やらない夫が巌窟王になるようです 第6話

283 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/14(日) 20:00:52.14 ID:C6BMre6o

252.

       ~第6話『囚人三十四号と二十七号』~

-ヴィルフォールの場合-


    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   /::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::l
   //::/:l:::::::/::::::;/:::/::::;ヘ::::::::|::::::::::::::::}
 //:::|:::l:::::;ヘ/, '/:::/:::/  |::::::l:::::::::::::::;'
  /|:::l:::l/:/≠、///ニ ̄リ:::/::::::::::::::l
  { |:ハ::|:::l ゞ‐'' / '"てノン/:::::::/`i;':|
   l' |l::::!  !     ゙"/;::::::; '_..'´ハ{
     |::リヽ _    //://::l::/
     l;'  |:;ヽ `  _,. /'´ _/::::l:l      父さんの言ったとおり、復古王政はあっさり倒されてしまった。
        !' `ーニ-‐_''"´/イ:l!'       後に言う百日政治(サン・ジュール)、ナポレオンの天下が始まった。
          _,|l ̄|| _,=_: : :| `       おれは、父さんの庇護のおかげで首にならずにすんだ。
   ,.. -‐'''''""´ !l: : |l "}{`: : :\      検事は免職され、おれが検事になった……
   /:: : : : : : : : 〃: 〃: : : : : : : : :`- _
  /:: : : : : : : :〃: 〃: : : : : : : : : : : : ::`''
  |: : : : : : : :〃:: 〃: : : : : : : : : : : : : : ,: :



  /:.:.:.:.:.: :.:. :.:.:./: .:. :.:.:.:.: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.:.:..',
 /:.:.:.|:.:. .: .:.:.:./ :.:. :.:.:/ .:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:../ .:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:|
/:/.:.:.|:.:. :.:.:.:.:/. .:.:.:./: :.:.:.:.:./:.:.:. .:.:.: ::.:.:.:./ :./:.: .|:.: .:.:.|:.:.|
ノ/l.:.:.:.|:.: :.:.:.:/:. :.:.://: :.:.:.:.:./:.:.:. .:.:. .: ..:.:.:/ :/: |.: .|:.: .:.:.:.|:.:.|
. |.:.:.:.|:.: .:./: :.://:.:/:.//:.:.:. : : .:.:./ :./|:. |:.: |.: .:.:.:..|:.:.|
. |:.:.:r|.: .:.l//:.:./://:./:.:.:.::. .:.: .:/ :./:.:.|:. |:. |:. :.:.:.:.|:.:.|
. l:.:.:{ |:.:.:.|/:.:/‐ ´ /:./:.:.:.:.: .:.:.イ: .:./:./|:. |:. |: .:.:..|:.|:.:{
. }:.:.:| |:.:.:.|:/ム\\/:./:.:.:.: .:./,/ :./イ彡|:./ ./:.:.|:.:.|リ`‐`-
. /:.:/ヽ|:.:.:|\ゝz.イヽ,'、/:.:.:.:./彡/∠イ孑フ/:.:/:.:./:.:/|
/:.,イ:.:.,:|ヽ:.ヽ ` ̄´///:.:./(\/ゝ匕ンイ:.::./:/ヘ./|:l
/´/:./ }:.:.lヽ、\  /' //  { `./\  ̄/-/^i:/_〉 〉_|l       おれには一つ問題があった。
 /´  //|/\`丶/    !  \ \ /:{ |: / /` :l ̄ ̄/ ヽ
   //{ `: { {\    __ 冫  `ヽ ヽ : l /  /: : : : : : :/: : : : \     彼……ダンテスのことだ。
.  /: : : | : : ヽヽ \ ´¨ _ ̄`  ∠: ヽ `∨  { : : : : : :/: : : : : : : l
/: : : : : :,-、ヶ :\rヽ`r‐ー─‐<´-----ヤ    〉 : : : : ,' : : : : : : ∨
: : : : : : : :r‐、),-、 | |: :r`──-── 、__    〉 / : : : : : |: : : : : : ∨
: : : : : : : く卅>⌒: | |: : `>─┬ 、      / / : : : : : : |: : : : : ∨
: : : : : : : : :ゝ: : : | | : : : : : : : |l: :i      / /: : : : : : : :l: : : : ∨




284 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/14(日) 20:02:49.29 ID:C6BMre6o
253.

          「;:丶、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_;:}
          ト、;:;:;:丶、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_;:;: --―;:''"´;:_」
          {::ト、:;:;:;:;:;:` '' ー―――;:;: '' "´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_ ,.ィ彡!
          l::l 丶、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_,. -r==ニ二三三 }
          ',:i r- 、、` ' ―――― '' "´ ,ィ彡三三三三三/、
            || ヾ三)      ,ィ三ミヲ  `丶三三三三三ん',
            lj         ゙' ― '′     ヾ三三三ミ/ )}
           | , --:.:、:..   .:.:.:.:..:.:...      三三三ツ ) /
           | fr‐t-、ヽ.  .:.:. '",二ニ、、    三三シ,rく /
           l 丶‐三' ノ   :ヾイ、弋::ノ`:.:.    三シ r'‐' /     百日政治になってから、モレル氏がやってきた。
           ', ゙'ー-‐' イ:   : 丶三-‐'":.:.:..    三! ,'  /     当然、彼の釈放を願ってのことだ。
            ',    /.:             ミツ/ー'′
            ',   ,ィ/ :   .:'^ヽ、..       jソ,ト、     おれはうまく言いくるめることにした。
             ',.:/.:.,{、:   .: ,ノ 丶:::..  -、   ,ハ  l、
            ヽ .i:, ヽ、__, イ   _`゙ヾ  ノ   / ,l  l:ヽ
             ,.ゝ、ト=、ェェェェ=テアヽ }   ,/  l  l:.:(丶、
           _r/ /:.`i ヽヾェェシ/  ゙'  /   ,' ,':.:.:`ヾヽ
     _,,. -‐ '' " ´l. { {:.:.:.:', `.':==:'."       /   / /:.:.:.:.:.:.} ト―-- ,,_
一 '' "´        ',ヽ丶:.:.:ヽ、 ⌒    ,r'"    / /:.:.:.:.:.:.:ノ,ノ |      ``丶、
            ヽ丶丶、:.:.ゝ、 ___,. イ     / /:.:..:.:.:.,ィシ′ |
             `丶、 ``"二ユ、_,.,____/__,/;: -‐ '"  /



    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   /::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::l
   //::/:l:::::::/::::::;/:::/::::;ヘ::::::::|::::::::::::::::}
 //:::|:::l:::::;ヘ/, '/:::/:::/  |::::::l:::::::::::::::;'
  /|:::l:::l/:/≠、///ニ ̄リ:::/::::::::::::::l
  { |:ハ::|:::l ゞ‐'' / '"てノン/:::::::/`i;':|
   l' |l::::!  !     ゙"/;::::::; '_..'´ハ{     ああ、彼でしたか。
     |::リヽ _    //://::l::/
     l;'  |:;ヽ `  _,. /'´ _/::::l:l     彼は裁判所の監獄に連れて行かれたんですが、その後
        !' `ーニ-‐_''"´/イ:l!'      どこかに連れて行かれましてね……
          _,|l ̄|| _,=_: : :| `      なにしろ、皇帝陛下が復帰なされてからまだ二週間です。
   ,.. -‐'''''""´ !l: : |l "}{`: : :\     釈放の手続きが行き届いてないのでしょう。
   /:: : : : : : : : 〃: 〃: : : : : : : : :`- _
  /:: : : : : : : :〃: 〃: : : : : : : : : : : : ::`''
  |: : : : : : : :〃:: 〃: : : : : : : : : : : : : : ,: :


285 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/14(日) 20:03:04.20 ID:C6BMre6o
254.

  ,彡ニ三三三三三三三ニ=ヾ;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:;:;:i'
  ,彡ニ三三三三ニ三三ニニ;〃ヾ、;:;:;:;:;:;::;:;::;:::;:/;:;:/
 ,彡彡,'',ニ=ミミミ三三三三ニニ彡  `゙゙''ー-、;:;:;:;/;:;/
 ',彡'/ r' ノヽヾミ三三三三三彡'   _,,,,,,、ヽ;:;ィ''|
  彡'|.|(‐'''" 'iミニニ三彡"´ ̄     `゙゙ー'  ;;;:|
.  彡i、ヾ ('  ヾミニ三'          __,,、 ....ノ   /
  彡ゝ `'' "  |ミミミ'       ‐'"ひi,;'´  ,ィ;;ァ'
   '彳`ー‐i  |ミミミ'          `゙ーシ'   |、ニ'
 --、/    i  |ミミ         .,,r‐''"   | ノ
 く'ノ    :i  ミミ         ´  ., '   |'    なるほど……何とか早く出してやれないものですかの?
 、\     .l  ヾ            .ノ(_,,、.   |
 :\ヽ,   ヽ          /   `t‐一'
 ::::ヽ ヽ   `::.       ,; '      .:i
 :::::::ヘ ヽ    `::.        ''"⌒゙''一ノ
 ::::::::::ヘ.ヽ    ヽ、       ` ー'ーノ
 ::::::::::::::ヽヘ     `ー┬‐一;;''""´
 \、:::::::::ヽヽ      /::ヘ ) `゙'ー、_
 〃`゙ー、;;;;\\   /i:::::::丿 ' , ' , '`゙ヽ、



               /: : : : /: : /: : / : : : /l: : : : : : : : :ヽ
.             /: l : : /: : /: : /: /:/:/∧:l: : : : : : : :ハ
            /: : ! : /: : /: :/: ://l // l:|\: :!|: : : : l
           ,':/: :l : l : ://:/l: イ//,l/=キi≦V | : : : ハ
            /イ: | | : |: :l/!/=l'、l'/´/,.ィ彷r) 7:/: ム l:ト|
           ,': ,l l: : ∨r忘外 }   ̄ ̄ //: /) }从
            l:/ |:l: 、: ヽ ` ̄ 〈      //: /.ン:l
            l′lハ : \ \    __,./イィ/彳|l l
             ′!: | |:ヽ‐ヽ  ´-‐一   /ヘ: N州       司法大臣に嘆願書を出すとよいでしょう。
                |/l/|:l、_、:> 、     /,. -ヘl 、       なかなか取り上げてもらえないという話ですが、
               ' ' l/| ヽl: | ` ‐ '´  〉 __l  ヽ      私も添え書きをいたしますので。
                 |.:.:.|:.:.:.|∧     /彡,:.|  |
                  /.:.:_j.:.:‐¬l    , ゝ/.:.|  l-、
              /.:.:.へ :.V^ゝ  / / /.:.:.:l  /⌒'ー


286 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/14(日) 20:03:17.62 ID:C6BMre6o
255.

      /"'-..,;;;;;;;;;;;;;`''-..,,_;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;..|
       ト:::::::::`''- ..,, ;;;;;;;;;;;;`'' -...., . .- ''´|
      i:::::::::::::::::::三  `'' - ..,,;;;;;/;;;,,..-'イ;,
     /ニ、::::::::::::::::三    、;;;;;; `"´ ,,,,, i;;;i
    { ( _',::::::::::/          "" |/
    ', '<i ヾ:::::::i  、、,,三、     ,,.-、 i
     ',、ヾヽi:::::i   '-ヽソヾ   /,'ッフ、i
     ヽ__.. i::::i    、  ̄ノ  | ;ニ ノ.i
     ノ,.-| i::i          |   i     いかなる文面がよろしいでおじゃる?
.       i,ィ''"',    /、_  ::::   /
       /',',',  ',  /   ヽ_ノ  /
.      イ',',',',', ', ', ( ,.---::;;;;、_,. } /
     / '',',',',',', ', ',- 、 ,.__`ー´ノノ
   ,.-イ  ''',',',.',', ',:',    ,ノ /、,,、
  (  {´    ',',',',', :',.','---─ '´リ  ', ヽ
''´´ヽ((''- ..,  ',',',',', .',.',ソ  ./ /   ',) }ー..,,,



       /. : /. : :/. : . / . : : : : . : : : : : : : : : : : : : : !
       i.:::::. /.: : /. : .:: ,.′.: : :/. . : : i: : : : : : : : : i: l
       l:::: /.::: : .::: .:: ./ :/. : :/. : . ://:}: : : :::. i: : : :| :l: |
       l:::::}:::::: ::::..:: / :/. /}. : : //}::ハ: :i: ::. :}: : : | :|: {
       |:::::|::::i::. !:::::/.:イ: / /: : イ:/ l::l  l: ト、::. |: : : | :|: l
       }i::::|::::i:::.{:::イ:/_i:/ /:::./// j::{ .」斗ヘ:::}:/ : }. ト、!
      イ:::ハ::|::::V十rfリミ」:::/// , //ィf≧=ヘ小/. :イ: :ハ:ト、
       }/  lハ:::::ヽ、近Zソ|/メV/7/ーヘ北シメ/. :/ }/ }{
      ノ′ |ヽト、:::ヽ    i{   ノ′       /. :/.ィ:!  `   そうですね、彼の行為は
         |:::ハ:::ヽト\⌒´  ノ!      /: :イ: .イ:l    今となっては無罪どころか皇帝陛下に尽くした行為です。
         |/ }::|::::\   、____.ノ イ: /i |/ リ    多少誇張してもいいでしょう。
         }!  |ハ::::::i\  `二二´ /イ:!: ハ::{    ……というような文面で。
             }从Li」 ヽ、   ∠_.」」:::{ }:l
               ト--T r‐`´─┐|‐‐イV .リ
               }_ハ_」 |: : : : : : :| L「!」
             __ノf7/,イ |: : : : : : :| ト斗ト、‐-、__


287 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/14(日) 20:03:35.97 ID:C6BMre6o
256.

               /: : : : /: : /: : / : : : /l: : : : : : : : :ヽ
.             /: l : : /: : /: : /: /:/:/∧:l: : : : : : : :ハ
            /: : ! : /: : /: :/: ://l // l:|\: :!|: : : : l
           ,':/: :l : l : ://:/l: イ//,l/=キi≦V | : : : ハ
            /イ: | | : |: :l/!/=l'、l'/´/,.ィ彷r) 7:/: ム l:ト|
           ,': ,l l: : ∨r忘外 }   ̄ ̄ //: /) }从
            l:/ |:l: 、: ヽ ` ̄ 〈      //: /.ン:l    で、私はここに内容を保証する添え書きをします。
            l′lハ : \ \    __,./イィ/彳|l l    今日すぐ送りますので、お待ちください。
             ′!: | |:ヽ‐ヽ  ´-‐一   /ヘ: N州
                |/l/|:l、_、:> 、     /,. -ヘl 、
               ' ' l/| ヽl: | ` ‐ '´  〉 __l  ヽ
                 |.:.:.|:.:.:.|∧     /彡,:.|  |
                  /.:.:_j.:.:‐¬l    , ゝ/.:.|  l-、
              /.:.:.へ :.V^ゝ  / / /.:.:.:l  /⌒'ー
           , -―//   ヽ ヽ‐.  r‐/ /.:.:.:.:.! /:.:.:.:.:.:.:.

    ……と嘘をついて、おれはこの嘆願書を手元においた。
    これを送れば確かにダンテスは釈放されるだろう。
    だが、ヨーロッパの情勢を考えれば第二の王政復古も近い。
    彼を救えば、王政復古後おれは危険な立場になりかねない。

    モレル氏は百日政治の間に二度やって来たが、そのたびになだめすかして帰した。
    ワーテルローでナポレオンが敗れ、王政復古が行われるとさすがにその後は来なくなった。

    無理もない。王党派の天下で大っぴらにボナパルト党の味方をし続けることなど危険すぎた。

.        l:::::: /::: ::::/::: /::/ ! :::: ::八::ヽ: :: ::::::: :| : : : ! ::.\ \
/|      |:::::/ ::/ :/::: /::/ ::| ::::::/  \\ :::::::|: ::l ::l :::::::〉.、 \
/        |::/ ::.' ::/ :::/::/: ::.' ::::/  /_ \\:::│::: l ::| ::::::/:::::.ヽ  〉
|         }'::::/ ::::{: :/:::イ: ::/: :/_//__>≦7::,':::::/::/ ::::/ヽ ::::/ /
|        /:::::{ :::: |: l::/、|:::/ ::// /,ィチ:rf:::ノ/ ./:::/ :/ :::://.、〉:/ /
|      ./:|:::::| ::: :|: |:仏∨イ//', 〃,,≠¬ ̄ /:::/ :/ :::/っ〉/:/ /
|     /:/|:::::| ::: :|: }:イ泛ム/' .' ^      ,イ: / :/ :::/.r'/::/ /
|    /´ .}:|::| ::: :|: |::ゞ屮'}  ' ,      /イ :/ :::/ r '}::::/ /
ト _      |:|::| ::: :ト::l:::ハ /    `ヽ、    /:イ::/ { |::/ /    ルイ18世は再び王位に登られた。
',  \____|ハ:ト :: :|_}| ::::ヽ\   ____`_丶 // , '  // /
:ヘ          ̄ヽヽ{ リ::::/|ノ\ ¬'-──¬ `、 /   ' / /    おれはマルセイユの思い出を悔恨の種と思っていたので、
Vヘ         乂::イ ´   |\  ̄ ̄¨` , <___∠::/ /    トゥールーズの検事になった。
:::Vヘ        /j/    j/jノヽ   .イ ̄ ̄    / /    ルネと結婚したのはその二週間後のことだった。
ヽ::Vヘ                r‐`≦==¬ニ二二フ /
. \Vヘ            r‐タ7 ̄// イ ̄^ //
    \:ヘ             / / / / / / ト、//
     \ヘ         / , ' / /   / / .//


288 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/14(日) 20:04:27.22 ID:C6BMre6o
257.

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ
             /:::/ ̄`\::::::::::::::\
         ////     ヽ:、:::::::::::::、    「兵士諸君! 諸君らの皇帝はここにいる! さあ撃て!」
         ,'/:l、{\    / |::|:::::|:::::::::l    ナポレオンはこう言ったそうにょろ。
         レ|、l ●   ● ハl::::::|::::|::::|    おかげで討伐軍はさっくり寝返ったにょろ。
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃::::|::::|::::|
        /⌒ヽ__|ヽ   \」    |:::::|::::|/⌒ヽ   ルイ18世は逃亡、
      \ /:::::|::::l>,、___,. イ:::::|/   /   ナポレオンは3月20日、帝位にカムバックしたのさっ
.        /:::::/|::::| 〈::l三/::::/ |::::::ト、_∠    これが百日政治(百日天下)の始まりにょろ
       `ヽ{.|::| ヽ∨:/ .|::::::|::::::::/



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{       リ| l.│ i|   もちろん、各国が黙って見過ごすわけはないにょろ。
         レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|   この頃、ヨーロッパを革命以前に戻すためのウィーン会議が開かれてたにょろ。
          ヽ|l ●   ●  | .|ノ│   この会議では、各国は領土の取り分をめぐってもめてたにょろ。
            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |   『会議は踊る、されど進まず』舞踏会ばかりやって話は進まなかったにょろ。
          | /⌒l,、 __, イァト |/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |   だけどナポレオンの帰還を聞いて、慌てて妥協したにょろ。
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ    6月18日、ワーテルローの戦いでナポレオンは敗れたにょろ。
         〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|    6月22日、ナポレオンは退位を余儀なくされ、
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│    今度は南大西洋の孤島、セントヘレナに流されたにょろ。
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !    そのまま、彼はセントヘレナで一生を終えたにょろ。
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |


289 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/14(日) 20:04:42.19 ID:C6BMre6o
258.

-ダングラールの場合-

  、___________
   、>              .|
   >‎________   .|
    ̄   .|./_   _\ |   |
       | /  ヽ/  ヽ |  |
 .      | |   ・ | ・  |  V⌒i    あれは本当だったのか……
    _  |.\  人__ノ   6 |
    \ ̄  ○        /
 .     \          厂
      /  _____/
       ̄ ̄, -/へ/\/`- 、
        /./  ./o    i. \



   : >  ̄ ―― ---‐ __
    ; > ______.   | ;
     ;  ̄  | /_    _ \ |  |  ;
      ;  .|.l´,,ヽ .i'゙,, `i |   | ;   ナポレオンが再び帝位……
       ,   jヽ__ノ ヽ___ノ レ‐、l  ;   ダンテスも帰ってくる……どうしよう。
     ; /  ° 、      6 }  ;
      ;   ̄~> ヽ   ノ゙´ ;
      ;  <____イ  ;
        ;  /|/\/\ ;

  こわくなったダングラールは、モレル氏に願い出て海上勤務をやめた。
  そして、モレル氏の紹介でスペインの商人の下で働くことになったが、
  マドリードに行ってからは消息を絶った。


290 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/14(日) 20:04:53.25 ID:C6BMre6o
259.

-フェルナンの場合-

         ____
       /     \
      / _,ノ    \ \
    /  (●)   (●) \    フェルナンは、ダンテスがどうなったか、には興味がなかった。
    |      ´       |   むしろ、メルセデスを振り向かせる方法をあれこれ考えていた。
    \      ⌒     /


           ____
         /   ∪  \       そして、いつダンテスが帰ってくるかと気が気ではなかった。
       γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ
      / _ノ (>)三(<) \ `、    ナポレオンによる徴兵が行われ、フェルナンも兵士として
     (  <:::∪::::  __',__::::∪ |  )    出征しなくてはならなくなった。
      \ ヽ ::∪:: `ー'´∪:: //    留守中にダンテスが帰って来て、彼と結婚することを恐れていた。


291 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/14(日) 20:05:10.95 ID:C6BMre6o
260.


           -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ _ノ   ヽ、_,リ| l │ i|
         レ!小l( ●) (●)从 |、i|
          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ
             ヽ、  ゝ._)   j /     兄さん、どうか死なないで。わたしを独りぼっちにしないで。
            ヘ,、 __, イ
         r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
         {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1


       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\
   /   ( ー)  (ー) ヽ
   |  u   ___`___    |    見送りの時の言葉は、フェルナンにいくらかの希望を与えた。
   ヽ、    `ー '´  /     もしダンテスが帰ってこなければ、いずれ自分のものになってくれるのではないか、と。



292 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/14(日) 20:06:04.25 ID:C6BMre6o
261.

-メルセデスとダンテスの父-

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ _ノ ' ヽ_ リ| l │ i|
         レl小o゚⌒  ⌒゚o从 |、i|      メルセデスは、ダンテスを待ち続けていた。
          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ      じっと立ち尽くしていたり、渚に座って彼を待ち続けていた。
             ヽ、  ⌒´   j /
            ヘ,、 __, イ
         r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
         {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1


  / ̄ ̄\
 / ~~~\
 |    (◎)-(◎)
. |   o゚ (__人__)    ダンテスの父は一縷の望みを抱いていたが、皇帝の没落でそれは打ち砕かれてしまった。
  |  0  |~|ノ
.  |     ~~}      そして息子と別れてからちょうど5ヵ月目の日の逮捕とほぼ同時刻、
.  ヽ        }       メルセデスの腕に抱かれて彼は息を引き取った。
   ヽ     ノ
   /    く  \      モレル氏が、彼の葬儀の費用とわずかな借金を払った。
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、


293 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/14(日) 20:06:19.46 ID:C6BMre6o
262.

   /ノYヽヽ
   /(0)(0):::ヽ
 ./ ⌒`´⌒ ::\
 | )ノ(、_, )ヽ, (::::|
 |.l ,;‐=‐ヽ  l :::|
 \ `ニニ´ ::::/
 /`ー---―´\

 カドルッスも徴兵された。
 ただし、彼は妻帯者であったために徴兵は後回しにされ、第三次の徴兵で沿岸地方に送られた。





   -ダンテスは、ずっと暗い牢の中だった-




294 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/14(日) 20:08:08.37 ID:C6BMre6o
263.

 ルイ18世の復位からおよそ一年後、刑務検察官がシャトー・ディフの巡視にやってきた。



      ____
    /      \
   /   /   \  ヽ
   |     /\    |       まあしかし、囚人ってのはひとりに聞けば百人に聞いたも同然だな。
   ヽ   / ̄\  /       『食べ物がわるい』『自分は無実だ、自由にしてくれ』
 ,,.....イ.\       /       みんなこればかり言う。
 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ 、
     |  \/゙(__)\,|  i |     他に囚人はいるかね?
     >‎   ヽ. ハ  |   ||



    ∩___∩   /)
    | ノ      ヽ  ( i )))
   /  ●   ● | / /     暗牢に危険な囚人がいるクマ。
   |    ( _●_)  |ノ /
  彡、   |∪|    /
  /    ヽノ   /´


   _____
 /        \
/    /   \   ヽ
|       /ヽ    |    やれるところまで仕事をやろう。
|      / ̄丶   .|    案内してくれ。
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


   ∩____∩
   | ノ ノ   \ヽ   その前に、兵士を呼ぶクマ。
   /  ●   ● |
   ミ   ( _●_) ミ   あいつは危険だから、やけになって検察官殿に危害を与えかねないクマ。
  -(___.)─(__)─


295 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/14(日) 20:08:31.41 ID:C6BMre6o
264.

      ____
    /      \
   /   /   \  ヽ
   |     /\    |       この先か。
   ヽ   / ̄\  /       どんな男なんだい?
 ,,.....イ.\       /
 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ 、
     |  \/゙(__)\,|  i |
     >‎   ヽ. ハ  |   ||


    ∩___∩   /)
    | ノ      ヽ  ( i )))    きわめて危険な謀叛人クマ。それも気●いになりかけクマ。
   /  ●   ● | / /
   |    ( _●_)  |ノ /      ところで、ここのもうちょっと先の階段から降りたところに、
  彡、   |∪|    /      別の気●いになった司祭さんがいるクマ。こっちは●違いだけど面白い人クマ。
  /    ヽノ   /´     こっちにしないクマ?


   _____
 /         ( ;;;;(
/    /   \   ) ;;;;)
|       /ヽ   /;;/
|      / ̄丶  l;;,´.|    いや、せっかくだし両方に会うよ。
/     ∩ノ ⊃━・'/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



296 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/14(日) 20:08:42.93 ID:C6BMre6o
265.

    / ̄ ̄\
   / ヽ、_    \
  (●)(● )    |
  (__人__)゚o    │
   (,`⌒ ´      |      ん……?
  . {        |
    {        ..:/      (見たことのない人物、それも兵士にまもられている……)
    ` ー     \
    /    _    l
   /  ̄`Y´   ヾ;/  |
  ,|    |    |´  ハ
  |    |    |-‐'i′l
  |__ |   _|   7'′
 (   (  ̄ノ `ー-'′



             / ̄ ̄\
            ノし. u:_ノ` ,,\.
            /⌒`  ( ◯)(O):
           .:|   j(   (__人__)
          :|   ^  、` ⌒´ノ:
          |  u;     ゙⌒}:
          ヽ     ゚  " }:
            ヽ :j    ノ: i |i |      (偉い人だろ!常識的に考えて!!)
         /⌒      ヽ  | || |  |
     :: / ̄ ̄ヽ ::       \ ||     |i
    :: (「    `rノ ::      \   ||i  \
     :: ヽ   ノ ::          \       \
ガタッ!  |   | r         「\   \       \
       |   | |       ノ  \   \__   \
          ヽ_ノ       /||| l   \_,       `ヽ   \
     || i  /         | ||| |    (_つ ̄と_ノ)    \
     || ||  |         | ||| |                    \


297 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/14(日) 20:08:54.65 ID:C6BMre6o
266.

   ∩___∩             ∩___∩
   |ノ      ヽ            |ノ      ヽ
  /  (゚)   (゚) |          /  (゚)   (゚) |
  |    ( _●_)  ミ         |    ( _●_)  ミ
 彡、   |∪|  、` ̄ ̄ヽ    /彡、   |∪|  ミ
/ __  ヽノ   Y ̄)  |   (  (/     ヽノ_  |     させるかクマー!!
(___)       Y_ノ    ヽ/     (___ノ
     \      |       |      /
      |  /\ \     / /\  |
      | /    )  )    (  (    ヽ |
      ∪    (  \   /  )    ∪
            \_)  (_/



    / ̄ ̄\
   / ヽ、_    \
  (●)(● )    |
  (__人__)゚o    │
   (,`⌒ ´      |      (あ、襲いかかろうとしたと思われただろ)
  . {        |
    {        ..:/      (落ち着くべきだろ、JK)
    ` ー     \
    /    _    l
   /  ̄`Y´   ヾ;/  |
  ,|    |    |´  ハ
  |    |    |-‐'i′l
  |__ |   _|   7'′
 (   (  ̄ノ `ー-'′


298 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/14(日) 20:10:39.92 ID:C6BMre6o
267.

   _____
 /        \
/    /   \   ヽ
|       /ヽ    |    おや、だいぶ落ち着いているようだね。
|      / ̄丶   .|    銃剣がこわいというのがわかっている。気●いならここで引き下がらない。
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |     さて、君、何か望みはあるかね?
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)
. |     (__人__). rm、    私は、自分がどういう罪でここに入れられたのか知りたいんです。
  |     ` ⌒´ノr川 ||
.  |         },.!  ノ'   有罪なら銃殺にしてください。無罪だったら自由にしてほしいんです。
.  ヽ        r / .|
   ヽ     ノノ ノ
   /     / ./
   |      /
    |    i´


299 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/14(日) 20:10:52.25 ID:C6BMre6o
268.

      ____
    /      \
   /   /   \  ヽ
   |     /\    |
   ヽ   / ̄\  /       食べ物はいいのかね?
 ,,.....イ.\       /
 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ 、
     |  \/゙(__)\,|  i |
     >‎   ヽ. ハ  |   ||


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)
. |     (__人__). rm、    食べ物は構いません。
  |     ` ⌒´ノr川 ||
.  |         },.!  ノ'   ああ、そう言えばそこの人(=ダンテスが収監された時の獄丁※)には迷惑をかけました。
.  ヽ        r / .|    あの時は猛り狂っていたのです。
   ヽ     ノノ ノ
   /     / ./
   |      /
    |    i´

※獄丁……衆人を監督する役人。看守


300 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/14(日) 20:11:04.63 ID:C6BMre6o
267.

   _____
 /        \
/    /   \   ヽ
|       /ヽ    |    わかった、考えておこう。
|      / ̄丶   .|
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |     典獄、あとで彼の名簿を見せてくれ。
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    (⌒)(⌒)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ    おお、感謝いたします!
.  |         }
.  ヽ        }     私を拘引したのはヴィルフォールさんという方です。
   ヽ     ノ  mm   とても親切な方でして。
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄


   _____
 /        \
/    /   \   ヽ
|       /ヽ    |    では彼の意見は信用していいのかね?
|      / ̄丶   .|
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |         >はい、もちろんです。(ダンテス)
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


301 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/14(日) 20:11:20.42 ID:C6BMre6o
269.

      ____
    /      \
   /   /   \  ヽ
   |     /\    |
   ヽ   / ̄\  /       じゃ、もう一人のとこに行こうか。
 ,,.....イ.\       /
 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ 、
     |  \/゙(__)\,|  i |   気●いだそうだが、どういうタイプの●違いなんだい?
     >‎   ヽ. ハ  |   ||



    ∩___∩   /)
    | ノ      ヽ  ( i )))    自分が財宝を持っていると思い込んでるクマ。
   /  ●   ● | / /
   |    ( _●_)  |ノ /      最初の年は政府が自由にしてくれたら百万やると言ってたクマ。
  彡、   |∪|    /       それから二百万、三百万と年ごとに増えたクマ。
  /    ヽノ   /´       今年は五年目だから五百万やる、と言われるかもしれないクマ。



      ____
    /      \
   /   /   \  ヽ
   |     /\    |
   ヽ   / ̄\  /       へー、おもしろいね。
 ,,.....イ.\       /      名前は?
 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ 、
     |  \/゙(__)\,|  i |        >二十七号、ファリア司祭クマ(典獄)
     >‎   ヽ. ハ  |   ||


302 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/14(日) 20:13:20.22 ID:C6BMre6o
270.

          / ̄\
         |     |
         \_/
           |
        / ̄ ̄ ̄\
        /        \       (はがれた漆喰のかけらを使って床に円を描き、そこに線を何本か引いている)
     /  ::::\::::::::/::::  ヽ
      |  <●>::::::::<●>  |
     \   (__人__) __,/
     /   ` ⌒´   \
    /((┃))______i | キュッキュッ
    ヽ,,⌒)         (,,ノ



           / ̄\
              |    |
           \_/
             |
         /  ̄  ̄ \
        /  ::\:::/::  \      む……?
      /  .<●>::::::<●>  \
      |    (__人__)     |   私はローマ生まれのファリア司祭という者だ。
      \    ` ⌒´    /   1811年の初めにわけも分からず逮捕され、以降自由を要求している。
       /,,― -ー  、 , -‐ 、
      (   , -‐ '"      )
       `;ー" ` ー-ー -ー'
       l           l

  ファリア司祭:シャトー・ディフ囚人番号二十七号。気●いとして有名。


      ____
    /      \
   /   /   \  ヽ
   |     /\    |
   ヽ   / ̄\  /       私は政府の役人だ。
 ,,.....イ.\       /     何か希望はあるかね?食べ物とか住居とか。
 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ 、
     |  \/゙(__)\,|  i |
     >‎   ヽ. ハ  |   ||


303 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/14(日) 20:13:33.03 ID:C6BMre6o
271.

         / ̄\
           |    |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \
      /   ::\:::/::::\     食べ物は実にひどい。住居はじめじめして暗い。
    /   <●>::::::<●> \     だがまあ、牢獄ってそんなモンだろう。
    |     (__人__)    |
    \     ` ⌒´   /     それより重大な提案がある。
       ̄(⌒`::::  ⌒ヽ
        ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
         ヽー―'^ー-'
          〉    │


   ∩____∩
   | ノ ノ   \ヽ   いよいよはじまったクマ。
   /  ●   ● |
   ミ   ( _●_) ミ
  -(___.)─(__)─


      ____
    /      \
   /   /   \  ヽ
   |     /\    |
   ヽ   / ̄\  /       自由にすることはできないよ?
 ,,.....イ.\       /
 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ 、
     |  \/゙(__)\,|  i |
     >‎   ヽ. ハ  |   ||


304 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/14(日) 20:13:43.63 ID:C6BMre6o
272.

            / ̄\
              |    |
            \_/   .
              |
           /  ̄  ̄ \
   ∩     /  ::\:::/::  \ .   ∩     だが、政府に五百万の金が入るとしたら?
   l ヽ∩ /  .<●>::::::<●>  \ ∩ノ j     五百万を手に入れる権利をやろう!
   ヽ ノ |    (__人__)     | ヽ ノ
    | ヽ \    ` ⌒´    / / j
  .  \  ̄ ───────  ̄  /
  .    \              /


   ∩____∩
   | ノ ノ   \ヽ   また、君のお宝の話クマ?ミニにタコができるクマ。
   /  ●   ● |
   ミ   ( _●_) ミ
  -(___.)─(__)─

   _____
 /         ( ;;;;(
/    /   \   ) ;;;;)
|       /ヽ   /;;/
|      / ̄丶  l;;,´.|    政府は金持ちなのさ。君が出獄した時のためにとっときなよ。
/     ∩ノ ⊃━・'/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


305 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/14(日) 20:14:16.26 ID:C6BMre6o
273.

        / ̄\
          |    |
         \_/
           |         /)
       /  ̄  ̄ \    ( i )))
     /  ::\:::/::  \   / /    出獄できなかったらどうするのかね。宝が無駄になってしまう。
    /  <●>::::::<●>   \ノ /    それよりは政府がそれを利用し、ワシもそれを利用するほうがよくはないか?
    |    (__人__)     | .,/    そうだ、六百万までは出そう。
    \    ` ⌒´    /
    /__       /´
   (___)     /



      ____
    /      \
   /   /   \  ヽ
   |     /\    |
   ヽ   / ̄\  /       もっともらしい言葉使いだ。気●いと言われなければ信じてしまいそうだよ。
 ,,.....イ.\       /
 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ 、
     |  \/゙(__)\,|  i |
     >‎   ヽ. ハ  |   ||



         / ̄\
           |    |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \
      /   ::\:::/::::\     私は気●いではない。
    /   <●>::::::<●> \
    |     (__人__)    |
    \     ` ⌒´   /     宝は実在するのだ、ここから百里ほど先に。
       ̄(⌒`::::  ⌒ヽ     そこまで連れて行ってもらって確かめてもらおう。
        ヽ:::: ~~⌒γ⌒)    いや、逃げる口実とお考えかな?ならば私の言うところを掘りに行ってきてくれ。
         ヽー―'^ー-'
          〉    │


306 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/14(日) 20:14:29.30 ID:C6BMre6o
274.

   _____
 /         ( ;;;;(
/    /   \   ) ;;;;)
|       /ヽ   /;;/
|      / ̄丶  l;;,´.|    食べ物はいいかね?
/     ∩ノ ⊃━・'/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



           / ̄\
              |    |
            \_/
         ノ L__|__
         ⌒:::\:::::/::\
        / <●>::::<●>\
       /    (__人__)   \
       |       |::::::|     |     あなたも私の言うことに返事をなさらん!
       \       l;;;;;;l    /l!|     ならば私が宝を持っていよう。神様が自由を授けてくださるまで。
       /     `ー'    \ |i     さあ、出て行ってくれ!
     /          ヽ !l ヽi
     (   丶- 、       しE |
      `ー、_ノ       ∑ l、E ノ
                 レY^V^ヽ ワゴンッ!


307 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/14(日) 20:16:11.31 ID:C6BMre6o
275.

      ____
    /      \
   /   /   \  ヽ
   |     /\    |
   ヽ   / ̄\  /       何か宝を持っていたのかもしれんな。
 ,,.....イ.\       /
 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ 、
     |  \/゙(__)\,|  i |
     >‎   ヽ. ハ  |   ||



    ∩___∩   /)
    | ノ      ヽ  ( i )))
   /  ●   ● | / /     持ってる夢でも見たんだクマ。
   |    ( _●_)  |ノ /
  彡、   |∪|    /      目が覚めて宝がなかったんで、気●いになっちゃったクマ
  /    ヽノ   /´


   _____
 /         ( ;;;;(
/    /   \   ) ;;;;)
|       /ヽ   /;;/
|      / ̄丶  l;;,´.|    なるほど、本当に金持ちなら牢獄に入らずにすんだろうしな。
/     ∩ノ ⊃━・'/    賄賂を贈ればいいんだから。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


308 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/14(日) 20:16:24.41 ID:C6BMre6o
276.

            / ̄\
              |    |
            \_/   .
              |
           /  ̄  ̄ \
   ∩     /  ::\:::/::  \ .   ∩
   l ヽ∩ /  .<●>::::::<●>  \ ∩ノ j
   ヽ ノ |    (__人__)     | ヽ ノ
    | ヽ \    ` ⌒´    / / j
  .  \  ̄ ───────  ̄  /
  .    \              /

もしこれが、カリギュラとかネロのような宝を求めてやまない人々なら、司祭は自由にしてもらえただろう。
ところが今日の王さまたちは無難なことしかせず、意思の大胆さがない。
昔は神の子と自称し、そう人々からも思われてきた彼らは、手近なところまで落とされてしまった。

ところで専制政府は牢獄や拷問の結果を明るみに出すことを好まない。●違いにしてもそれと同様、牢獄の中に
隠されるか、あるいは病院の中に閉じ込められるのがせいぜいだ。

ファリア神父は獄中で気●いになったため、終身禁錮(※)にされているのだった。



※カリギュラ ネロ……ともにローマ帝国の皇帝。一般的に暴君と評されている。

※禁錮……牢屋に入れる刑罰。終身禁錮なら一生牢屋の中。
よく聞く懲役は、牢屋に入れるのに加えて労働が課される。


309 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/14(日) 20:17:00.17 ID:C6BMre6o
277.

-典獄の部屋-

   _____
 /         ( ;;;;(
/    /   \   ) ;;;;)
|       /ヽ   /;;/
|      / ̄丶  l;;,´.|    よし、これだな?
/     ∩ノ ⊃━・'/    どれどれ……
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



エドモン・ダンテス:狂激なるボナパルト党員、皇帝のエルバ島からの帰還のため大いに貢献した者。
          厳重な監視の下に極秘に監禁のこと


   _____
 /         ( ;;;;(
/             ) ;;;;)
|       /   \ /;;/      なるほど、ここは収監後に書き加えられたらしいな
|        /ヽ  l;;,´.|       うーん、こりゃ明白に有罪だなあ。
/     ∩ノ ⊃━・'/
(  \ / _ノ |  |     『赦免できない』とだけ書いておくか。
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


310 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/14(日) 20:17:12.50 ID:C6BMre6o
278.

-一方、ダンテス-

      (ヽ三/) ))
       ( i)))
   / ̄ ̄\ \
 /   _ノ  \ )
 |    ( >)(<)
. |  ///(__人__)    よーし、壁に漆喰の欠片で今日の日付を彫って、と。
  |     ` ⌒´ノ    溝を掘っていって今日が何日か忘れないようにするだろ!
.  |         }
.  ヽ        }    二週間もすれば自由にしてもらえるだろ、常識的に考えて。
   ヽ     ノ
⊂ヽ γ    く
i !l ノ ノ    |
⊂cノ´|     |



-二週間経過-


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)
    |     ` ⌒´ノ      おれを最優先で処理してくれるとは限らないだろJK……
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }      仕事を済ませて、パリに帰ってからなら一,二ヶ月ってとこだろ。
    ゝ  ノ   ノ      よし、三ヶ月待つだろ。
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ


311 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/14(日) 20:17:23.31 ID:C6BMre6o
279.

-三ヶ月後-

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)
. |  U  (__人__)     き、きっと忙しかったり、手続きが滞ってるんだろJK。
  |     |r┬-|
.  | ι   `ー'´}     六ヶ月待てば大丈夫だろ……
.  ヽ     u  }
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、



-そして十ヶ月経過-

    / ̄ ̄\
   / ヽ、_    \
  (●)(● )    |
  (__人__)゚o    │
   (,`⌒ ´      |     何も代わり映えないだろ……
  . {        |
    {        ..:/     ひょっとしてあれは幻覚か夢だったのかもしれないだろJK……
    ` ー     \
    /    _    l
   /  ̄`Y´   ヾ;/  |
  ,|    |    |´  ハ
  |    |    |-‐'i′l
  |__ |   _|   7'′
 (   (  ̄ノ `ー-'′


312 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/14(日) 20:18:21.46 ID:C6BMre6o
280.

-さらに一年後-(この時点でタイーホより約三年半経過)

    ∩___∩   /)
    | ノ      ヽ  ( i )))
   /  ●   ● | / /     シャトー・ディフの典獄クマ。
   |    ( _●_)  |ノ /
  彡、   |∪|    /      ハム監獄に転勤になるクマー
  /    ヽノ   /´


   ∩____∩
   | ノ ノ   \ヽ   代わりに赴任した新しい典獄クマ。
   /  ●   ● |
   ミ   ( _●_) ミ   囚人の名前なんていちいち覚えてられないクマ。部屋の番号で呼ぶクマー
  -(___.)─(__)─


    この恐ろしいホテルには五十の部屋があった。
    不幸な青年、我らがエドモン・ダンテスは三十四号と、
    そして、ファリア司祭は二十七号と呼ばれることになった。


313 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/14(日) 20:18:36.13 ID:C6BMre6o
281.

    / ̄ ̄\
   / ヽ、_    \
  (●)(● )    |
  (__人__)゚o    │
   (,`⌒ ´      |     何か変化が欲しいだろ……
  . {        |
    {        ..:/     散歩とか本とか……
    ` ー     \
    /    _    l
   /  ̄`Y´   ヾ;/  |
  ,|    |    |´  ハ
  |    |    |-‐'i′l
  |__ |   _|   7'′
 (   (  ̄ノ `ー-'′

   要求は全て拒否されたが、それでもダンテスは要求し続けていた。
   新しい獄丁は無口だった。
   それでも、ダンテスは何事か話しかけずにはいられなかった。それ自体、わずかな楽しみだった。


    / ̄ ̄\
   / ヽ、_    \
  (●)(● )    |
  (__人__)゚o    │
   (,`⌒ ´      |     捕まる前、犯罪者が同居する囚人部屋は恐ろしいと思ってただろ……
  . {        |
    {        ..:/     でも、話す仲間がいるだけましだろ。
    ` ー     \     徒刑囚は働かされるにしても、牢の外に出られるだろ、うらやましいだろ……
    /    _    l
   /  ̄`Y´   ヾ;/  |
  ,|    |    |´  ハ
  |    |    |-‐'i′l
  |__ |   _|   7'′
 (   (  ̄ノ `ー-'′


314 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/14(日) 20:19:16.19 ID:C6BMre6o
282.

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   (○) (O)
. |.   .|| (__人__)
  |    ノi  !   | }    誰か仲間が欲しいだろ……
.  |   し' ` ⌒´ノ    噂に聞く気●がいの坊さんでもいいだろ。
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)



    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:|
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|    ……(わかった、お前の要求を典獄様に言ってみよう)
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|
   \  `ニニ´  .:::::/
   /`ー‐--‐‐―´\
     (獄丁)


    ∩___∩   /)
    | ノ      ヽ  ( i )))
   /  ●   ● | / /     他の囚人と一緒にしてほしい?
   |    ( _●_)  |ノ /
  彡、   |∪|    /      徒党を組んで脱走する気クマね!却下クマ!!
  /    ヽノ   /´


315 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/14(日) 20:19:28.25 ID:C6BMre6o
283.

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   (○) (O)
. |.   .|| (__人__)
  |    ノi  !   | }
.  |   し' ` ⌒´ノ
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)

  ダンテスは神に祈るようになった。
  多少の救いにはなったものの、囚われのままだった。


             / ̄ ̄\
            ノし. u:_ノ` ,,\.
            /⌒`  ( ◯)(O):
           .:|   j(   (__人__)
          :|   ^  、` ⌒´ノ:
          |  u;     ゙⌒}:
          ヽ     ゚  " }:
            ヽ :j    ノ: i |i |
         /⌒      ヽ  | || |  |
     :: / ̄ ̄ヽ ::       \ ||     |i
    :: (「    `rノ ::      \   ||i
     :: ヽ   ノ ::          \
      |   | r         「\   \
       |   | |       ノ  \   \__
          ヽ_ノ       /||| l   \_,       `ヽ
     || i  /         | ||| |    (_つ ̄と_ノ)
     || ||  |         | ||| |

  やがて彼は暴れ狂うようになった。



316 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/14(日) 20:19:46.01 ID:C6BMre6o
284.

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)       今まで俺が死にたくなかったのは、幸福だったからだ。
  |     ` ⌒´ノ.       だが、もう失うものもない。
.  |         }.       命が惜しいと思わせるものはなくなってしまった。
.  ヽ        }.
   ヽ     ノ
   /    く
   |     |
    |     .|

 やがて落ち着くと、彼は死を決意した。



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●      窓の格子にハンケチをくくりつけて首吊りか、絶食して餓死か。
   |      (__人__)
.   |        ノ      でも首吊りは処刑される海賊みたいでいやだろ……
    |      ∩ ノ ⊃      じゃあ、餓死しかないだろ。
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


317 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/14(日) 20:20:24.40 ID:C6BMre6o
285.

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)
    |     ` ⌒´ノ
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ

  ダンテスは朝夕の食事を、食べたふりして窓から捨てた。
  最初は楽しそうに捨てていたが、やがて考えて捨てるようになった。そして、惜しそうに捨てるようになった。



    / ̄ ̄\
   / ヽ、_    \
  (●)(● )    |
  (__人__)゚o    │
   (,`⌒ ´      |    ああ……食事が美味そうにみえる。
  . {        |
    {        ..:/    そうだ、人生はまだ長い。この先、出る機会も……
    ` ー     \
    /    _    l
   /  ̄`Y´   ヾ;/  |   いやいや、駄目だ駄目だ!
  ,|    |    |´  ハ
  |    |    |-‐'i′l
  |__ |   _|   7'′
 (   (  ̄ノ `ー-'′


318 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/14(日) 20:20:35.52 ID:C6BMre6o
286.

    / ̄ ̄\
   / ヽ、_    \
  (○)(○ )    |
  (__人__)゚o    │
   (,`⌒ ´      |    目も見えなくなった……
  . {        |
    {        ..:/    立ち上がる力もない。こりゃ近いうちに死ねるだろ。
    ` ー     \
    /    _    l
   /  ̄`Y´   ヾ;/  |
  ,|    |    |´  ハ
  |    |    |-‐'i′l
  |__ |   _|   7'′
 (   (  ̄ノ `ー-'′



     /\___/ヽ
   / -‐'  'ー-  \
  . | (●),(、_,)、(●) ::|
  |    /,.ー-‐、i  :::::|    (病気にでもかかったのか……もう駄目だな、こりゃ)
  |    //⌒ヽヽ  .::|
  |    ヽー-‐ノ  :::::|
   \    ̄   ...::/
   /`ー‐--‐‐―´\


319 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/14(日) 20:20:55.03 ID:C6BMre6o
286.

-夜-

    / ̄ ̄\
   / ヽ、_    \
  (○)(○ )    |
  (__人__)゚o    │
   (,`⌒ ´      |    ん……?
  . {        |
    {        ..:/    何か音がする?何かで引っかいているような……
    ` ー     \
    /    _    l
   /  ̄`Y´   ヾ;/  |
  ,|    |    |´  ハ
  |    |    |-‐'i′l
  |__ |   _|   7'′
 (   (  ̄ノ `ー-'′


-翌朝-

    / ̄ ̄\
   / ヽ、_    \
  (○)(○ )    |
  (__人__)      │
   (,`⌒ ´      |    また音がするだろ……
  . {        |
    {        ..:/    晩より少し大きく……
    ` ー     \
    /    _    l
   /  ̄`Y´   ヾ;/  |
  ,|    |    |´  ハ
  |    |    |-‐'i′l
  |__ |   _|   7'′
 (   (  ̄ノ `ー-'′


(ガラッ)

    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:|
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|    ……飯だぞ。
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|
   \  `ニニ´  .:::::/
   /`ー‐--‐‐―´\


320 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/14(日) 20:21:12.08 ID:C6BMre6o
287.

         /ヽ l⌒l                l⌒l /ヽ
      ∧ /:::::/ |::::::|                |:::::| ヽ::ヽ ∧
     / / |  |  |   |     /ヽ      /ヽ     |   |  |  | ヽ ヽ
     | |  |  |  |  |    / /      ヽ ヽ    |  |  |   |  |  |   __
  ´、`ヽ \ \ヽ:::ヽ |:::::| / /       \ \ |::::::| /:::::://::/,-'' ~ ,-'
   ヽ `ヽ:::::::::::::::y::::::::v /           \ v::::::::y::::::::::::::::/´   ,'''
    ヽ_        /       __     ヽ         _/
       ヽ::::::::::::::::  / .     /   \.    ヽ::::::::::    /
        ヽ::::::::   |    /      \   |:::::::::  /
         |::::::::   |   /: ―  ―   \ .|:::::::::  |        飯がまずいだろ!
          |::::::::   |  |:::::( ◎ ):::( ◎ )  | |::::::  |        寒くてつらいだろ!!
          |::::::::  |  |:::::::(__人__)   | |:::::::  |        (大声でその他不平不満をわめく)
       ,,-'' ̄ |:::::::  |  .|:::::::::::|┌┬┐|:::::  |.|:::::::::  |  ̄\
      /  ::::::: |:::::::   |  |::::::::::;|.| | | .|:::::::::::| |:::::::  ::|::::::::  ヽ
      | ::::::::::::::|:::::::   | |::::::::::`‐---‐'::::::::::::| |:::::::::::::|::::::::::   |
      | ::::::::::::::::|:::::::  | ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::/ |:::::::::::::|::::::::::   |
      ヽ :::::::::::::::|:::::::  |lll;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; lll|:::::::  |:::::::::::   /
       ヽ :::::::::::::|:::::::  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|:::::   |::::::::   /
        ヽ ::::::::::|::::::::  |;;;;;;;;;;;::::::::::::::;;;;;;;;|:::::::  |:::::::  ,-'´
         `ヽ、::::ヽ::::::: ノ;;;;;;;;;:::::::::::::::::::;;;;;;ヽ:::::: ヽ::::: ,-'´



     /\___/ヽ
   / -‐'  'ー-  \
  . | (●),(、_,)、(●) ::|
  |    /,.ー-‐、i  :::::|    な、なんだよ……ここ置いとくからな
  |    //⌒ヽヽ  .::|
  |    ヽー-‐ノ  :::::|
   \    ̄   ...::/
   /`ー‐--‐‐―´\


321 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/14(日) 20:21:43.46 ID:C6BMre6o
288.

(バタン)

      (ヽ三/) ))
       ( i)))
   / ̄ ̄\ \
 /   _ノ  \ )
 |    ( >)(<)
. |  ///(__人__)
  |     ` ⌒´ノ     間違いなく音がするだろ……
.  |         }     これは誰か囚人が穴を掘ってるだろJK……
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
⊂ヽ γ    く
i !l ノ ノ    |
⊂cノ´|     |



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)     いや、職人が修理をしているのかもしれない。
    |     ` ⌒´ノ
   .l^l^ln      }     獄丁に聞いてみるか?いやいや、本当に囚人だったときに取り返しがつかないだろ。
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ


322 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/14(日) 20:22:06.11 ID:C6BMre6o
289.

      (ヽ三/) ))
       ( i)))
   / ̄ ̄\ \
 /   _ノ  \ )
 |    ( >)(<)
. |  ///(__人__)
  |     ` ⌒´ノ    ん……スープがうまいだろ……
.  |         }    おっと、今日はとりあえずスープだけにしておくだろ。
.  ヽ        }
   ヽ     ノ    難破船で漂流して助けられた人が、食べ物をいきなり食べたせいで死んだと言う話があるだろ。
⊂ヽ γ    く
i !l ノ ノ    |
⊂cノ´|     |



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)
.   |        ノ    音がしているときに壁を叩いてみよう。
    |      ∩ ノ ⊃    職人なら、ちょっと不思議に思っても作業を続けるだろ。
  /     ./ _ノ    囚人なら、作業をやめて、夜中にでも作業を再開するだろ。
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


323 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/14(日) 20:22:28.59 ID:C6BMre6o
290.

      (ヽ三/) ))
       ( i)))
   / ̄ ̄\ \
 /   _ノ  \ )
 |    ( >)(<)
. |  ///(__人__)
  |     ` ⌒´ノ    叩いたら音が止まった……
.  |         }    囚人に間違いないだろ。
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
⊂ヽ γ    く
i !l ノ ノ    |
⊂cノ´|     |



         / ̄ ̄\
       /   ⌒   \
      ( へ)( へ)  |
      .(__人__)      |
       l` ⌒´    .|   よし、おれも食べ物を食べて、運動をして
       {          .|   備えないといかんだろ。
       {       _ |
      (ヽ、ヽ   /  )|
       | ``ー―‐'| ..ヽ|
       ゝ ノ    ヽ  ノ


324 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/14(日) 20:22:41.67 ID:C6BMre6o
291.

-三日後-

.        ___
.       / ―\
     ./ノ  (●)\
     |  ( ●)   ⌒)l
     }   (_ノ ̄  i   うーん、あれから音がしないだろ。
     |         /
     \      _ノ   ひょっとしてやめてしまったのかもしれないだろ……
      /´     `、   おれも仲間だと伝えることができないのが歯がゆいだろ。
      / ,___  ,. i
     ( 、__⌒) ノ
      ヽ、 i⌒i⌒i
         i  i  i_
   .       \_)_)



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)   ん?壁に耳を当ててるとなんかゆらいでいるような……
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃    なるほど、これまでの方法が危ないと感じて掘り方を変えたんだろ!
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


325 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/14(日) 20:22:53.44 ID:C6BMre6o
292.

      (ヽ三/) ))
       ( i)))
   / ̄ ̄\ \
 /   _ノ  \ )
 |    ( >)(<)
. |  ///(__人__)
  |     ` ⌒´ノ    よし、おれも穴を掘るだろ!
.  |         }    どうやらベッドの裏側を掘ってるらしいだろ。これを動かして……と
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
⊂ヽ γ    く
i !l ノ ノ    |
⊂cノ´|     |



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)   道具がないな……
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃    よし、水差しを割るだろ。破片のなかから尖ってるのを二つ三つとって、と。
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


326 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/14(日) 20:23:04.45 ID:C6BMre6o
293.

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)   水差しはうっかり落として割ったことにするだろ。
  |     ` ⌒´ノ.
.  |         }.   よし……始めるだろ。
.  ヽ        }.
   ヽ     ノ
   /    く
   |     |
    |     .|


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)   砂石に当たった……
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃    ベッドを戻して夜明けを待つか。
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


327 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/14(日) 20:23:31.52 ID:C6BMre6o
294.

-翌朝-

     /\___/ヽ
   / -‐'  'ー-  \
  . | (●),(、_,)、(●) ::|
  |    /,.ー-‐、i  :::::|   水差しを壊した!?しょうがないな……
  |    //⌒ヽヽ  .::|
  |    ヽー-‐ノ  :::::|   (新しいのを持ってくる)今度は大事に使えよ。
   \    ̄   ...::/
   /`ー‐--‐‐―´\



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)   獄丁が行ってしまっただろ。
  |     ` ⌒´ノ.
.  |         }.   よし……始めるだろ。
.  ヽ        }.
   ヽ     ノ
   /    く
   |     |
    |     .|


328 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/14(日) 20:23:51.39 ID:C6BMre6o
295.

      (ヽ三/) ))
       ( i)))
   / ̄ ̄\ \
 /   _ノ  \ )
 |    ( >)(<)
. |  ///(__人__)
  |     ` ⌒´ノ    昨日は石を固める漆喰じゃなくて、石そのものに当たってたんだな。
.  |         }    だんだん崩れてきただろ……
.  ヽ        }
   ヽ     ノ    まったく、今まで無為に過ごした時間を、これに使うべきだっただろ!
⊂ヽ γ    く
i !l ノ ノ    |
⊂cノ´|     |



-三日後-


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)   壁にはめ込まれた切石がむき出しになっただろ。これを取り除くだろ。
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃    爪で……駄目か。水差しの破片をてこに……ああ、折れてしまっただろ。
  /     ./ _ノ    何かいい案は……そうだ!
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /



329 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/14(日) 20:24:08.34 ID:C6BMre6o
296.

     /\___/ヽ
   / -‐'  'ー-  \
  . | (●),(、_,)、(●) ::|
  |    /,.ー-‐、i  :::::|   飯(パリーン!)うわ!?足元に皿が……
  |    //⌒ヽヽ  .::|   どーするんだよ、お前。スープを入れる皿を割っちまったぞ。
  |    ヽー-‐ノ  :::::|
   \    ̄   ...::/
   /`ー‐--‐‐―´\


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)   スープ鍋を置いていけよ。
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃    そうすれば、皿を取りに行かなくてすむだろ?JK
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


330 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/14(日) 20:24:48.36 ID:C6BMre6o
297.

     /\___/ヽ
   / -‐'  'ー-  \
  . | (●),(、_,)、(●) ::|
  |    /,.ー-‐、i  :::::|   じゃあそうするかな。
  |    //⌒ヽヽ  .::|   ぶつぶつ……
  |    ヽー-‐ノ  :::::|
   \    ̄   ...::/
   /`ー‐--‐‐―´\


(ばたん!)

      (ヽ三/) ))
       ( i)))
   / ̄ ̄\ \
 /   _ノ  \ )
 |    ( >)(<)
. |  ///(__人__)
  |     ` ⌒´ノ    よし、これで鍋の鉄の柄が使える……
.  |         }    石が取れただろ!
.  ヽ        }
   ヽ     ノ    漆喰の欠片は部屋の隅に埋めておこう。
⊂ヽ γ    く
i !l ノ ノ    |
⊂cノ´|     |


331 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/14(日) 20:25:13.86 ID:C6BMre6o
298.

-翌朝-

     /\___/ヽ
   / -‐'  'ー-  \
  . | (●),(、_,)、(●) ::|
  |    /,.ー-‐、i  :::::|    お前は水差しも壊す、皿も壊す。
  |    //⌒ヽヽ  .::|    鍋なら壊れないだろ。そのままそれを使ってスープを食え。
  |    ヽー-‐ノ  :::::|
   \    ̄   ...::/
   /`ー‐--‐‐―´\




゚ | ・ +o            o。 |  *。 |
 *o ゚ |+ | ・゚   / ̄ ̄\+・  o  |*
 o○+ |  |i  / ._ノ  ヽ、\  ゚| o ○。
・+     ・ l  |  (≡)(≡) |・|*゚ + |
゚ |i    | +   |::::: (__人__) ::::| |! .   |
o。!   |! ゚o   |   |r┬-|  .} |. * ゚ |
  。*゚  l・    |   `ーlj´  } |o  ゚。・ ゚
 *o゚ |!     ヽ       / |*|○・ |o゚
。 | ・   o,. ‐- .._ヽ、.,__. /  !| ・ +゚ ||*|
* ゚  l| /    、  i  }  \   o.+ | ・
 |l + ゚o i     ` -、{! /_   \  ○・ |o゚    (ダンテスの内心)
 o○ |  | ヽ.     ヾ´    ̄  `ヽ  *。
・| + ゚ o }  }                ヽ O。
 O。 |  | リ、  ..:::        ..   l 。
 o+ |!*。| / `ー::::       , ヘ:::::..  | *
 |・   | ゚・ |/   /  :::... ..   /:::/ | ::..... { |
    _|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_
    >‎                  <
  /\  ──┐| | \     ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
  /  \    /      /  | ̄| ̄ 月 ヒ | |
      \ _ノ    _/   / | ノ \ ノ L_い o o


332 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/14(日) 20:25:30.55 ID:C6BMre6o
299.

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)   それにしてもおれが始めて以来、向こうが作業してないみたいだろ……
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃    まあ、こっちから掘り進めればいいだろ。
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


(数日後)


          _______
        /          \
      __/             \
    /.            、    |
    |.         ,(⌒(○)ヽ    |    なんか硬い障害物(けたかまち)にぶつかっただろ……
    l  lヽ      )>       /    鍋の柄でもどうしようもないだろ。
   /    ヽ\   `(__,(○) / /
   |      \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  \
   |     |ヽ、二⌒)、          \


333 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/14(日) 20:26:22.01 ID:C6BMre6o
300.

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \   \
 |    ( ○)(○) \ \
. |   o゚ (__人__)  __        おお、主よ、私をお救いください!
  |  0   `ー'´ノ´ ̄    ̄\     私を絶望のままに死なせないでください!!
.  |     /  }         \
.  ヽ   /   }          }て・,‥¨
   ヽ     ノ ___   _ノ そ¨・:‘ .      >主と絶望を同時に口にしているのは誰かな?
   /    く  \  YY ̄ ̄YY\
   |     \   \    ・; ∵ ..\
    |    |ヽ、二⌒)、       .  \



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ.    人の声……獄丁以外の人間の声だ!
.  |         }.
.  ヽ        }.
   ヽ     ノ
   /    く               (第6話『囚人三十四号と二十七号』了)
   |     |
    |     .|



334 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/06/14(日) 20:28:34.82 ID:C6BMre6o
301.

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{       リ| l.│ i|
         レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|     なんかところどころレスカウントをミスってるにょろ……
          ヽ|l ●   ●  | .|ノ│
            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |     まあ大局的には問題ないっさ。
          | /⌒l,、 __, イァト |/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |


関連記事
スポンサーサイト



カテゴリー「やらない夫が巌窟王になるようです」内の最新記事

[ 26 ]

岩窟王は小学生のころ、児童向け小説版で読んだきりで、そちらではダンテスを陥れた連中は単純な悪党という描かれかただったが、原作ではそれなりの事情があったのか…
いずれにせよ続きが待ち遠しい。
[ 2009/06/24 20:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://memocopy.blog45.fc2.com/tb.php/82-0a6c8bcd