やらない夫が巌窟王になるようです 第7話

342 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/16(火) 19:21:10.23 ID:apbsSlco
302.


       ~第7話『真実を知る時』~



 陰謀に嵌められシャトー・ディフの牢獄に入れられたエドモン・ダンテス(やらない夫)。
 一時は死を決意するが、他の囚人が壁を掘る音が彼に希望を与える。

 脱獄のため壁を掘り始めたダンテス。ところが、大きな障害物に当たってしまう。
 嘆いているところに聞こえてきた声は……



343 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/16(火) 19:21:25.69 ID:apbsSlco
303.

     / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ○)(○)        あなたはいったい……
 .   | U   (__人__)
    |  U  |r┬-|               >そういうあなたはどなたかな?
 .   |     ` ⌒}
 .   ヽ        }
     ヽ     ノ         エドモン・ダンテス。船乗りです。
     /     \         1815年2月28日からここに……
    / /\   / ̄\____l⌒l   皇帝陛下ご帰国の陰謀を企てたということで投獄されました。
     | |  \ /  ヽ \_____|
 Σ(⌒ノ   ゝ    \__)


      |    (__人__)     |
      \    ` ⌒´    /        なに?皇帝陛下は失脚されたのか……
       /,,― -ー  、 , -‐ 、
      (   , -‐ '"      )       まあ、ところで、ちょっと君の掘った穴について質問させてくれ。
       `;ー" ` ー-ー -ー'
       l           l



344 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/16(火) 19:21:51.69 ID:apbsSlco
304.

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●    はい、ベッドの裏で……ええ、廊下は中庭の方に向いています。
   |      (__人__)
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


      |    (__人__)     |
      \    ` ⌒´    /        しまった!計算を間違ってしまった。
       /,,― -ー  、 , -‐ 、
      (   , -‐ '"      )      私はそこを城壁と思っていたのだよ。
       `;ー" ` ー-ー -ー'       城壁を突破して泳いで逃げるつもりだったのだが……
       l           l


345 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/16(火) 19:22:26.45 ID:apbsSlco
305.

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \       それで……あなたは?
 |    ( ○)(○)
. |  U  (__人__)          >わしは……二十七号だ。
  |     |r┬-|
.  | ι   `ー'´}       警戒しておいでですか?私はあなたを裏切ったりしません!
.  ヽ     u  }       私を独りぼっちにしないでください!
   ヽ     ノ        あなたの友達にさせてください。あなたがお年寄りなら息子にさせていただきます。
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、


      |    (__人__)     |
      \    ` ⌒´    /        よろしい。
       /,,― -ー  、 , -‐ 、
      (   , -‐ '"      )      また明日、会おう。
       `;ー" ` ー-ー -ー'
       l           l

346 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/16(火) 19:22:52.36 ID:apbsSlco
306.

-翌朝-

コン、コン、コン


      (ヽ三/) ))
       ( i)))
   / ̄ ̄\ \
 /   _ノ  \ )
 |    ( >)(<)     私です!
. |  ///(__人__)
  |     ` ⌒´ノ           >獄丁は大丈夫かね?
.  |         }
.  ヽ        }     はい、晩にならなければやってきません。十二時間の猶予があります!
   ヽ     ノ
⊂ヽ γ    く             >よし、ではいくぞ。
i !l ノ ノ    |
⊂cノ´|     |



       ____/ ̄ ̄
        / │ ̄\__     ゴゴゴ・・・
          /
      ..     、      ,_
      ̄\_/ ̄ ̄\/ ̄     ゴゴゴゴゴゴ・・・
  ___/ ̄へ√⌒l⌒´ ̄ ̄\_
  ´        /   \
          / ̄\
          !    !
          \_/
            |
     _   ./ ̄ ̄ ̄\    /
   __ `ソ/  ::\:::/:::::\/ ̄/
     \/゚ <●>::::::<●>  \/ rへ,ノ
__>-へ| i     (__人__)    |ノ  :.\_
     .:/从へ、.゚` ⌒´o.ノ从rーヘ_
   _::ノ    :ノ`⌒Y⌒´::  \
         .::┘   :│   ゚

347 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/16(火) 19:23:26.31 ID:apbsSlco
307.

           / ̄\
              |    |
           \_/
             |
         /  ̄  ̄ \          さて……まず穴を隠す方法を考えよう。
        /  ::\:::/::  \       ふーむ、石の取り除け方が乱暴だな。
      /  .<●>::::::<●>  \      わしは道具を作って掘ったんだが。
      |    (__人__)     |    ベッドのつめ金でつくった「のみ」だ。これで五十尺(約15m)掘った。
      \    ` ⌒´    /
       /,,― -ー  、 , -‐ 、
      (   , -‐ '"      )
       `;ー" ` ー-ー -ー'
       l           l


         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)    すごい……そんなに掘ったのですか。
          |     (__人__)
        |      ` ⌒´ノ
          ,|         }
       / ヽ       }
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く
        ヽ、      |
            |       |

348 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/16(火) 19:23:45.15 ID:apbsSlco
308.

       / ̄\
      |     |
       \_/       しかし、計算を間違ってしまってな。
       |        昨日も言ったとおり、外の壁にたどり着いてそれを掘り抜き、
     /  ̄  ̄ \      泳いで逃げるつもりだった。
   / ノ   \. \    万事休すだ。そこの廊下は番兵で一杯の中庭に向かっているからな。
  /  <●>::::::<●>  \
  | /// (__人__) /// |
  \    ` ⌒´    /
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)        ええ、しかし部屋には四つの面がありますよ。
  |     ` ⌒´ノ.
.  |         }.
.  ヽ        }.
   ヽ     ノ
   /    く
   |     |
    |     .|

349 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/16(火) 19:24:17.57 ID:apbsSlco
309.

         / ̄\
           |    |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \       そうだ、しかし一つは岩を壁にしてある。
      /   ::\:::/::::\     これは坑夫が十年がかりでやらんとだめだろう。
    /   <●>::::::<●> \
    |     (__人__)    |   もう一つは、典獄の部屋の下の穴倉に出てしまう。ここはすぐ捕まるだろう。
    \     ` ⌒´   /
       ̄(⌒`::::  ⌒ヽ      さて、もう一つ。小さな窓がある壁だが……ちょっと肩を貸してくれるかな?
        ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
         ヽー―'^ー-'
          〉    │



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ        はい(テーブルに乗り、司祭を肩に乗せる)
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄

350 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/16(火) 19:24:31.57 ID:apbsSlco
310.

        / ̄\
          |    |
         \_/
           |         /)       ううむ、やはりか(降りる)。
       /  ̄  ̄ \    ( i )))
     /  ::\:::/::  \   / /       あっちは外の廊下だ。巡邏兵が通り、歩哨が番をしている。
    /  <●>::::::<●>   \ノ /
    |    (__人__)     | .,/        あなたの部屋からは逃げられん。これも思し召しかな。
    \    ` ⌒´    /
    /__       /´
   (___)     /



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)
. |     (__人__). rm、       ところで、あなたは一体……
  |     ` ⌒´ノr川 ||
.  |         },.!  ノ'           >お役に立てなくなった今でも、聞きたいかね?
.  ヽ        r / .|
   ヽ     ノノ ノ         あなたは私にとって慰めであり、力を与えてくださった方です。
   /     / ./
   |      /
    |    i´

351 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/16(火) 19:25:02.27 ID:apbsSlco
311.


       / ̄\
      |     |
       \_/             わしはファリア司祭という者だ。
       |              1811年からここにいるが、その3年前に
     /  ̄  ̄ \           他の牢獄に入れられ、ここに移されたのだよ。
   / ノ   \. \
  /  <●>::::::<●>  \
  | /// (__人__) /// |       ……ふうむ、そんなことになっていたのか、ナポレオンが。
  \    ` ⌒´    /
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \



       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)      ところで、どうしてあなたは牢獄に?
     |     ` ⌒´ノ
       |         } \
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)



            / ̄\
              |    |
            \_/
              |               私は、小国の乱立するイタリーに統一王国を作ろうとしたのだ。
           /  ̄  ̄ \
   ∩     /  ::\:::/::  \ .   ∩    そして、馬鹿に冠を着せたような男を
   l ヽ∩ /  .<●>::::::<●>  \ ∩ノ j    私にとってのセザール・ボルジア※と思い込んでしまった。
   ヽ ノ |    (__人__)     | ヽ ノ
    | ヽ \    ` ⌒´    / / j    ところがその男に裏切られてこうなった。
  .  \  ̄ ───────  ̄  /
  .    \              /

※チェーザレ・ボルジア:ルネサンス期のイタリアの軍人・政治家。乱世の梟雄として有名


352 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/16(火) 19:25:16.53 ID:apbsSlco
312.

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ    イタリアは長い間小国が乱立してたにょろ。
         〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|    ひとまず大半が統一されたのは、この話が書かれた後、1861年にょろ。
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \      第二次大戦の『イタリア最弱伝説』という評判を少し弁護すると、
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{       リ| l.│ i|   統一国家としての歴史が浅いため、国家への帰属心が薄かった
         レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|    と言うのも原因の一つにょろ。
          ヽ|l ●   ●  | .|ノ│
            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |    その証拠に、イタリア人は少人数の戦闘では結構勇猛っさ。
          | /⌒l,、 __, イァト |/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |


353 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/16(火) 19:25:47.43 ID:apbsSlco
313.

       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)      で、その、あなたは……ご病気と言われている司祭さんなのでは?
     |     ` ⌒´ノ
       |         } \
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)



       / ̄\
      |     |
       \_/             その通り、さ。
       |              この監獄に来るお客様を、長いこと笑わせてきたものだ。
     /  ̄  ̄ \           もし子供達が来るようなことがあれば、面白おかしく遊ばせてやろうさ。
   / ノ   \. \
  /  <●>::::::<●>  \
  | /// (__人__) /// |       脱走は失敗してしまったからな……主がお望みでない、と言うことさ。
  \    ` ⌒´    /
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \



354 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/16(火) 19:26:21.26 ID:apbsSlco
314.

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)
    |     ` ⌒´ノ    あきらめてしまわれたのですか?
   .l^l^ln      }    一度で成功しよう、ってほうがむしろ虫のよすぎる願いなのでは。
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ



        / ̄\
          |    |
         \_/
           |         /)
       /  ̄  ̄ \    ( i )))      もう一度、とおっしゃるが
     /  ::\:::/::  \   / /      ワシのやってきたことをご存じないな。
    /  <●>::::::<●>   \ノ /
    |    (__人__)     | .,/      四年かかって道具をこしらえ、二年かかって硬い土を掘った。
    \    ` ⌒´    /        そして掘った土を隠すために階段の天井を掘りぬいて、そこも満杯に
    /__       /´          なった時、目的を達しかけたと思っていた。だが、このざまさ。
   (___)     /



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●         (この人は、老人でありながら五十尺掘りぬき、海を泳いで脱獄しようと
   |      (__人__)          していたのだ。
.   |        ノ           なら、若い俺なら百尺掘っていいだろ。
    |      ∩ ノ ⊃          この人が三年かけたなら、俺は六年かけていいだろ。
  /     ./ _ノ            この人でさえ海を泳いで渡ることを恐れなかったんだ、
  (.  \ / ./_ノ │           船乗りの俺がやらなくてどうするだろ……常識的に考えて!)
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


355 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/16(火) 19:26:59.64 ID:apbsSlco
315.

       / ̄ ̄\
     /  ヽ、_  \
    (●)(● )   |     こうしましょう。
    (__人__)     |     貴方の掘った穴から十字架の腕のように横穴を掘る。
    (          |     そして外回りの廊下に出て、番兵を殺すんです。
.    {          |
    ⊂ ヽ∩     く
     | '、_ \ /  )
     |  |_\  “ ./
     ヽ、 __\_/



        / ̄\
          |    |
         \_/
           |         /)   ちょっと待った。
       /  ̄  ̄ \    ( i )))
     /  ::\:::/::  \   / /   あなたはわしの勇気がどんなものか、誤解しているようだ。
    /  <●>::::::<●>   \ノ /   私は、無実の人間を自由にすることが主に尽くすことだと思っていた。
    |    (__人__)     | .,/
    \    ` ⌒´    /
    /__       /´
   (___)     /



      __     ━┓
    / ~\   ┏┛
  / ノ  (●)\ ・
. | (./)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄   \      どういうことです?
  \          |     あなたも罪ある者だと考え始めたのですか?
    \       /
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|



356 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/16(火) 19:27:26.79 ID:apbsSlco
316.

           / ̄\
              |    |
           \_/
             |
         /  ̄  ̄ \
        /  ::\:::/::  \         ちがう。私は罪を犯したくない※。
      /  .<●>::::::<●>  \
      |    (__人__)     |      壁を貫き、階段に穴を開けることはできた。
      \    ` ⌒´    /      しかし人の胸を貫き、人の命を絶ちたくはないのだ。
       /,,― -ー  、 , -‐ 、
      (   , -‐ '"      )
       `;ー" ` ー-ー -ー'
       l           l

※壁の破壊や脱獄も立派な罪ですが……司祭さんの言いたい事はわかりますよね?



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)
. |  U  (__人__)     なんとおっしゃる?
  |     |r┬-|     自由になろうという時にそんな小さなことにこだわったりしますか?
.  | ι   `ー'´}
.  ヽ     u  }
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、

357 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/16(火) 19:27:47.17 ID:apbsSlco
317.

                  _,、、
               -{勾」}―  _
             -――-  、::.::.::. .\
             /         \::.::.::. .\
        /               \::.::.::lハ
         '   .′   |   ト、ヽ ヽ   ヽ::.|_ l    この人、主人公で善人なのよねぇ?少なくともこの時点では
       /   l |  ||   | 斗 ┼l| // 小ヽ l
      l|   | |  ||.イ | | l ノ || 〈〈_ノ:||:l_〉〉l
      | |  _|ム、 |ヘ ヽ>==十F| ト-r1ヾ.r′l
      | l 、 |,,≧、ヽ  ヘ __ ノ l | | |:| |:|  l             ィ /
       ヽヽ\ 〈ヘ _〕     ̄   ノノ l|:| |:|   l  /{ イ ∠ ィ三/
         |:ト ヽil|〈       ´| | |      l /三//三三∠ ィ彡
         |:| |、   __,. ィ    | | | //{ノ}ノ三三三三三三二ニ
           | ト  ` ´┐ / l |∨三三三三三三三三三<⌒
            ノ イ |>'´∠ ヘ /'  ├┴―-、三三三三三三≦ ̄
             / / ,ィ ´l  {Y::/  ,ノ.::.::.::.::.::. .\三三三三三ニ=
          / /  ´_ 二二アУ   ;´::.::.::.::.::.::.::.::.:.ヽ三三ア⌒ヾミ、
          /   ´_ 二二ア'〃 /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::ド⌒ヾ
        ∧    _,二二ユ l ll /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. |   l
      ┌ / ヽ.r┬1ヱこ⌒ー|八/.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:|l   l



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{       リ| l.│ i|        ま、まあ、『自由は戦って勝ち取れ!』
         レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|         な時代の話にょろ……
          ヽ|l ●   ●  | .|ノ│
            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |
          | /⌒l,、 __, イァト |/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |


358 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/16(火) 19:28:05.02 ID:apbsSlco
318.

         / ̄\
        |     |
          \_/            ではなぜ、あなたは獄丁を殴り殺して脱走しなかった?
         _|___
       /     \              >考え付かなかっただけなのです。(ダンテス)
      /  ::\:::::::/::\
    /    <●>::::::<●> \
     |       (__人__)   |     それはあなたが、そういう罪を本能的に恐れていたからだ。
      \      ` ⌒ ´  ,/      考えられないほど恐れていたのさ。
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄      それに、脱獄のわずかな成功例は、十二分な注意でゆっくり計画されたり
.      |          |        機会に恵まれた場合なのだ。機会を待とう。



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)     あなたはお待ちになれました。
    |     ` ⌒´ノ     希望を持ちながらあの仕事に打ち込むことができました。
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ


359 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/16(火) 19:28:23.85 ID:apbsSlco
319.


       / ̄\
      |     |
       \_/             じつは、それだけではないのさ。書き物や勉強もしていた。
       |
     /  ̄  ̄ \                >紙やペンやインキは?おもらいになったのですか?(ダンテス)
   / ノ   \. \
  /  <●>::::::<●>  \
  | /// (__人__) /// |       作ったのさ。
  \    ` ⌒´    /
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)
. |  U  (__人__)
  |     |r┬-|
.  | ι   `ー'´}    作った?本当ですか?
.  ヽ     u  }
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、



            / ̄\
           |     |     ああ。二枚のシャツを羊皮紙のようにして紙にし、
             \_/       タラの骨の軟骨でペン先をつくり、
               |        暖炉の跡にたまったススを、日曜にもらう葡萄酒に溶かしてインキを作った。
 l^ヽ   /^l    /  ̄  ̄ \
 ヽ `_/ /   ./  \  /   \     『イタリーにおける統一王国建設の可能性について』という論文を書いたのだ。
 r'ヽ   ヽ /  ⌒   ⌒   \
  ゝ、 r'ヽi|    (__人__)     |
  `ヽー、ノ \    ` ⌒´    /


360 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/16(火) 19:28:57.54 ID:apbsSlco
320.

      __     ━┓
    / ~\   ┏┛
  / ノ  (●)\ ・
. | (./)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄   \      でも、参考にする書物がいるのでは?
  \          |
    \       /
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|


         / ̄\
           |    |      うむ、ローマでは5000冊ほど本を持っていたが
         \_/        そのうちから150冊ほどを覚えることで、人類の知識の全て……
           |         とまではいかないが、大体役立つ知識が得られると気づいた。
       / ̄ ̄ ̄ \
      /   ::\:::/::::\    で、三年かけて暗記したのさ。おかげで逮捕された後も思い出すことができる。
    /   <●>::::::<●> \
    |     (__人__)    |
    \     ` ⌒´   /    ちなみにわしはドイツ語、フランス語、イタリー語、英語、スペイン語が話せる。
       ̄(⌒`::::  ⌒ヽ      古代ギリシャ語の助けを借りて、現代ギリシャ語もわかるぞ。
        ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
         ヽー―'^ー-'
          〉    │


361 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/16(火) 19:29:09.97 ID:apbsSlco

321.

      (ヽ三/) ))
       ( i)))
   / ̄ ̄\ \
 /   _ノ  \ )
 |    ( >)(<)       それをいつ見せていただけます?
. |  ///(__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
⊂ヽ γ    く
i !l ノ ノ    |
⊂cノ´|     |



            / ̄\
           |     |
             \_/
               |
 l^ヽ   /^l    /  ̄  ̄ \       今すぐにでも。ついてきたまえ!
 ヽ `_/ /   ./  \  /   \
 r'ヽ   ヽ /  ⌒   ⌒   \
  ゝ、 r'ヽi|    (__人__)     |
  `ヽー、ノ \    ` ⌒´    /


362 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/16(火) 19:29:24.61 ID:apbsSlco
322.

-ファリア司祭の部屋-


  ファリア司祭の部屋の床は石畳になっていた。
  そのうちの隅の一枚の石の下から司祭はトンネルを掘っていた。




        / ̄\
          |    |
         \_/
           |         /)
       /  ̄  ̄ \    ( i )))     よし、まだ12時15分だな。
     /  ::\:::/::  \   / /
    /  <●>::::::<●>   \ノ /       これは窓からの日差しを利用した日時計さ。
    |    (__人__)     | .,/       地球の運動と、地球が太陽の周りを回る楕円形のうんぬん……
    \    ` ⌒´    /
    /__       /´
   (___)     /



      __     ━┓
    / ~\   ┏┛
  / ノ  (●)\ ・
. | (./)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄   \       ??よくわからないけどなんだかすごいだろ……
  \          |
    \       /
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|


363 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/16(火) 19:29:39.05 ID:apbsSlco
323.

            / ̄\
           |     |
             \_/          で、こっちの暖炉跡の石の下にいろいろしまってあるのさ。
               |
 l^ヽ   /^l    /  ̄  ̄ \        これがその論文(たくさんの巻物)。
 ヽ `_/ /   ./  \  /   \       これがペン。鉄の燭台から作ったナイフと包丁。
 r'ヽ   ヽ /  ⌒   ⌒   \      肉から脂肪を取り分けて作ったろうそく。
  ゝ、 r'ヽi|    (__人__)     |     火打石に、皮膚病だと嘘を言ってもらった硫黄から作ったマッチ。
  `ヽー、ノ \    ` ⌒´    /



         / ̄\
           |    |
         \_/         こっちのベッドの下の穴には縄はしごがある。
           |          シャツやシーツをほぐして作ったのさ。
       / ̄ ̄ ̄ \
      /   ::\:::/::::\     ほら、これは魚の骨で作った針だ。
    /   <●>::::::<●> \
    |     (__人__)    |
    \     ` ⌒´   /
       ̄(⌒`::::  ⌒ヽ
        ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
         ヽー―'^ー-'
          〉    │

364 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/16(火) 19:30:12.03 ID:apbsSlco
324.

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●      いや、恐れ入りました。
   |      (__人__)     しかし、囚人の身でこれなのですから、あなたが自由ならどれだけ……
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /



       / ̄\
      |     |
       \_/
       |
     /  ̄  ̄ \       いや、なにもできんかっただろうよ。
   / ノ   \. \     このはちきれそうな頭も、つまらないことに使ってしまっただろうさ。
  /  <●>::::::<●>  \
  | /// (__人__) /// |   人の才能を発揮させるのには不幸が必要なのさ。
  \    ` ⌒´    /   火薬を爆発させるのに圧力がいるようにな。
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \



365 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/16(火) 19:30:25.96 ID:apbsSlco
325.

   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |     それと……あなたの身の上話は聞かせていただきました。
. |  (__人__)  |     私の身の上話も聞いてください。
  |   ` ⌒´  ノ     無実の罪でここに入れられたのです。
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \



           / ̄\
              |    |
           \_/
             |
         /  ̄  ̄ \
        /  ::\:::/::  \
      /  .<●>::::::<●>  \
      |    (__人__)     |       ではお聞きしよう。
      \    ` ⌒´    /
       /,,― -ー  、 , -‐ 、
      (   , -‐ '"      )
       `;ー" ` ー-ー -ー'
       l           l


366 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/16(火) 19:30:38.52 ID:apbsSlco
326.

           / ̄\
              |    |
           \_/
             |
         /  ̄  ̄ \
        /  ::\:::/::  \
      /  .<●>::::::<●>  \
      |    (__人__)     |   ふむふむ……そうか。
      \    ` ⌒´    /
       /,,― -ー  、 , -‐ 、
      (   , -‐ '"      )
       `;ー" ` ー-ー -ー'
       l           l



        / ̄\
          |    |           ここに一つの格言がある。
         \_/
           |         /)   生来悪心を持った人間でない限り、人は元々罪を犯すのを好まない。
       /  ̄  ̄ \    ( i )))   ところが文明は我々に欲を与えた。そしてそれは時に、
     /  ::\:::/::  \   / /   私たちの善良な本能を押し殺して悪に導く。
    /  <●>::::::<●>   \ノ /
    |    (__人__)     | .,/
    \    ` ⌒´    /      そこでこういう格言が生まれた。
    /__       /´        「犯人を見つけるためには、まずその犯罪によって利得するものを求めよ!」
   (___)     /          あなたがいなくなって得をする人間はいなかったかな?

367 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/16(火) 19:31:10.89 ID:apbsSlco
327.

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ      得をする人間なんていません。私なんて取るに足らない人間でしたから。
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄



         / ̄\
        |     |
          \_/
         _|___
       /     \
      /  ::\:::::::/::\     そりゃ違う。
    /    <●>::::::<●> \
     |       (__人__)   |   王が死ねば継承者が王位に就くのと同じように、見習い職人は
      \      ` ⌒ ´  ,/   邪魔な上役が死ねば1200リーブルの俸給にありつける。見習いにとっては、
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ   それが王の1200万リーブルに匹敵するほど必要なのだ。
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃   世の中はそういう利害関係の積み重ねでできている。
     |            `l ̄
.      |          |    君はファラオン号の船長になって、綺麗な嫁さんをもらうところだった。



         / ̄\
           |    |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \
      /   ::\:::/::::\     まず一つ目、君がファラオン号の船長にならない事を喜ぶ者はいなかったかな?
    /   <●>::::::<●> \
    |     (__人__)    |
    \     ` ⌒´   /
       ̄(⌒`::::  ⌒ヽ
        ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
         ヽー―'^ー-'
          〉    │


368 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/16(火) 19:31:23.12 ID:apbsSlco
328.

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ      いません。みんなから、かわいがられてましたから。
.  |         }      ただ、一人私を恨む筋合いの男がいました。会計係のダングラールです。
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄



         / ̄\
           |    |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \
      /   ::\:::/::::\     君が船長になったら、彼をそのままにしておいたかな?
    /   <●>::::::<●> \
    |     (__人__)    |      >もし権限があったなら、おかなかったでしょう。
    \     ` ⌒´   /           どうも彼の仕事には不正があるように見えましたので。
       ̄(⌒`::::  ⌒ヽ
        ヽ:::: ~~⌒γ⌒)     で、彼にルクレール船長から預かった手紙とか、エルバ島で受け取った手紙を
         ヽー―'^ー-'      見られなかったかね?
          〉    │


369 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/16(火) 19:31:40.29 ID:apbsSlco
329.

       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)    そういえば、包みを託された時にドアが開いていて、ダングラールが通りかかりました。
     |     (__人__)
     |     ` ⌒´ノ    エルバ島から船に帰るとき、手に手紙を持っていたので見られたと思います。
       |         } \
     /ヽ       }  \   告訴状の文面は覚えています。……という文面です。
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_



       ./ ̄::\
       |   : : : ::|       やれやれ、太陽のごとく明らかじゃないか。
        \_:;;;;/
        |           なんというおめでたい人物だ、君は。
     /  ̄ ̄ ̄\
   /;    . . : : : :\
 / ∪   . . : : : : : : \
 |         . : : : : : : : :|
 \_    . : :〃 : : : :,/
   /⌒` . . : : : : : : :`ヽ.
  / . . . . : : : :..: : : : : ,: :\



     __
..:...::./:..:..:..::\.::..:..:..::::..:..::.:..:...::..::..:..:..::::...:.....
.::./.:..:.._ノ::::..:..\.:..:...::.:..:..::::....:::..:..::::..:.:..:....
:..|:::....  ( ○)(○).::..:..:..:..::::..:..::.:..:...::...::::..:.:..:....
.: |:::.... u (__人__).::..:..:..:そ、そうですか?..:.::..:.:..:....
::. |::u:.   (.::..:..:..::::..:...:..::::::::..:..::.:...:..::::..:..::.::..:....
.::. |:::.....u  ` ⌒´ノ.::..:...:..::::..:..::.:...:..::::..:...:....
::..:.ヽ:::.....     }.::..:..:..:..::::..:..::..::::..:..::.:..:...::..:....
.::..:...ヽ::.....   ノ         \
::..:..:..:/::..   く  \        \
.::..:..: |::...   \  \        \
::..:..:..:|:::.....  |ヽ、二⌒)、           \





370 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/16(火) 19:33:03.87 ID:apbsSlco
330.

       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)    しかし、告訴状の書体は逆にのめったような感じでした。
     |     (__人__)
     |     ` ⌒´ノ    ダングラールの書体は見事な草書体でした。
       |         } \
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_


         / ̄\
           |    |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \
      /   ::\:::/::::\      偽筆をやったんだな。ちょっと書いてみよう。
    /   <●>::::::<●> \
    |     (__人__)    |
    \     ` ⌒´   /          >偽筆にしては達筆でしたが……(ダンテス)
       ̄(⌒`::::  ⌒ヽ
        ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
         ヽー―'^ー-'
          〉    │



          / ̄\                         / ̄\
         |     |                        |     |
         \_/                         \_/
           |                           __|_
        / ̄ ̄ ̄\                        /_ノ::::ヽ \
        /        \                     /::<●>:::<●>::\ +    どうかな?
     /  ::::\::::::::/::::  ヽ                ./:::⌒(__人__)⌒::::: ヽ
      |  <●>::::::::<●>  |                     |    |r┬-|     |  +
     \   (__人__) __,/                      \_  `ー'´    _,/
     /   ` ⌒´   \                      /            \
   _/ | ______((┃))キュッキュッ           | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |  トン  +
.. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \             _(,,)           (,,)_
/  /_________ヽ..  \            /  |                 |  \
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄         /    |_________|   \


371 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/16(火) 19:33:45.08 ID:apbsSlco
331.

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)
. |  U  (__人__)
  |     |r┬-|      おどろきました、そっくりです。
.  | ι   `ー'´}
.  ヽ     u  }
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、



            / ̄\
          |     |
           \_/
           __|___
        /      \
       / ─    ─ \         左手で書いた筆跡はみな似るのさ。告訴状も左手で書かれたんだろう。
     /   <●>  <●>  \
     |  :::::: (__人__)  :::::: |
      \.    `ー'´    /ヽ
      (ヽ、      / ̄)  |
       | ``ー――‐''|  ヽ、. |
       ゝ ノ      ヽ  ノ  |

372 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/16(火) 19:34:07.60 ID:apbsSlco
332.

        / ̄\
          |    |
         \_/
           |         /)
       /  ̄  ̄ \    ( i )))      さて、第二の質問だ。
     /  ::\:::/::  \   / /      メルセデスさんと結婚しないことで得をする人がいなかったかな?
    /  <●>::::::<●>   \ノ /
    |    (__人__)     | .,/
    \    ` ⌒´    /
    /__       /´
   (___)     /



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ.       はい、フェルナンと言う青年が彼女を愛していました。
.  |         }.
.  ヽ        }.
   ヽ     ノ
   /    く
   |     |
    |     .|



         / ̄\
           |    |
         \_/          スペイン人か。その男は手紙を書けたかね?
           |
       / ̄ ̄ ̄ \
      /   ::\:::/::::\         >いいえ、短刀で切りつけるぐらいのことはしそうですが。
    /   <●>::::::<●> \
    |     (__人__)    |
    \     ` ⌒´   /     その通り、スペイン人の気性なら人殺しはやりかねないが、
       ̄(⌒`::::  ⌒ヽ        卑怯なことはしないはずだ。
        ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
         ヽー―'^ー-'
          〉    │

373 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/16(火) 19:34:22.40 ID:apbsSlco
333.

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)   それに、彼は手紙のことは知らないはずなのです。
.   |        ノ   メルセデスにも話してませんし。
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /



         / ̄\
           |    |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \
      /   ::\:::/::::\
    /   <●>::::::<●> \       ダングラールだ。フェルナンは彼と知り合いではなかったかな?
    |     (__人__)    |
    \     ` ⌒´   /
       ̄(⌒`::::  ⌒ヽ
        ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
         ヽー―'^ー-'
          〉    │

374 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/16(火) 19:34:48.71 ID:apbsSlco
334.

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)
. |  U  (__人__)
  |     |r┬-|       あ、そう言えばあの日……あの二人とカドルッスが一緒のテーブルに……
.  | ι   `ー'´}       お待ちください……三人の近くに紙とインキとペンが……!
.  ヽ     u  }
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \   \
 |    ( ○)(○) \ \
. |   o゚ (__人__)  __
  |  0   `ー'´ノ´ ̄    ̄\        おお、恥知らずめ!恥知らずめ!
.  |     /  }         \
.  ヽ   /   }          }て・,‥¨
   ヽ     ノ ___   _ノ そ¨・:‘ .
   /    く  \  YY ̄ ̄YY\
   |     \   \    ・; ∵ ..\
    |    |ヽ、二⌒)、       .  \


376 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/16(火) 19:35:01.64 ID:apbsSlco
335.

            / ̄\
           |     |
             \_/
               |
 l^ヽ   /^l    /  ̄  ̄ \
 ヽ `_/ /   ./  \  /   \     他に質問はあるかな?
 r'ヽ   ヽ /  ⌒   ⌒   \
  ゝ、 r'ヽi|    (__人__)     |
  `ヽー、ノ \    ` ⌒´    /



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)   はい……私はなぜ一度しか尋問されなかったか。
  |     ` ⌒´ノ.   なぜ裁判にかけられず、なぜこのような刑を申し渡されたのか。
.  |         }.
.  ヽ        }.
   ヽ     ノ
   /    く
   |     |
    |     .|

377 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/16(火) 19:35:15.72 ID:apbsSlco
336.

           / ̄\
              |    |
           \_/
             |
         /  ̄  ̄ \       今度はちょっと難しくなるな。さっきの話は遊びごとも同然だった。
        /  ::\:::/::  \
      /  .<●>::::::<●>  \
      |    (__人__)     |   まず、君を尋問したのはどんな人物だったね?
      \    ` ⌒´    /
       /,,― -ー  、 , -‐ 、
      (   , -‐ '"      )
       `;ー" ` ー-ー -ー'
       l           l



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)     27,8ぐらいの若い男で、検事代理でした。
.   |        ノ     かなり親切な人でした。
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

378 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/16(火) 19:36:34.02 ID:apbsSlco
337.

         / ̄\
           |    |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \
      /   ::\:::/::::\    その年齢ならまだ腐敗はしていまい。
    /   <●>::::::<●> \    だが、野心は持つ年頃だ。
    |     (__人__)    |  全てを話したのかね?何か彼に変わった様子はなかったかね?
    \     ` ⌒´   /
       ̄(⌒`::::  ⌒ヽ
        ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
         ヽー―'^ー-'
          〉    │


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)     何から何まで。
.   |     (__人__)
    |     ` ⌒´ノ     ええ、私を危険なものにしたあの手紙を読んだ時でした。
   .l^l^ln      }    彼は私にとても同情してくれて、証拠になる書類を焼いてくれました。
.   ヽ   L     }     それを一切口外するな、とも。
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ


379 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/16(火) 19:36:49.79 ID:apbsSlco
338.

         / ̄\
        |     |
          \_/
         _|___
       /     \         なに……とすると、その男は思っていた以上の悪党だな。
      /  ::\:::::::/::\      その手紙の宛名は?
    /    <●>::::::<●> \
     |       (__人__)   |
      \      ` ⌒ ´  ,/
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ            >パリ、コック・エロン町のノワルティエ氏。
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |



         / ̄\
           |    |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \
      /   ::\:::/::::\    ノワルティエか……その名の男は知っているよ。
    /   <●>::::::<●> \    で、その検事代理の名前は?
    |     (__人__)    |
    \     ` ⌒´   /
       ̄(⌒`::::  ⌒ヽ           >ド・ヴィルフォール。
        ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
         ヽー―'^ー-'
          〉    │


380 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/16(火) 19:37:21.65 ID:apbsSlco
339.

            / ̄\
          |     |
           \_/
           __|___
        /      \            ははははは!
       / ─    ─ \
     /   <●>  <●>  \         すべてが日の光よりも透き通って明らかに見えるぞ!
     |  :::::: (__人__)  :::::: |   その親切な検事代理、手紙を焼いてなくしたと言ったな!
      \.    `ー'´    /ヽ     そして、その正直な首切り役人の元締め先生、
      (ヽ、      / ̄)  |      ノワルティエと言う名を決して口に出すなといった!
       | ``ー――‐''|  ヽ、. |
       ゝ ノ      ヽ  ノ  |
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


         / ̄\
        |     |
          \_/
         _|___
       /     \
      /  ::\:::::::/::\      お気の毒に、あなたは目が見えなかった。
    /    <●>::::::<●> \       ノワルティエとはだれか?
     |       (__人__)   |      ノワルティエとは、その男の父親なのだ!
      \      ` ⌒ ´  ,/
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |

381 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/16(火) 19:37:33.32 ID:apbsSlco
340.

     / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ○)(○)
 .   | U   (__人__)
    |  U  |r┬-|  彡       あの男の、父親……
 .   |     ` ⌒}   彡
 .   ヽ        }
     ヽ     ノ
     /     \
    / /\   / ̄\____l⌒l
     | |  \ /  ヽ \_____|
 Σ(⌒ノ   ゝ    \__)



         / ̄\
           |    |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \
      /   ::\:::/::::\
    /   <●>::::::<●> \     その通りだ。
    |     (__人__)    |    あの男の父親で、ノワルティエ・ド・ヴィルフォールというのさ。
    \     ` ⌒´   /
       ̄(⌒`::::  ⌒ヽ
        ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
         ヽー―'^ー-'
          〉    │


382 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/16(火) 19:37:46.15 ID:apbsSlco
341.

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)
. |  U  (__人__)     (そうか……態度の急変。手紙を焼いた。脅すのではなく嘆願するような声……
  |     |r┬-|           今になって全てがはっきり分かった)
.  | ι   `ー'´}
.  ヽ     u  }          一人になって……色々考えようと思います。
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、


383 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/16(火) 19:38:27.58 ID:apbsSlco
342.

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)
. |  U  (__人__)
  |     |r┬-|       ……
.  | ι   `ー'´}
.  ヽ     u  }
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、

-夕方-

       / ̄\
      |     |
       \_/
       |
     /  ̄  ̄ \        獄丁が行ったな。一緒に食事をしよう。
   / ノ   \. \      わしは『陽気な気ち●い』と認められてから少し待遇が良くてね、
  /  <●>::::::<●>  \     日曜は白いパンと葡萄酒の小瓶がもらえるのさ。
  | /// (__人__) /// |
  \    ` ⌒´    /
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \

384 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/16(火) 19:38:41.38 ID:apbsSlco
343.

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ.
.  |         }.     ……。
.  ヽ        }.
   ヽ     ノ
   /    く
   |     |
    |     .|


       / ̄\
      |     |
       \_/
       |
     /  ̄  ̄ \
   / ノ   \. \     あんなことを言って悪かったな。
  /  <●>::::::<●>  \   あなたの心に復讐の気持ちを注ぎ込んでしまった。
  | /// (__人__) /// |
  \    ` ⌒´    /
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \

385 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/16(火) 19:39:21.65 ID:apbsSlco
344.

      ィ";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙t,
     彡;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
     イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r''ソ~ヾ:;;;;;;゙i,
     t;;;;;;;リ~`゙ヾ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ    i,;;;;;;!
     ゙i,;;;;t    ヾ-‐''"~´_,,.ィ"゙  ヾ;;f^!   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ト.;;;;;》  =ニー-彡ニ''"~´,,...,,.  レ')l. < おまえは何を言っているんだ
     t゙ヾ;l   __,, .. ,,_   ,.テ:ro=r''"゙ !.f'l.   \____________
      ヽ.ヽ ー=rtσフ= ;  ('"^'=''′  リノ
    ,,.. -‐ゝ.>、 `゙゙゙゙´ ,'  ヽ   . : :! /
 ~´ : : : : : `ヽ:.    ,rf :. . :.: j 、 . : : ト、.、
 : : : : : : : : : : ヽ、  /. .゙ー:、_,.r'゙: :ヽ. : :/ ヽ\、
  :f: r: : : : : : : : !丶  r-、=一=''チ^  ,/   !:: : :`丶、_
  : /: : : : : : : : :! ヽ、  ゙ ''' ''¨´  /   ,i: : : l!: : : : :`ヽ、
 〃: :j: : : : : : : ゙i   `ヽ、..,,__,, :ィ"::   ,ノ:: : : : : : : : : : : :\
 ノ: : : : : : : : : : :丶   : : ::::::::: : : :   /: : : : : : : : : : : : : : : :\




         ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
        /:;: '´T 丁l `ヽ::}
        /{:::/ l |l ト、 l Nトl iハ
      ldb| l k_ィヽレ仁リl│
       | ∧l  lK◯   ○ソイ
     ,l  (l  ぃ  ,-┐,从|      ガソリンを撒いてマッチを擦ったようなもんじゃない……
     l   ヽ トゝ、ニ イト、ト、
      |/≪T ,バ、:文:`Yラ、ゝ
     N≠{〈:::::::〉:;i:::}:::〉≧
     ヾ≦ハZi::ヘ;:::〈l:::|j≧
      /:::::::ハ:::KXl:_:ト、
     ∠::::::::::::{ミk::〉Xl,ソ::::>
      |:::::::::::`^^KXヽノ


               ___
          _, -' ´___\
     ,  '´ _,-'´, -――- ゝ、
    /  ./ /      l ト、\
   \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
     l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !       ま、いずれ気づかなきゃいけないことです。
     l | l | ┬::cr / / ┬c」 |       ヴィルフォールはともかく、ダングラールやフェルナンを
      l | l !  l:::::::j  '   l::::j.! /   怪しまないダンテスの方がおかしいですぅ。
      l | l l⊂⊃‐       ‐⊂/
      ! | |ヽ|        -   リ
      ! | lゝ、      n /|
      ! | |::::::::::ー┐ r‐:::l !´l. |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}i〈_〕l. !
     l l__j::::::::/: i_lil__|: !: /. !


386 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/16(火) 19:39:45.10 ID:apbsSlco
345.

         / ̄ ̄\
       /   ⌒   \
      ( へ)( へ)  |
      .(__人__)      |
       l` ⌒´    .|     ……他の話をしましょう。
       {          .|
       {       _ |
      (ヽ、ヽ   /  )|
       | ``ー―‐'| ..ヽ|
       ゝ ノ    ヽ  ノ



       / ̄\
      |     |
       \_/
       |
     /  ̄  ̄ \
   / ノ   \. \      ……ああ。
  /  <●>::::::<●>  \
  | /// (__人__) /// |
  \    ` ⌒´    /
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \

387 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/16(火) 19:40:44.13 ID:apbsSlco
346.

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( へ)(へ)
   |      (__人__)
.   |        ノ       どうです?退屈しのぎに私に何か教えていただけませんか?
    |      ∩ ノ ⊃       教えてくださるなら、もう脱獄の話などしないと約束します。
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


           / ̄\
              |    |
           \_/
             |
         /  ̄  ̄ \
        /  ::\:::/::  \     ……そうだな。わしが教えられるのは数学、物理学、歴史。
      /  .<●>::::::<●>  \      それにいくつかの現代語。二年もあれば十分だろう。
      |    (__人__)     |
      \    ` ⌒´    /
       /,,― -ー  、 , -‐ 、
      (   , -‐ '"      )
       `;ー" ` ー-ー -ー'
       l           l

388 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/16(火) 19:41:07.45 ID:apbsSlco
347.

      (ヽ三/) ))
       ( i)))
   / ̄ ̄\ \
 /   _ノ  \ )
 |    ( >)(<)       ありがとうございます!さっそくお願いします!
. |  ///(__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
⊂ヽ γ    く
i !l ノ ノ    |
⊂cノ´|     |



        / ̄\
          |    |
        \_/
          |
       /  ̄  ̄ \
     /  \ /  \
    /   ⌒   ⌒   \
    |    (__人__)     |       うむ、何から何まで学ぶ権利をやろう!
    \    ` ⌒´    /   ☆
    /ヽ、--ー、__,-‐´ .\─/
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、.
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ.
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \
 l     |    |ー─ |  ̄ l   `~ヽ_ノ____         (第7話『真実を知る時』了)
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|--'  /  独語   /|
   .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/|    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/| ______
/ ̄ 物理 /|  ̄|__」/__ / 英語  ./||__,」_____    ./|
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ 歴史  ./| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/  数学  /|  /  |
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/|/
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
関連記事
スポンサーサイト
カテゴリー「やらない夫が巌窟王になるようです」内の最新記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://memocopy.blog45.fc2.com/tb.php/83-2989813a