i ヽ ` \
           /            ,.-、
         lニ‐-- .,,__,. -‐‐-、_ノ /
          `ー- .,,_,,. -‐‐--‐'"



542 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/27(土) 23:31:26.42 ID:FEfCoawo
451.


     / ̄ ̄Y ̄ ̄\
    /  ヽ,_.   ノ  \
   (●)(● )  ( ●)(●)
   (__人__)     (__人__)
   {`⌒ ´   彡 ` ⌒´ノ    さて……こっちのほうかな?
    {             }
     {      彡    }
     ヽ、    /   ノ
       .ン    ヽ
      //    |
  (⌒二_/ |  .  |



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)    お……注意深く見ないとわからないが、岩に傷がつけてあるだろ。
.   |        ノ    これが目印だな……
    |      ∩ ノ ⊃    こっちの岩にもあるな。辿っていくだろ。
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


543 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/27(土) 23:33:07.48 ID:FEfCoawo
452.

      __     ━┓
    / ~\   ┏┛
  / ノ  (●)\ ・
. | (./)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄   \        丸い、でかい岩の前で止まってしまっただろ……
  \          |        ここで手がかりが消えちまったな。
    \       /        さて、どうするか……
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|

544 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/27(土) 23:34:02.20 ID:FEfCoawo
453.


      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /             \
   /                  ヽ
    l:::::::::.                  |     あ、あれはマルタ君だね。
    |::::::::::   (●)     (●)   |    こっちにやってくるよ。
   |:::::::::::::::::   \___/     |
    ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ



    ∧∧       あんなふうに岩から岩に跳んで来るのはあぶなくないかな?
   (,,゚Д゚)     わわっ、思いっきり転んだ!
   ⊂  ⊃
  ~|  |
    U"U

545 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/27(土) 23:34:34.66 ID:FEfCoawo
454.


   Λ Λ
  (,,゚Д゚)⊃    だ、大丈夫?
~/U /
 U U



              / ̄ ̄\
             /  ヽ、_   \
       l⌒ヽ (●)(● )    .|        足が……動かさないでくれ、体中が痛いんだ!
        ヽ、 \(__人__)     |
     //   \ (,`⌒ ´     |´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
           ヽ {         |           ヽ\__
     | l l|,, ___,{        /           \__)_
      ゝ____`ヽ_(  ̄ ゙̄  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ、       )

546 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/27(土) 23:35:32.70 ID:FEfCoawo
455.


      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\        船まで運ぼうか?
    /             \                >無理です、すごく痛いんで(ダンテス)
   /      u           ヽ
    l:::::::::.    /u     \    |     参ったなあ……すぐ出帆するのに。
    |::::::::::   (●)     (●)    |     仕方ない、痛みが引くまで待とう。
   |:::::::::::::::::   \___/  u  |
    ヽ:::::::::::::::::::.  \/      ノ



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)      いえ、私のどじのせいなんですから、置いて行って下さい。
. |     (__人__)       ビスケットと鉄砲、弾薬、
  |     ` ⌒´ノ.       それからちょっとした小屋を建てるためにツルハシを置いてってくれませんか?
.  |         }.
.  ヽ        }.
   ヽ     ノ

547 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/27(土) 23:41:17.30 ID:FEfCoawo
456.


      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /             \
   /      u           ヽ
    l:::::::::.    /u     \   |    だけど、一週間は戻ってこれないよ?
    |::::::::::   (●)     (●)    |
   |:::::::::::::::::   \___/  u  |
    ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ



   ∧∧  )
 ⊂(゚Д゚;⊂⌒つ   じゃあさ、おれが残って看病するよ!



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( へ)(へ)      気持ちはありがたいけど、一日二日たてば痛みは引くよ。
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ.       漁船に行き会ったら私のことを頼んでください。
.  |         }.       お金を払ってリヴォルノまで乗せていってもらいますから。
.  ヽ        }.       もし会わなかったら迎えに来てくださいよ。
   ヽ     ノ

548 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/27(土) 23:42:44.92 ID:FEfCoawo
457.

      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /             \
   /                  ヽ
    l:::::::::.    /       \    |     わかった……気をつけてね。
    |::::::::::   (●)     (●)   |
   |:::::::::::::::::   \___/     |
    ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ



    ∧∧
   (,,゚Д゚)     お大事にね……
   ⊂  ⊃
  ~|  |
    U"U



549 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/27(土) 23:43:52.83 ID:FEfCoawo
458.


         / ̄ ̄\
       /   ⌒   \
      ( ●)( ●)  |
      .(__人__)      |
       l` ⌒´    .|     よし、みんな行ってしまっただろ( ← 仮病)。
       {          .|
       {       _ |
      (ヽ、ヽ   /  )|
       | ``ー―‐'| ..ヽ|
       ゝ ノ    ヽ  ノ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



         / ̄ ̄\
       /   ⌒   \
      ( へ)( へ)  |
      .(__人__)      |     しかし、かえってああいう連中の中に、
       l` ⌒´    .|     友情とか自己犠牲の精神が見出せるとは驚いただろ。
       {          .|
       {       _ |
      (ヽ、ヽ   /  )|
       | ``ー―‐'| ..ヽ|
       ゝ ノ    ヽ  ノ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

550 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/27(土) 23:45:46.93 ID:FEfCoawo
459.

         , -―- 、
      /     \
      /  \_   |
      (●) (●)   |
      (_人__)    /
      l`⌒´    /
      |      ヽ     さっきの目印を逆にたどってみるか……
      __!、____/  \
    /、 ヽ     r 、 ヽ
    ハ ヽ Y`l     |  >  Y
   { ヽ_ゾノ     | レi i i}
   `¨´  ヽ    ハ  `'''
         >‎   / ヘ
        /  /ヽ  ヘ
        _,/  / ご_ノ  モキュモキュ
      ( ヽ /
       \__ノ



       / ̄ ̄\
     /  ヽ、_  \
    (●)(● )   |
    (__人__)     |    こっち側は入り江で終わりか……
    (          |    やっぱりあの岩がゴールなんだろ。
.    {          |
    ⊂ ヽ∩     く
     | '、_ \ /  )
     |  |_\  “ ./
     ヽ、 __\_/


552 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/27(土) 23:47:02.13 ID:FEfCoawo
460.

-さっきの岩の前

       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)    しかし、この岩をどうやって持ち上げ……
     |     ` ⌒´ノ
       |         } \    いや、逆か?上から岩を落としたんだろ!
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )    やっぱりそうだ。上の方に落とした跡がある。
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)



               / ̄ ̄\
              /  !、_ 八\
             (●)(● ))⌒ |
             (__人__)     |
.               (,`⌒ ´      |      岩の下に岩がはめてあるんだな……
              {         ト、_____
              {       ..:.::::::|ヽ、   ̄`ヽ、       よし、オリーブの木を切っててこにして……
              人     .:.:.:::::ノ:!::. :. . ..........:::=≧=‐- 、         んー、ダメだな。
             _/ .:ヽ :i::::::::/.: /:::':.. .:..,. ''. ::     . :.:.:`ヽ
      , --―'´;.:.、... .: .:i :i::/:  .:::..:,.‐''".    .      .:、  :.:::}
     /   . :.:.ノ:. ..\.ヽヽ:  , -‐''´ ..::: ..    :     .::l . :.:.::|
   /   . .:.:.:./:.     `ヽ、::/     .:::、:.. .. . :.  :.  .::i ...:.:∧
    |  . . .:.:.:;イ::      .:i::.       . .::`''‐-=、ヽ、.:.. . .:: .:ノ: :!
  /{::. : : .: '´.:.i::.       . :|:      . .:: :.::::::::::::/゙"ヽ、:..:.::´::..: :|
  ,' `: :...:.:.:.::.::;!::.. .    .:.:|:     . . . :: :.:.:::::::::{::. .::;'`:‐ .::.: ;!:|.
 {   :. `''''゙´|:::.:.:. : . . . .:::l::. . . . .. .. .:.::..:.:::::::::::|::. . ::i   ..:::iく ::|
  {:.:.. .:.. . .:.:::ト、:.:.. . .  . .:.:;!、::.. . . . ... .:.::..:::::::_;;.ゝ、..:|  ..:ノ :. ヾ.
 /`'''  、,,,___:ノ \::. :.....:.:ノ::..`'ー::.....;;;_;;:.-‐''....:...:::,>'=、  .::i :.::}
. {:.:. .   ___\   ` ‐-=、:::.:.. ..::r ー-=、.....:...::..::::/      . .:::! :; ::|
 !ー: . /:::___;>┐    \:.. :! ,.-―:‐、:: ,,.:‐''´    . . :__;ノ.イ.:.:|
 ';.:../:::::/´、   ̄)ヽ. _,r―‐亠- 、!::::::::::::::|「:     . . - '''´. : :丿.:/

553 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/27(土) 23:47:48.53 ID:FEfCoawo
461.

そこで、ダンテスはさっきもらった火薬を使うことにした。

つるはしで溝を掘ってそこに火薬をつめ、ハンカチをほぐして火薬に転がして導火線を作った。



          .                                :;:.,':;":..,,,
                  ヾ>                 /\
             _____ ヾ_,ゝ __,,:::=====:::,,  ./^\/  /   _  " ';:. :,;':.:
          ;" /___   ./     .  ` ´ ´、ゝ'' \    /  /,/
        : ;        /  /  ..‐´   ゙        /   \    _  ; :.:,;'
          .;,..::,:'"    /    \              ./  /\ \ /_,/
       ::,;'' ,.,..;     /  /\/^            /  /  / `.    "';:; :.:,
              ; ./  / ,;                  \/  /  / ;.     ;:; :.:,
             / /  /                    /  /   キ  i^\
            ;゙ ^--'                    ^--'   ゙;  \, \
     ';:.:,;'      .;                               ;.  /丶, .ヽ
     ; :.:,;'    i;            、,.          ;i        .i ̄ /--;"´
    :. :;:;     /i|lli; i . .;, 、      ,       ,        `   ,i|;iil ̄
       ;:;:.:,     /゙||lii|li||,;,.il|i;,|il .:."          .;,, .i|i,..,.i|||l´i,.il|lヽ ,   ;:..,;::.''"
    ..,.,;           `;; ":':....:... .:.           ,,:: ..:.::.:..;,.. .从  ::.,  ;:;..,
      " ';:. :,;':.:        '   ". ..:       . ..:;"     ..,.,;;: .:':.,,"'"
                  '              ..

下の岩が爆発で砕けたので、上の岩はぐらぐらするようになった。
そこでダンテスは逆方向からてこで岩を押し、岩を突き落とした。


554 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/27(土) 23:48:10.06 ID:FEfCoawo
462.

      (ヽ三/) ))
       ( i)))
   / ̄ ̄\ \
 /   _ノ  \ )
 |    ( >)(<)    やった!洞穴の入り口だろ!
. |  ///(__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
⊂ヽ γ    く
i !l ノ ノ    |
⊂cノ´|     |



       / ̄ ̄\
      /  \    \
    .(●)(● )  u. |
     (__人__)  u   |    だが……本当に宝は残ってるんだろうか?
     .(`⌒ ´     |    スパダは何もここに埋めなかった、あるいはここに来もしなかったかもしれない。
     {         |    あるいはあのセザール・ボルジアがすぐに来て宝を持って行ったかもしれない。
      {      u. /
      \     /
      ノ     \
     /´        ヽ



                     / ̄ ̄\
                   /   _ノ  \
                   |    ( ー)(ー)   いや、あのボルジアが
                   .|     (__人__)   どかした岩をわざわざ戻したりするだろうか?
                   /     ` ⌒´ノ
                 /  ヽ ⊂二二 ̄\      そんなことはしなかったに違いないだろ……
               /     \  ⊂、'    ヽ    『おそらく』。
              /        \_, `7  /



555 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/27(土) 23:50:10.74 ID:FEfCoawo
463.


-洞穴奥-

      , .. .    +      。         ’‘        :: . ..      ::::
,   ,:‘.          。             +   ,..
 ’‘     +   ,..       . ..; ',   ,:‘         :::::::’’  。...::::’’
:::::  :                                     +  :::
::
:    ,:‘
.::....                                       ..;....
,:‘.    ..::..           。            ...         .....
           + , .. .              +          ’。  .......
 ,:‘. 。   .. . . :::  ' ,:‘.   , .. .    +  。  , .. .    +  . : :...
  ,   ,:‘.   ..           .   . .... ..   ..; ', . . :::  ' ,:‘.
                            ,   ,:‘.         ....
,:‘. 。   .. . .                                 , .. .
 :::::::’’  。...::::’’                    ,   ,:‘.        ..’
......                              ’‘  .......       ::::::
      ..:::                           。   .. . . :::  ' ,:‘.
; ', . . : ,:‘.                              ,:‘. 。   ..
                                      ,:‘. 。   ..
 ,:‘.  .                               . ..   ..; ', . .
...     ::                              . ..   ..; ', . .
 :::::                                  ...::..    ......
 ,   ,:‘.                       ,:‘. 。   ..    。...::::


       / ̄ ̄\
     /   ⌒  \
     |  ミィ赱、i .i_r赱           花崗岩がぴかぴか光って綺麗だろ……
.     | ::::::⌒ (__人__)
.     |     トエエエイ            なるほど、宝はこれのことだったんだろ!
.     ヽ     `""´}
      ヽ     ノ
       /    く

556 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/27(土) 23:50:37.80 ID:FEfCoawo
464.

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)       いやいや、そんなわけないだろ(セルフ突っ込み)
  |     ` ⌒´ノ       遺言状には第二の洞穴と書いてあった。このどこかにあるだろ。
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ    ビシッ
   /    く__,-ュ__   て
   |    ___ 三)  (
    |    |       ̄



          ___
         /   \
       /  ー  ‐\
       |  ( ●) ( ●)
      ηノノ   (__人__)   ηノノ      ツルハシで叩いて探ってみるだろ……
      ノ, ∃     `⌒´ノ   ノ, ∃
  .  / /i        } ./ /´      お、ここだけちょっと音が違う!
    (  〈 |       }/  /
   . ヽ  ヽ,_     ノ  /
      \  | |    | | /
       ヽノ ヽ_____ノ Ⅴ
        }     ☆ .|

557 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/27(土) 23:51:20.69 ID:FEfCoawo
465.

第二の洞穴の入り口は、石を積み上げられた上を塗料で隠蔽されていた。




       / ̄ ̄\
      /  \    \
    .(●)(● )  u. |
     (__人__)  u   |   暗くて天井が低いなあ……(※暗牢に慣れたのでダンテスは暗くても目が効きます)
     .(`⌒ ´     |
     {         |   このへんかな?(掘り始める)
      {      u. /
      \     /
      ノ     \
     /´        ヽ



     / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ○)(○)
 .   | U   (__人__)      おおおっ!?この手ごたえは鉄?
    |  U  |r┬-|  彡
 .   |     ` ⌒}   彡   木の箱の鉄のたが……ん!?今、影が通っただろ!
 .   ヽ        }
     ヽ     ノ
     /     \
    / /\   / ̄\____l⌒l
     | |  \ /  ヽ \_____|
 Σ(⌒ノ   ゝ    \__)

558 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/27(土) 23:53:14.15 ID:FEfCoawo
466.

-第一の洞穴の外-

     / ̄ ̄Y ̄ ̄\
    /  ヽ,_.   ノ  \
   (●)(● )  ( ●)(●)     やれやれ、ただのヤギでよかっただろ……
   (__人__)     (__人__)
   {`⌒ ´   彡 ` ⌒´ノ     ついでだ、たいまつを作って持って行こう。
    {             }
     {      彡    }
     ヽ、    /   ノ
       .ン    ヽ
      //    |
  (⌒二_/ |  .  |



-再び第二の洞穴の奥-


     __
..:...::./:..:..:..::\.::..:..:..::::..:..::.:..:...::..::..:..:..::::...:.....
.::./.:..:.._ノ::::..:..\.:..:...::.:..:..::::....:::..:..::::..:.:..:....
:..|:::....  ( ○)(○).::..:..:..:..::::..:..::.:..:...::...::::..:.:..:....
.: |:::.... u (__人__).::..:..:..:..:.おお……宝の箱だろ!(ツルハシで壊してあけた)
::. |::u:.   (.::..:..:..::::..:...:..::::::::..:..::.:...:..::::..:..::.::..:....
.::. |:::.....u  ` ⌒´ノ.::..:...:..::::..:..::.:...:..::::..:...:....
::..:.ヽ:::.....     }.::..:..:..:..::::..:..::..::::..:..::.:..:...::..:....
.::..:...ヽ::.....   ノ         \
::..:..:..:/::..   く  \        \
.::..:..: |::...   \  \        \
::..:..:..:|:::.....  |ヽ、二⌒)、           \


560 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/27(土) 23:56:27.28 ID:FEfCoawo
467.
゚ | ・ +o            o。 |  *。 |
 *o ゚ |+ | ・゚   / ̄ ̄\+・  o  |*
 o○+ |  |i  / ._ノ  ヽ、\  ゚| o ○。
・+     ・ l  |  (≡)(≡) |・|*゚ + |
゚ |i    | +   |::::: (__人__) ::::| |! .   |
o。!   |! ゚o   |   |r┬-|  .} |. * ゚ |
  。*゚  l・    |   `ーlj´  } |o  ゚。・ ゚
 *o゚ |!     ヽ       / |*|○・ |o゚
。 | ・   o,. ‐- .._ヽ、.,__. /  !| ・ +゚ ||*|
* ゚  l| /    、  i  }  \   o.+ | ・
 |l + ゚o i     ` -、{! /_   \  ○・ |o゚
 o○ |  | ヽ.     ヾ´    ̄  `ヽ  *。
・| + ゚ o }  }                ヽ O。
 O。 |  | リ、  ..:::        ..   l 。
 o+ |!*。| / `ー::::       , ヘ:::::..  | *
 |・   | ゚・ |/   /  :::... ..   /:::/ | ::..... { |
    _|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_
    >‎                  <
  /\  ──┐| | \     ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
  /  \    /      /  | ̄| ̄ 月 ヒ | |
      \ _ノ    _/   / | ノ \ ノ L_い o o


箱は仕切りで三つの区画に分けられていた。
第一の区画には金貨、
第二の区画には地金、
第三の区画にはダイヤモンド、真珠、ルビーなど宝石が入っていた。



        / ̄ ̄\
       ノ  `ヽ   \
     ( ≡)( ≡)   |
      (__人__)     |
      (`⌒ ´    .|
       {       |
       {       .ノ/⌒ ̄ ̄' ̄ ̄) 三 二
      ヽ          / ̄¨ ̄ ̄
 (⌒ヽ、 / ヽ        く
  \  ヽ  /\      \
   \__/     \        \
            /    ノ   \三 二
          /    /\    \
         {  ────ヘ    \
          \____ソ ヽ   \ 三 二
                  ヽ、_ソ \    \
                       )   __〉 三 二
                      (___ノ

   ダンテスは興奮のあまり洞穴を飛び出し、島を走り回った。

561 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/27(土) 23:58:04.31 ID:FEfCoawo
468.

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ≡)(≡)
. |     (__人__). rm、
  |     ` ⌒´ノr川 ||
.  |         },.!  ノ'
.  ヽ        r / .|
   ヽ     ノノ ノ
   /     / ./
   |      /
    |    i´

戻ってくると、彼は感謝の祈りを捧げた。
そして宝箱の中身を調べた。その結果は-


         |
    / ̄ ̄\
   /   _ノ  \.
   |    ( >)(<)      ・2~3リーヴルの地金1000個
.   |  ::::::⌒(__人__)      ・25フラン相当の金貨2万5000枚
   |     ` ⌒´ノ      ・その他宝石類(細工の価値も高い)
.   |         }.    。
.   ヽ        }    /
    ヽ     ノ   ./
     / lヽ介/lヽ、 ,rE)
.     | | ~ヾ/~ |. ソ◇'
    | |  ゚|  |\/____E[]ヨ___________
  _ | |  ゚|  |__
  |\  ̄ヽ⌒ヽ⌒ヽ \
  |\\  ⌒  ⌒ 甘 \
  |  \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

562 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/27(土) 23:58:44.43 ID:FEfCoawo
469.

-翌朝-

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●       さて、とりあえずポケットに宝石を詰め込んで。
   |      (__人__)
.   |        ノ       他のやつは元通り埋め戻して、洞穴も隠蔽するだろ。
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


563 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/28(日) 00:01:29.52 ID:WuNayLQo
470.

-6日後-

         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)
          |     (__人__)
        |      ` ⌒´ノ    どうも、みなさん。
          ,|         }    まだちょっと痛むけど大丈夫ですよ。
       / ヽ       }
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く
        ヽ、      |
            |       |



             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
         /           \
         /              ヽ
   / ̄\ l      \,, ,,/      |
  ,┤    ト |    (●)     (●)   |    やあ、無事だったかい?
 |  \_/  ヽ     \___/     |      航海は成功だったよ!お上の船から逃げ回ったけどね。
 |   __( ̄ |    \/     ノ
 ヽ___) ノ



    ∧∧
   (,,゚Д゚)     残念だったなあ……マルタさんも怪我してなければ配当あったのに。
   ⊂  ⊃
  ~|  |
    U"U

564 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/28(日) 00:06:49.68 ID:WuNayLQo
471.

-リヴォルノのあるユダヤ人※の店-


             /´=:ミ´二.ヾ\
            / '/ '´rー=、ヽ.ヽ 、ヽ
          i / 〃,イ|   | |_L| l l
            |.l.l ル'__リヽ  ヘl_Nヽ!.l |     いらっしゃいませ!
          | |.バ ̄o`  ´o ̄,"|l |      ほほう、宝石の買取ですか?
.          レ1  ̄ 〈|:  ̄  !`|
          ド」 、ー-----‐ァ ,lイ!
      _,,... -‐| l ト、`¨二¨´ ,.イ.l lー- ...._
   ,ィ''"´:::::::::::::::| l.l ::::ヽ、__, .::´ :l.l |:::::::::::::::::`¨lヽ               r'つ
.  /:::|:::::::::::::::::::::::W \ ::::::::::: /lル:::::::::::::::::::::::|:::ヽ               / ∟、-‐''つ
  /:::::: |::::::::::::::::::::::::l.  \ /  .l::::::::::::::::::::::::|::::::ヽ         ,.<   )ヽヾニニ⊃
. /:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::l  /\  .l::::::::::::::::::::::::|::::::::::ヽ      /\\   i lニ二⊇
/:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::l/\_/\.!::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::ヽ    /::::::::::::\.ゝ-─'ー-- '
:::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::l  ハ   /:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::\ /::::::::::::::::::::/
:::::::::::::::::: l:::::::::::::::::::::::::::! ./ ヽ ./::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::/
ヽ::::::::::::::;イ:::::::::::::::::::::::::::V   V::::::::::::::::::::::::::::ト、:::::::::::::/::::::::::::::::::::::/
:::::::::::::::/ |::::::::::::::::::::::::::::ヽ ./::::::::::::::::::::::::::::::| ヽ::::::::::::::::::::::::::::/



          ,/     .ー''"` `゙゙゙''''―、`'.,.',
         ']      .''''"゙゙゙゙''ー-、   .゙l │
         │                ゙l. ゙l、
         ,"  、 .r',j,ひーぇ .'i、    .i、  .゙l │
        丿  / .d|`    │ ゙l ヽ.  .ヽ  ゙l, ゙l
       ,,|  ,i´ 巛     │ ゙l .゙l,\  ゙L ‘ .|,
        |  ,l゙ ,《 |     .\‘,iy,゙li,,,ニ,_│  .゚i、
          | ,/ .,||‐广゙゙゙゙゙゙゙ゝ  ゙゛ ` `、.゚"゙l、  .l゙
          ゙l l゙  .,i´‐'"゙゙゙゙'''‐  、  ‐'"゙゙゙゙'''‐  ッ|  ,l゙
        .ヽi、,┤       ,l|          l゙ |、,/
         ゙l、゙l       ;;|        l゙.rレ゙     このダイヤなら一個5000フランで買いましょう。
          〔''♭       ヽ      .| /.,i´
          │ ゙l    i───── i   | .,″     (船乗りがどうしてこんなものを?
          ヽ `' ,、 .\ニニ二ニニ/  /│       まあ、一個につき1000フラン儲かったからいいか)
              'ヽ.゙l.゙lヽ、 ≡≡≡  /リ.,l′ー、,_
       _,,,-‐'"`‘i、U ` 、    ./ .,!,,i´::::::`''ー、,_
   _,,,-‐''"::::::::゙l,,ヽ,、`ヽ、 ,/ .,,/|.l゙ ::::::::: `゙''ー、,、
  ‘^::::::::::::: ゙!| `'-,,,`~" / |ノ:::::::::::::
    ::::::::::::: ゙l   `''ッ/`  │:::::::::::::::::
    ::::::::::::: ゙l  ,/ .\  ,!::::::::::::::::
     ::::::::::::: | ,,‐゙l   ゙li、 .l゙:::::::::::::::::
       :::::::::::::│ ̄ ̄││ :::::::::::::


※この当時はまだユダヤ人への偏見・差別はデフォ。

565 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/28(日) 00:07:56.54 ID:WuNayLQo
472.

      / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ●)(●)
   . |     (__人__)    ジャコポ、この新品の船をお前にやるよ。それとこれが乗組員を雇うための金だ。
      |     ` ⌒´ノ    その代わり、マルセイユのアレ・ド・メランにいるルイ・ダンテスという老人と
.     |         }     カタロニアに住むメルセデスという女の消息を調べて欲しい。
   .  ヽ        }
   _/⌒ヽ     ィ
 i'⌒゙l |   l         \__ィ~っ
 |  |. |   |       ト、_"__冫く;'三}
 |  | ( " ̄⌒ヽ、 |____`ー‐"



    ∧∧
   (,,゚Д゚)     えええええ!?どうしたんです?この船。
   ⊂  ⊃
  ~|  |
    U"U



              / ̄ ̄\
             /  ヽ_  .\
            ( ●)( ●)  |    じつは、今度伯父さんの遺産を相続したんだ。
            (__人__)      |
            l` ⌒´    |
            {         |
            {       /
            ヽ     ノ
        ▼/ ̄      ̄ ̄)____
      〃(⊥) ´/    / ̄ ̄/ /   〃 ⌒i
  ___i /⌒\./   /∧ ∧し' __|;;;;;;;;;;i

566 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/28(日) 00:09:49.50 ID:WuNayLQo
473.

    ∧∧
   (,,゚Д゚)     と、いうわけでして。
   ⊂  ⊃
  ~|  |
    U"U


      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /             \
   /                  ヽ
    l:::::::::.    /       \    |     そうか……残念だなあ、いい船員だったのに。
    |::::::::::   (●)     (●)   |
   |:::::::::::::::::   \___/     |
    ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ


         / ̄ ̄\
       /   ⌒   \
      ( へ)( へ)  |
      .(__人__)      |     皆さん、今までお世話になりました。
       l` ⌒´    .|     船長、後日お手紙書きます。
       {          .|
       {       _ |
      (ヽ、ヽ   /  )|
       | ``ー―‐'| ..ヽ|
       ゝ ノ    ヽ  ノ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


568 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/28(日) 00:11:34.38 ID:WuNayLQo
474.


         (::::::::::::   ヽ
    , ⌒ヽ    (::::::::::::::::::::::  )
   (:::::::::::: '   (:::::::::::::::::::::::::::  ヽ⌒ヽ 、
    ゝ:::::::::::: `ヽ(:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    )       (⌒ 、
   (::::::::::::::::::   ::::::::::::::: 、⌒  ::::::::::::::::  ヽ     (:::::::  ヽ
  (::::::::::::(⌒::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::  )    (:::::::::::::::::
::(::: ::::::::::::::::::::::::::: `)::::::::::::::::::::::::::::: ノ:::::::::::::::::: Y⌒ ヽ::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::)::::::::::::::::::::::::::::     ┌┐  :::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  /~'7;; |/~''7 ::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: (  ( ̄|  ( ::::::::::::::::::::::::
                     、___`t-'ーイゝ-i
                      ヽ] ̄二二二7
~^'""~~~~^'""~~~~^'""~~~~^'""~~~~^'""~~~~^'"^~~^'""~^'"^~~~~~~~
 ~~~ ~~   ~~~~  ~~~ ~~  ~~~  ~~~
 ~ ~~  ~~  ~~   ~~ ~~~~~    ~~ ~~~
~ ~~~~~ ~~ ~~~~   ~~  ~ ~~  ~~ ~~~~


 ダンテスはジェノヴァでヨット(小型の帆船)を買った。
 そして船大工に、ベッドの枕元に三つの仕切りのある秘密のたんすを作らせた。
 彼はそのヨットで一人モンテ・クリスト島に向かい、残りの宝を回収した。



569 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/28(日) 00:14:37.37 ID:WuNayLQo
475.

8日目、待ち合わせの約束をしていたジャコポがやってきた。


    ∧∧
   (,,゚Д゚)     ルイ・ダンテス(エドモンの父)は死んでいました。
   ⊂  ⊃     メルセデスは行方不明です。
  ~|  |
    U"U


          _____
         /       \
       i,-'´}        ヽ
      .,-' ,‐i" _ノ  ヽ、_   i
     ./ //´l (ー) (ー)   i
    .l  '- ' , l (__人___)    i   そうか……
    l   ,〈,'   `⌒ ´    i
    l   i i          ,i
    /   / iヽ,        /
  .,、 i   .' /,‐'.l\     /l )),
  .l \  .i、 ム `‐、_` ̄ ̄´-‐'´ .ヽ
  .l   `‐-'i _.-ヽ .,-、i  i,‐、 . /  .`‐、_
  .l     .i   l l  l  l  l /     `‐、_


571 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/28(日) 00:18:09.78 ID:WuNayLQo
476.

-マルセイユ-


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)
. |  u  (__人__)      久々のマルセイユだろ……
  |      |r┬|}      憲兵が来た時はびくっとしたけど、大丈夫だっただろ。
  |      | | |}
.  ヽ     `ニ}
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)    あれはおれの下で働いていた水夫……
  |     ` ⌒´ノ.
.  |         }.
.  ヽ        }.
   ヽ     ノ
   /    く
   |     |

572 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/28(日) 00:21:08.92 ID:WuNayLQo
477.

         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (⌒ )(⌒)      ちょっとお話をいいですか?
        |     (__人__)
          |     ` ⌒´ノ       (やはりおれだと気づいてないようだろ)
        |         }       ありがとうございました。これがお礼です。
        ヽ     ヘミ|        え?40スーやるつもりで40フランをやったんじゃないかって?
        /,` 、` -`,--` ,       はは、あなたの正直さに対してもう一枚さしあげましょう。
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |      私の健康のために一杯やってくださいよ。
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l


573 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/28(日) 00:25:30.80 ID:WuNayLQo
478.

-父の家-

            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)
          |     (__人__)
             |     ` ⌒´ノ    父さんの部屋には今、若夫婦が住んでいた……
              |         }    カドルッスは引っ越して、宿屋をしてるらしいだろ。
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!



         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (⌒ )(⌒)
        |     (__人__)       よし、この家を丸ごと買い取ろう。
          |     ` ⌒´ノ       若夫婦には別の部屋に移ってもらって、父の部屋をそのままにしよう。
        |         }
        ヽ     ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__



        / ̄ ̄\
     /  ヽ、_  \
    (●)(● )   |
    (__人__)     |     さて……メルセデス、そして奴らの行方を探らなくてはな。
     (`⌒ ´     |
.     {           |
     {        ノ                       (第10話『モンテ・クリスト島』了)
      ヽ     ノ
      ノ     ヽ
関連記事
スポンサーサイト
カテゴリー「やらない夫が巌窟王になるようです」内の最新記事

[ 2911 ]

ここから無敵ターンにはいるか。
[ 2012/02/11 16:17 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://memocopy.blog45.fc2.com/tb.php/87-ed48e875