やる夫が漢の皇帝になるようです 番外編

828 名前: ◆oGchNEml3M[] 投稿日:2010/03/22(月) 19:46:52 ID:RXe2aNPw


           r'丁´ ̄ ̄ ̄ ̄`7¬‐,-、
        r'| |          |  |/  >、
        ! | |          |  |レ'´/|         やる夫が漢の皇帝になるようです
        | | |   /\   |  |l  /⊂う                   【番外編】
        | | |__∠∠ヽ_\ |  リ /  j
        |´ ̄   O   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`!
        l'"´ ̄ ̄ヾ'"´ ̄ ̄`ヾ::幵ー{         司馬遷 著  史記「項羽本紀第七」より
        ⊥,,,,,_、    ___,,,,,ヾ| l::::::|
         lヾ´ f}`7   ヘ´fj ̄フ  | l::i'⌒i         鴻門の会 (十八史略バージョン)
         l ,.ゝ‐イ    `‐=ニ、i | l´ ( }
         l     {         U | l 、_ノ          ~AAを添えて~
        l   / ̄  ''ヽ、   | l ヽ_
           !  ハ´ ̄ ̄ ̄`ト、  |亅〃/\
        ,人 f ´ ̄ ̄ ̄``ヾ  j ,!// {_っ )、
      // `ト、__iiiii______,レ'‐'//  _,/ /スァ-、
    ,.イl{ { 々 !/´しllllト、 ̄`ヽ、 // /´,.-、 /彑ゝ-{スァ-、
  ,.イ彑l l > ゞ く l 〃 l|ハ.lヽ、 ハVゝヽ二ノ/ゝ-{、彑ゝ-{、彑ァ-、
,.イ彑ゝ-'l l ( (,) レシ′   !l `ソァ'´    _ノ7{、彑ゝ-{、彑ゝ-{、彑{
ュゝ-{、彑l l  ` -イヘ      !l // /⌒ヽヾ/_ゝ-{、彑ゝ-{、彑ゝ-{、

    ※『十八史略』…は元の曾先之によってまとめられた初学者向けの歴史読本。




829 名前: ◆oGchNEml3M[] 投稿日:2010/03/22(月) 19:48:38 ID:RXe2aNPw




         //
       / /
     /  /    パカ     どーも、>>1です。
    /    /
   / . / ̄ ̄ ヽ         いつも読んでくれてありがとー。
  / ./^)  ,     、',___
 / 〈 〈  {0} /¨`ヽ}0},〉   /   次の話が出来上がるまでに、
/  ヽヽ   ヽ._.ノ  ヽ /     史記のダイジェスト版でもどーぞ。
" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄"∪


832 名前: ◆oGchNEml3M[] 投稿日:2010/03/22(月) 19:49:31 ID:RXe2aNPw



         //
       / /          鴻門の会は特に創作が入ったので、
     /  /           史記の記述と読み比べて見ると一興かも。
    /   /
   / . / ̄ ̄ ヽ         全文を書いていると時間が無いので、
  / ./^)       、',___    ダイジェスト版から十八史略を参考にしますた。
 / 〈 〈  {0}/¨`ヽ{0} ,〉   /
/  ヽヽ  ヽ._.ノ   ヽ /     では、どーぞ!
" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄"∪


833 名前: ◆oGchNEml3M[] 投稿日:2010/03/22(月) 19:50:08 ID:RXe2aNPw


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    沛公、且に百余騎を従へて(沛公は早朝、百騎ほどを率いて)、
    羽に鴻門に見え、謝して曰はく(鴻門で項羽に見え、このように謝った)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

              / ̄ ̄ ̄\
             /  ─    ─\
           /   (●)  (●) \
           |      (__人__)   |
           \     ` ⌒´   /
           //           |ヽ                  ある晴れた~昼さがり~
           ヽ=三三三三三三三=/           ∩___∩  コウモンへ~行くクマ~♪
            |           |           | ノ      ヽ
        __ /      ____|__       /  ●   ● |  ドナ ドナ ドナ ドナ~
      /   (       /        /\      |  ,,,  ( _●_)  ミ  やる夫を 乗せて~♪
     /      \    / .      /    \   彡、   |∪|  、`\  ドナ ドナ ドナ ドナ~
   /        )  ノ      /       \ / __  ヽノ /´>  )    荷馬車が ゆれる~♪
    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゝ_)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (___) ̄ ̄ ̄ (_/  ̄|
   |.                                             |
   |.                 荷  馬  車                  |
   |______________________________|
            (( ◎                  (( ◎




――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 「臣、将軍と力を戮せて秦を攻む(私は将軍と力を合わせて秦を攻撃しました)。
 将軍は河北に戦ひ臣は河南に戦ふ(将軍は河北に戦われ、私は河南で戦いました)。
 自ら意はざりき、先づ関に入りて秦を破り(しかし、まさか最初に関中に入り)、
 復た将軍に此に見ゆるを得んとは(秦を破って将軍に再び見えることができるとは、
                               .思ってもいませんでした)。
 今は小人の言有り(現在、小人の讒言があり)、
 将軍をして臣と隙有らしむ(将軍と私を離間させようとしています)。」と
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


         :::::::::::::/ ̄ ̄∨ ̄ ̄\ ::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::::|  / ̄ ̄ ̄\ |:::::::::::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::__|/  _ノ  ヽ、_ \|__::::::::::::::::
   ::::::::::::::/  / ((>)) ((<)) \  \::::::::::::::::
  :::::::::::::::::|   | o゚  (__人__)  ゚o|   |::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::(⊥_⊥)\___`⌒´__/(⊥_⊥):::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




―――――――――――――――――――――――――――――――
  羽曰はく(項羽は言った)、
  「此、沛公の左司馬曹無傷の言なり(それはあなたの部下の左司馬、
             (曹無傷の言ったことだ)。」
―――――――――――――――――――――――――――――――

ミ)⌒tt ,i;;" {{:〈リ〈;;"从从//"iシ彡;}
シ'/(,t、;;i、ii'、、从ヽijj、リ,,レii,、、jj,,,|シ彡;}
;;j iミ、ミ''''',,=、ーミ'';ノri-z'''z,、'''';彡}彡与
〈 :::::::~" ̄ ̄フ彡;;i〉" ̄ ̄´'"リ:/i|)
、', :::::   ::::::( ,リリ:i :::::::::::''  リ/)リリ
,〉', ::::::::.....::::::::r'ニ:::ノ>ヽ、'"  /イ=/ノ
'ー't ::::::::::::::":::`~:::"'´    /:: ,'イリ
;:;;;;', ":::''"::::: ,,、''ェ::' 、   ;;;; ,' i,))
;:;;;;;;', ii   ''" ''""" `'   ;; ,'ノ|i,,,,,
;:;:;;;;;;', ヽ::  ,、 ''"::::`'   i::/:: ||  ~''
;:;:;:;;;;;~' 、  :::::::::::::::::   /;;;  |~' 、
;:;:;:;:;;;;;;;;;;~' 、 :::::''"'':::" /;;;;:::::  |;;;;;;;~'
、、;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'ー――'";;;;":::::  i;;;;;;;;;ノ
  ~'' ー、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''":::::" :: |;;;、'"
   :;:;:;:;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;:;:;''":::::::" ::: /


836 名前: ◆oGchNEml3M[] 投稿日:2010/03/22(月) 19:52:11 ID:RXe2aNPw


                       。 ゚。
                       ((,.)´)´)´))   ―――――――――――――――――――
                        |~U~゚ ̄.|゚o    羽沛公を留めて与に飲む
      ____           .「ニ| u    | O      (項羽は沛公を引き止めて酒宴を開き、
     /⌒  ⌒\       , っΞl!.    |             一緒に酒を飲んだ)
   /( ●)  (●)\.プファー   i L| ____ .|    ―――――――――――――――――――
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\/  ノ . ̄''──┘
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /


837 名前: ◆oGchNEml3M[] 投稿日:2010/03/22(月) 19:52:46 ID:RXe2aNPw


            _____
      r'ff77"/////〃〃∠=:、
.     レ'''‐-!!!-‐::''"::::゙::ヾ:三三l        ――――――――――――――――――――――――
.    l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:三三!           范増、数羽に目し、
    |;:、:ニニニニニ:::::_;;::、:::::::l三三l            (范増は何回も項羽に目線を送り)
.    l´\゙ll::!:::lLニ-‐'' ̄::::::|三三ト、
    }==。ァ ::,, ==。== ::::::r;=、ミ|. \         佩ぶる所の玉玦を挙ぐること三たび。
.    l.`ニ! ::::: `ニ二´  :::::rニ||:ミ!  ヽ、._       (腰につけた玉玦を持ち上げて、決断を促した)
 _,... -‐1 ! :::::_┐ヽ._    ::::::-リ ミ|   l.
     l/゙= ---─っヽ  ::::下ミ:ミミ|   |       羽不ぜず。
      l ` ̄ ̄´  | .::::::|:: ヾ:ミ|   |        (項羽は応じなかった)
       ト、 ゙゙゙゙ ........_;;:::-‐':::   >|   |   ――――――――――――――――――――――――
   , --、 |  ` Tヾ ̄::::::::   / |.    |


838 名前: ◆oGchNEml3M[] 投稿日:2010/03/22(月) 19:53:11 ID:RXe2aNPw


                                 r──────‐:┐
. ――――――――――――――――――    | ,.へ、..___./ヽ. |
.  増、出でて項荘をして入り前みて寿を為し    l /   ====   ヽ.|
   (范増は席をはずし、項荘に命じて        | F=‐-_ll  L-‐=ゝ!.|
   酒宴の席に入り              .   r:|.l ==。=,   =。== |.|.、
   前に進み出て沛公の長寿を祝い).       {(!|. `二.l.   l.二´ ||).}
 ――――――――――――――――――.   ヽ|!/rー' L__」 ー 、`|!ソ
                              _/| l ー───一 | | ヽ._
                             ̄ |  ト.、,. -‐==、 ,/|  |  ̄
.                             |  |/ ∠Hニニ、 ´/ |.  |
        ,.:::''::´:: ̄::`:::.、               | /  ,r‐|.|==‐'<.  |   |
       /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ            | / ,'  r‐|,|ー- ' \│ │
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
      l:::::::::::::ゝ---- ι
       |::::::::::::)≦゚≧ミ:≦゚≧(      ―――――――――――――――――――――――
     ,l::::::::::::η  |||||||  ゝ       剣を以て舞はんことを請ひ、
      ゝ---η.   |||||||  ゝ        (剣舞の許しを得て)
        /≦ ヽ .|  | ≧
         { l  l |* *| | l        因りて沛公を撃たしむ。
          { .l  l .|  * | .| l         (その機会に乗じて沛公を刺し殺させようとした)
       /  l  l | * | l l       ―――――――――――――――――――――――
       l ---l  l--  -l l
       |   `^^    `^


839 名前: ◆oGchNEml3M[] 投稿日:2010/03/22(月) 19:53:37 ID:RXe2aNPw


   / ̄ ̄ ̄~\
  / ノ⌒丶/ミ\
 / / ノ⌒ミ/⌒丶丶      ―――――――――――――――――――――
`/ | ///⌒⌒丶丶|       項伯も亦た剣を抜き起ちて舞ひ、
| ノソ二ノソソ二三二)))|        (項伯もまた剣を抜き、立ち上がって舞い)
|( ノノ∠_ ソ u (((|.
( ノノィニO>丶/ィO丶))        常に身を以て沛公を翼蔽す。
)) ((  彡彳∥ヾ |ノ ハ.         (身を挺して親鳥が翼で雛をかばうようにし
(  )) u |∥  | u ((            沛公を守った)
)) | rwwニチww 从)).
( ノノ人 リイニニリ /  ((       荘、撃つことを得ず。
)) 丶\リ 人 リ/  ) ))        (項荘は沛公を撃つことができなかった)
ノ i | 丶从从/  (( (      ――――――――――――――――――――
ノノノ    丶 ノ  ) ) )


840 名前: ◆oGchNEml3M[] 投稿日:2010/03/22(月) 19:54:03 ID:RXe2aNPw


                          |\  \    \    ヽ  l| /  /  / / / /イ / // /
                          | \  ゝ  \  \   \ l|/ //   / //  / // ///
                          |  ヽ  ゙、  、 \ \ヽ ヽl/ /  // //  /  //イ //-‐'"
                     \ヽ、  |  ヽ 、、\  \ \ヽl  l l/  // // ///‐ /‐彡-‐
 ―――――――――――――――\ヽ、 |  \ \\、ヽ、\ヽ           ヽ///  /  ///
  張良出でて、樊噲に告ぐるに     \ \、  \  \\ ヽ''     ヽ、      | /  /////
  (張良は席を外し樊噲に告げた)    \\\、、ヽ ,;:;:;:、i!i!i!i!i!`、      ヽゝ、    /  /ヽ|////
                           \、\\ | __ノ' i!i!i!i!i!"ー-- /  ノ/~'   ヾ"' '|、ヽl |//
  事の急なるを以てす。              \、\ |L!0 )li!i!i!i!i!|(0 )l   /  ゞ    / ノ /
   (事態が差し迫っている、と)           \  j`ー’i!i!i!i!i!i!i!`ー " ,.. イ     ┌ノ //
                                 /;:;:;:  j   ;:;:;:;: ヽ、       ..;:;:;:;:;:|
  噲盾を擁して直ちに入り、                丶、___ノ"ヽ、_____ノ,ノ'!}   ;:;:;:;:;:;:|
   (樊噲はただちに盾を抱えて入り)            ヽハ</Vヽ jv-,_,.ィノv'リ   ;:;:;:;:;:;:;:|
                                    ゝ-、} ,.´-‐ァ¬‐,,'/   ;:;:;:;:;:;:;:./
  目を嗔らして羽を視る。                    |l /  / ,、r7    ;:;:;:;:;:;:;:/
   (怒りで目を見開いて項羽を見た)             j∨   ,}ヽj/     ;:;:;:;:;:;:/
                                    ハfvヘハノゝ'_,.   _____ノ |_
  頭髪上指し、目眥尽く裂く。                  ヽr ´      厂..:..:..:..:..:..:..:.::.::.::.:: ̄
   (頭髪は怒りで逆立ち、目じりは          ,. -rr:ォ  ヽ;:;:;:   ,..イ..:..:..:..:..:..:..:..:..:.::.::.::.::.::..
    ことごとく裂けていた)               j:..:..:!|::.|  丶_..ィ.:::/..:..:..:..:..:..:..:..:..:.::.::.::.::.::.::.:.
 ――――――――――――――――


841 名前: ◆oGchNEml3M[] 投稿日:2010/03/22(月) 19:54:39 ID:RXe2aNPw


                                   |i
                         .i          ||
                         .|i.           ||
                         . ||         ||
                         i ||         ||
                         |.||.   i. .i     .||i
                       i |.||i   | .i|    |||i.
―――――――――――――    |i!.|.|||i!  .|i!||i.    i.||||
 羽曰はく、               . ||ii|i||||  ||i|||    |i||||
  (項羽は言った)          ,,,...--─'''''"" ̄ ̄""''''─--...,,,
 「壮士なり。之に卮酒を賜へ」  :{ _                 )
  (壮士である。           | ~U ~'''"uU~~~`'''"""cU "`}
   この者に酒を一杯与えよ).  | ll   l    ;;;;;::::::l::::::::::::: |
                     | ll~''"''。;'"。゚::;~~O'"゚。。''':;o.|-‐-- 、
                     | 。゚。゚。; o。∵。゚o。:l∵・; l       ヽ
                     | l ・  l; 。 .。。 。!q゚ '  l'"⌒・、  ¥
 則ち斗卮酒を与ふ。.        | ll   。゚  。・  。  . l |    ))  )
  (一斗(約2リットル)の.      | l  。.l  .  .゚ :l。゚  . |   // /
   酒が与えられた).        |    。 ・     l ゚ ;  |  ノ  /
―――――――――――――  | ll   l  .    l; 。 l レ"'  /
                     |          .     l |  /
                     | ll   l    。  l     |- "
                     | L_          _」 |
                   .    |    ̄  ー 一   ̄  ;  |
                     `ー--.....,,,,____,,,,.....--一"
   / ̄ ̄\          //|               ,、   ,>
 /   _ノ  \         '′ !/\.  /V      ヽ.  i. ヽ、|
 |    ( ○)(○)             \/         \|  `'
. |  U  (__人__)
  |     |r┬-|
.  | ι   `ー'´}
.  ヽ     u  }


842 名前: ◆oGchNEml3M[] 投稿日:2010/03/22(月) 19:55:03 ID:RXe2aNPw


          .r-、 _00           /::::'┴'r'
          .|::::'´::::r┘  !「`L00、|.l└ク_;厂  /
          .|::::「|:::|    l| |Ln:::r┘|.l _lニユ、 ./         ―――――――――――――――――――
          . ̄└r''"´]_ l| | r゙=゙┐ |└ァ::/ /  /         「之に彘(ブタ)肩を賜へ。」と。
          、ヽ、 ,ゞ´_::::| l| |「二:::7 .|.l └′/  / /        (この者に豚の肩の肉を与えよ)
          . \\`´ |:::|. l| l 〈::/  、 !     '/
                      ____                .則ち生彘肩なり。
        /!         /  ノ_ ヽ,,\               (そこで、生の肩の豚の肉が与えられた)
       /  l        / ≦゚≧ミ:≦゚≧
     /   !         |    (__人__)|               噲立ちて飲み、
     /  l            |     |r┬| }           .    (樊噲は立ったままその酒を飲み)
    /   !            |     | | | }           _.    剣を抜き肉を切りて之を啗ふ。
    {   ,'         |.    `ニニ  }      fヽ  /,ィ'Z.   (剣を抜いてその肉を切って食べた)
     ̄/77         ヽ      }      l i/ '´/∠――――――――――――――――――――
   ,ィこヽ{       ,⊥.._,ヘ,、 __, イ <.     ! ソ  ,. ‐ '′
  `{ ニヽij.}       \ト、 {i  `Z. `Y ̄乃   _ }   /


843 名前: ◆oGchNEml3M[] 投稿日:2010/03/22(月) 19:55:40 ID:RXe2aNPw


    t,`、i、}ヽ''ii);;|iMtヽ''" `" ノ ""ノノノjjり ''フ
    、)" ミ;;,,t、ti;i、 t;;、、))リiノツノ/""''彡"彡 ョ
    i、`''i ;;;;:::ijj}、`';;;;;;'"":::;;;'" ,,,,   廴r''ツ r'
    't、 ;;;、 t;; ::;;;`;;;;;;;;;;|}:::'"::;;'"ii"  、迄 彡ノツ   ――――――――――――
    ヽ, ;) (|;;ヽ;;、;;;;;;;;;ノ':::i:::;'":::';;"  ::'≡ " ノ     羽曰はく、
     'i ,;i,,、;;、、,;; ;;;;、;;;i'i},,ir')ノ,,,,,,,,___ :::ミ≡:r'i      (項羽は言った)
     t ;t;;iitーミゥテ;;、刈シ='r'-ミュォヲヲ  ')'''/'|:|
      '',、,i'"` ̄"::::了 j''"` ̄:::::"   ;;リ/)リ/i     「能く復た飲むか」と。
.      t、i'::::  :::::::| ,'  j""     :::リ'、/イ'(,, 、、    (もう一杯飲めるか)
       ヽt::::::: :::::t,,ハ ,、)    ;;;;:::i-ー'"t)):::::  ――――――――――――
        i;t :::::::::::~'- '":"    了 ,i;;;;:::  t:::;、-'
    ,,, 、 - ーt;ヽ ::::::::;;、、、:::,,,   ;;'" /;;;;::: ,、'":::::
、- ''":::::::::::::::::::t:;ヽ :::::":::::::::::::`'  / , ';;;;;;;r''":::::::...
:::::::::::::::::::::::::::::::t::;;ヽ ;;;:::::::::    "/;;;;/::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::t:::;;;ヽ ::::::::::::  、';;;;;r'"::::::::


844 名前: ◆oGchNEml3M[] 投稿日:2010/03/22(月) 19:56:26 ID:RXe2aNPw


      / ̄ ̄\
    /    _ノ \          ――――――――――――――――――――――――――――――――
    |    ( ●)(●)          噲曰はく(樊噲は答えた)、
    |     (__人__)          「臣、死すら且つ避けず(私は死さえも避けません)、
     |      |r┬| .}           卮酒安くんぞ辞するに足らん(どうして大杯の酒など辞退できるでしょうか)。
     |       | | | }           沛公先づ秦を破り咸陽に入る(沛公は秦を破って咸陽入りしました)。
   ,..-'ヽ     `ニニ }           労苦して功高きこと此くの如くなるも(労苦し、功績も高いのに)、
  ./::"::::`ヽ、.,__ __ノ ゙           未だ封爵の賞有らず(まだ領地や爵位などの褒賞がありません)。
 /::i::::::::::::"'弋'!ー',イ>|'_ノ´`ー -,,_ _    而も将軍細人の説を聴き(しかも、将軍は小人の意見に従い)、
. }:::゙|::::::::::::::::::::~゙:_戈;f"  、    イ/ `i   有功の人を誅さんと欲す(功ある者を誅殺しようとしています)。
/:::::::!;:::::::::::::::::::/',r.テ    \xー.ォ、__ノ   此れ亡秦の続のみ(これでは滅亡した秦とまったく同じです)。
::::::::::::ヾ!:::::::::::::l .l r'   ` 、_冫y"   .   窃に将軍の為に取らざるなり(僭越ながら、
:::::::::::::::::\o:::::l .ト、  ヽ,_ノ"ー'           将軍はそうなさらないほうがよろしいでしょう)」
:::::::::::::::::{::::{\代 l>ー、,_ノ         ――――――――――――――――――――――――――――――――


845 名前: ◆oGchNEml3M[] 投稿日:2010/03/22(月) 19:56:52 ID:RXe2aNPw


./:::.:.:.:.::.::::_:∨ {┤ | 、 ;  ハ
{:.:::.:.:.:::/::::::∨ ヘ'、 }:、 }  ;  |
;:.::.::.:./:::::::::::::::\ハ ヽト、ヾ  , -┴ 、    ―――――――――――――――
;:.:.:::_.、-‐rッ  ̄ \ フ´| /__:::::::}      羽曰はく、「坐せよ。」と。
  |::: ̄:::::ー─‐  ´ . :.:.:| |::__.:::}.::/       (項羽は「座れ」と言った)
  |::::::::::::::.:        .:.:.:l |::_::V.::/
  |:::::.::::::::.:      .:.:.:.l レ:::Y::/       噲良に従ひて坐す。
  |::.:.:::::::.:      . :.:.:.l |__/:/         (樊噲は張良に従って座った)
  |::::.::.:.:      . :.:.:.ハ|__ノ_       ―――――――――――――――
  |:.:::.}      . :.:.:.:/ ノ/三 \
、_ノ'"´       . .:.:.:イ /三三三ヽ_
──────'.:.:.::/f| /三三三三 {三≧= __
___   ..:.:.:.:.:/.::{レ三三三三三;三三三三三≧= 、_
圭三´ . .:.::.:.:.:/.:::::::.l三三三三三三,三三三三三三三三
  . .:.:.:.:.:.:./.:::::::::.: :|三三三三三三!三三三三三三三三




 ―――――――――――――――――――――――――
  須臾にして沛公起ちて厠に如く。
   (ちょっとしてから、沛公は立ち上がって便所に行った)
  因りて噲を招きて出だしめ、間行して覇上に趨り、
   (これを機に、樊噲を招いて席を外させ、
    抜け道を通って沛公の軍営の覇上に急行した)
 ―――――――――――――――――――――――――
                       _____
                     / ノ ' ヽ_\
                   / .( ○) ( ○)\
                  /  ::::::⌒(__人__)⌒ \
                  |      |r┬-|    |
                  \      Tー'´ __/
                  /        (
                  |     \/⌒) /⌒)
                  |    \   /|,,.__ノ
                  |    ( \/
                  /   /⌒\
                 |        \
                 \___ノ\  l
                  ノ  ノ   ) ノ
                  レ´ ^    レ´


847 名前: ◆oGchNEml3M[] 投稿日:2010/03/22(月) 19:57:59 ID:RXe2aNPw


             、‐- 、 ,. -- _     ――――――――――――――――――――――
          ,ゝ ̄ `  ′゙,∠.._      良を留めて羽に謝せしめて曰はく、
       /´ " " " ゙ ゙ ゙ .<`      (一方、張良を留めて項羽に謝罪させた)
       7 " " " " , ゙ ゙ ゙  、\.
.      i " " " ゙,.ィ / \ ゙ ` ゙ \   「沛公桮勺に勝へず、辞すること能はず。
.        | " " ,ィ/‐l/、  ,ゞト、゙ 、゙ヽl.    (沛公は酒に持ちこたえることができず
       | r=、 l.=。==._ ,。==ゞ ゙ N      お別れのご挨拶もできない状況です)
.      | {にl l ` ̄  _ \´ハN
       ,l ヾ=lノ  __ ‘ ‐  ゝ       臣良をして白璧一双を奉じ、
   _./:l "./ ヽ. ∟..二ニ7/         (沛公は、私張良に、白壁一対を捧げ持ち)
‐''"´:/::::::| /    \   一 /、
::::::::: !::::::::l′     \ ,イ:::::\      再拝して将軍の足下に献じ、
::::::::::l::::::::::l         /:`:::l::::::::::::\     (二度礼をして将軍の足元に献上し)
::::::::::|:::::::::::\     /:::::::::::l::::::::::::::::::\
::::::::::|::::::/\ヽ   l::ヘ::::::::l:::::::::::::::::::::ハ  玉斗一双、再拝して亜父の足下に奉ぜしむ」
::::::::::l/:::::::::::o:ト .」::-:::::\::!::::::::::::::::/::::l  (玉斗一対を同様にして亜父(范増)殿の足元に
                          献上するよう命じたのです)
                        ――――――――――――――――――――――


848 名前: ◆oGchNEml3M[] 投稿日:2010/03/22(月) 19:58:39 ID:RXe2aNPw


ヽ、 ミミヾ、ヽ、 ,, ノレ''''ノ''/:::::::::::::;;   '-ニ、,/     彡}
、` ミ、、,ヾヽヽ'`'´: :/ : : l `;::::::  :::::..   ミニ : : : :   /
`、ヽヾ`;;;;;;; ': : . .. : : : ,'/ ..::::  ::::: ::::;;;,  ミ--       ミ__
、 ミ| ';;;;;  ` .:::. :::/,,,'':::,';;;;,,,, ,, ;;;,,;;;;;;;;;..... ヾ、、、     --
、、、.|  ;;;;,, ;;; ;;;;;, ', ;;:::,、,`l!',',,,,,,',,__'',,'',,::::::.. Y___     、ミ   ―――――――――――――――
゙} ミミ , ;;;;;;;,, ;;;; l、ノ:::;ヾ ヽ/ /ヘソノ--':::::::::..... ゙、、___ jヽ、ヽ     羽曰はく、
 ト、ヾ| ;;;、、'゙ヽヽ;;;! 彡彡;; ゙゙゙゙゙゙゙゙゙̄``::::::::::::::::  ト- / ヽヽ      (項羽は言った)
 ヽ | >,-、ソ,-;;; :::::::::::::::::::::     ..::::::::::  .| /´`´ .|ト
  ミ, ヽ彡'-';'''; ; ;' ::::::::::::::::...     ..:::::::::::::::/' |/:::丿 ...::;l |     「沛公安くにか在る。」
   `、l!   :::::ヽ :::::.......-っ    ::::::::::::::::::/   ,;;' -- '/ヽ     (沛公はどこにいるのか)
    ヾl!   :: ヽヽ '´:::::/     `ヽ:::::::´   lヽ__ / ミ   ――――――――――――――――
     ヽ|! ........... ヽ::::, '       :::::::::::.   |:::::::: }}/ ,
      ',  :::   ,`-_'_______    :::::: ::::::.  ,'::::::::::.. 彡,,
       l!  ::  /´´   ....`` ::::::::: ::::: l!:::::::::..  `>
          l! :..  ,;'´´::::::::::::::::::.....:::::/ ::::''' .l!:::::::::::::::  ..::
         l! :: ヾ'   ヽ:::::::::::::/    /::::::::::::::
         l!   .:::::::::..        , - ´:::::i::::::   /:::
          li   ::::::::::::::::.   , - ':::::::::::::::::i::::::  ヽ:::::


849 名前: ◆oGchNEml3M[] 投稿日:2010/03/22(月) 19:59:13 ID:RXe2aNPw


         `ヽミメ、 . -‐,=‐
      . . .-‐‐ミ i! Y i! 厶イ__
   ∠..., =‐- i!  i!  i! i! <´
    .ィ´ i!   i! i! i! i!   i! i! ヽ      ――――――――――――――――――――――――――
.  , ′i! i! i! i! i! i!  i!  i! i!.!       良曰はく
  /イ i! i! i!ィ i! i./::、 i! ト、 i! i! !        (張良は答えた)
  /i!.//i!./::iメi/:::::::,メ、「ヽト、 i! i!j
  /イ i!/! /==。=、:::::.=。===:i!,...i! |       「将軍に之を督過する意有りと聞き
    j/ j/ i::`:‐:/:::::::: ー一.:´:|ir, }.|        (沛公は将軍に自分をとがめる意思がおありだと聞いて)
       i:::::/.::::::、   .::::::|Lンii|
         i: `‐――一'.;.::::ハ.i! j;\.     身を脱して独り去る。已に軍に至らん。」
           、  ー ..:::::/;  ヽ:{;;;;;;;ト、__    (抜け出して一人帰りました。
      . -=''7ヘ.....:.:::::/;;; '   j;;;;;;;j;;;;;;;      もう既に軍と合流しているでしょう)
   -‐'";;;;;;;;;;/;;;;;;ヽ .イ;;;;: '     /;;;;;;;;|;;;;;;;  ――――――――――――――――――――――――――
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;|:.:;;:::'    /;;;;;;;;;;;!;;;;;;


850 名前: ◆oGchNEml3M[] 投稿日:2010/03/22(月) 19:59:43 ID:RXe2aNPw


    ___,,,,... 、 -‐ァ´/'''7
   f r―-- ...,,,,__/./  /
.  | | |j~    //"'\/
  | |    ヾソ /ミ三彡ゝ,.         ――――――――――――――――――――――――――
  | | |j~ /,.<\     //\.           亜父剣を抜き、玉斗を撞き之を破りて曰はく
  | `‐-//_ゝ"    i!/__ヽ.   /.      (范増は剣を抜き、玉斗を叩き切って壊し、こう嘆いた)
.  | r‐.//<´ ̄`ヾ u. /´ ̄フ } ./ /
.  | レ´,.イ | ヾヽ 。 /   `i.゚=彡,.レ´ /       「唉、豎子、謀るに足らず。
,、-'´,、.'_`| |  ゞ三(  |j u ト.ァ''´,、-'´.         (ああ、青二才は天下の大事を共に語るに足らぬ)
 ,、i.| f. `| | /二ノ } u ,、-'´,、-'-、|
'´ | l に.|.| r‐t-,.、/,、-'´,、-'´u. ) u\        将軍の天下を奪う者は、必ず沛公ならん」と
.  /| ゝァ|.| |二ン-'´,、,=;'_,=,=,´,-,‐n i         (将軍の天下を奪うものは、必ず沛公だろうよ)
  |::::|. / `!,!-'´,、-,'〒〒〒〒〒〒.ヲ }__    ――――――――――――――――――――――――――
/::::::| !,-'´,、-'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  {::::
::::::、-'´,、-´|  u     三三三 u.  !:::
-'´,、-.リ   '、__       u  /:::::
-'´:::::::|\ u      ̄ ̄"''‐-、._/|::::::::::
::::::::::::::|  \               /|::::::::::



851 名前: ◆oGchNEml3M[] 投稿日:2010/03/22(月) 20:00:28 ID:RXe2aNPw


     / ̄ ̄ ヽ,
    /        ',      とまぁこんな感じです。
    .l  {0} /¨`ヽ}0},
   .l     ヽ._.ノ  ',      スレではけっこう創作してしまいますたwwww
   リ    `ー'′/ ̄/ ̄/
  (      二二つ / と)   史記ではやる夫が大活躍!
   |      /  /  /
    |        ̄ ̄| ̄     ……。


852 名前: ◆oGchNEml3M[] 投稿日:2010/03/22(月) 20:01:28 ID:RXe2aNPw


     / ̄ ̄ ヽ,
    /        ',    と思ったら、いいわけしたあとは
    .l{0} /¨`ヽ}0} ,
   .l   ヽ._.ノ    ',      飲んでトイレに行ったら
   リ   `ー'′ / ̄/ ̄/    逃走しておわり…
  (      二二つ / と)
   |      /  /  /    やる夫の見せ場ナサスwwwww
    |        ̄ ̄| ̄      というのがオチですたwwwww


853 名前: ◆oGchNEml3M[] 投稿日:2010/03/22(月) 20:02:17 ID:RXe2aNPw

      ._
       \ヽ, ,、
        `''|/ノ
         .|
     _   |
     \`ヽ、|
      \, V
         `L,,_
         |ヽ、)  ,、
        /    ヽYノ
       /    r''ヽ、.|
      |     `ー-ヽ|ヮ
      |       `|
      |.        |
      ヽ、      |
        ヽ____ノ
        /_ノ ' ヽ_\
      /(≡)   (≡)\
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
     |     |r┬-|     |
     \      `ー'´     /
     /          \
     (  |          |  )
     \|    э    |/
       (    ,,,,    ,ノ
       \  、(U)ノ ノ
         \/  /            ┼ヽ  -|r‐、. レ |
         /  /\            d⌒) ./| _ノ  __ノ
      ⊂⌒__)__)




関連記事
スポンサーサイト
カテゴリー「やる夫が漢の皇帝になるようです」内の最新記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://memocopy.blog45.fc2.com/tb.php/474-401b6f9c