やらない夫は巌窟王のようです 第23話

332 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/08/28(金) 23:41:55.66 ID:2Mv5US2o
1055.



(第23話 家令ベルツッチオの身の上話のようです(後編))






 伯爵が買った別荘で激しく動揺するベルツッチオ。
 彼は伯爵に身の上話を始める。

 ヴィルフォールを兄の仇として襲ったベルツッチオは、赤ん坊を拾った。
 その赤ん坊……べネデットはベルツッチオと義姉に育てられるものの、
 しだいに悪い道に進んでしまう。

 父親を殺してしまった?負い目から体罰をできないベルツッチオは、
 彼の性根を叩きなおすため、船に乗せてしまおうと考えたのだが……?



333 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/08/28(金) 23:42:48.92 ID:2Mv5US2o
1056.


:.:.. .:. ...:..::::::...::..:: .:: : .. .. .  ..               ,,、、,,,,;;;´"
...::..:::..:::.. . ..::...::.: .: . ...                  ,;;'":::.:.....::.::...
,.,, :.. . ..::...::.: .: . ...                 ,,.r'":::.:.....::.::....::...
;;;,;ヽ、                   ,,、、-'';":`::::::.:.....::.::...:...,..::...
;;;;,';;;;ヽ;,               ,..-''"::::::.:.:.:..:....::..::...:...,..:..:....::...::...
======================,;;r''"::::::.:.:.:..:....::..::...:...,.:...:...,..:..:....::...::...
;;;ii ;;;;;ii,;;;;;,ii.;;;;;ii.;;;;;.ii .;;;;;,ii.;;;;;( ::::::.:.:.:..:....::..::...:...,:...:...,.,,..:..:....::...:..:....::..
''_'''''_'''_'',.'''_''''_''_'''''_'',.'''_''''_''_''''',;;;"''ー-l、,,'""'゙,゙'""'"、.wiルv,iルwviw.:
__- =_≡ _- _-_=_ = - _-_ -_ =≡_-;`--_ _、., _,__  ̄`¬.,v:.:
^ _ _ -_ ^ _ _=_ -_^__ =_ - _ -      ≡         Y,.,lji,; 丱
=__-_ -__= - _-_ -_ =_ -_ ^__-_=  -ー"`゙           i ,.,...ユiW
_ -_ __ -_^__ =_ -_ ^__   _,,、。"`゙ :::   :::         ∥,,::iリv,i
_ = _ -_ _ _ = __ __,,、。-ー''"`゙:::                  」:.::.vノiVi
  _,,.,..、。v-ー''"゙~ :: ' ::: : ::: :::    ::  :::: :: :::      「;;,,;;:yハiW
`"゙  :::: :: :::' ,:: ::::  : ::: :                  /,:.;,:.;,:.ナwy


ベル> さて……それは1829年のことでした。私は仕事のためにフランスに出かけました。
     この頃には秩序も回復し、だいぶ監視も厳しくなっていたので
     仕事は難しくなりつつありました。


     始めのうち、仕事はうまくいっていました。
     二重底にして密輸品を隠した船を使い、夜の間に荷揚げをしていました。


334 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/08/28(金) 23:43:45.64 ID:2Mv5US2o
1057.

               ____
     ∧_∧     ヽ=@=ノ
     (; ・∀・)     (,, ´∀`)
     (  (つ(つ∝∝∝と    )
     ノ  r ヽ      人  ヽ
    (_,ハ_,)     (_ヽ_,)


ベル> ところが、上手く行って油断していたのか裏切り者がいたのか、
     ある日の午後5時ごろ、税関の役人と憲兵に船を包囲されてしまいました。
     そこで私は水に潜って逃げ出しました。

335 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/08/28(金) 23:44:39.95 ID:2Mv5US2o
1058.

       _
      ./::;
     /::... : :  .ヽ               _,.... -‐=‐- ...,
     /::::...._ノハ_____j   _,,,,..___.      ‐' "~  . :.:.: .: :.: . :. . :.:"ー-,,,__
     | ̄_u:::ニ::j:_:|  .:.:...:.::.:.:.";"ー-,,,__
     |:u-:::_:-u::=:|.:.  .:. :. :. :.:. :: :.:.   _二ニ==-―+lllllllllllllllllllllllll+-‐‐
     |::-:u;::_,.-‐'     _,.,, , -‐' "~ _  -     _」llllllllllllllllll_...-‐―‐
  " ,,.:. :.:.:.   _,.,, ,-‐'"~ _  ‐  _  - __....,,,--‐T"7'":;: .:.: . :..:.. .:.:. ヽ:;:..
      __,.-‐'"~  _   -  _  _...,,,-'' ̄    ゞ:l=( ―-  ,,,__.:::.::  )=
     (., -= -   _-= -    (     ゛ __ソ....ヽ_,,__,,..__   ̄`-.._ __.___
      '-  -=  _-= -  _‐=‐゛'‐,,      ,"~~""    。゛ー-―-ー"
       ~'-, ̄ -=_ =-_ ‐=‐~゛'‐-,,,,.,,,_.     ゛ ノv        ,,
       .,, ″'-,,_  ―=- _ニ  ―=―~゛'‐-,,,,., ゛     ゛   ゛
     uiノ     ~゛'‐,,     ―=―= - -=― ~゛'‐-,,,,.,,,_.   ゛
    ,,  ゛    ゛   ゛'‐,,    .  ―=  ―= - -=― ~゛'‐-,,,,.,,,_.
          ,,    ゛   ',,  _  ―=  ―= - -≡―  ニ
                  ゛;;  - ̄  _ ―-ニ_   ―_ ―ニ-  ―


ベル> 私には逃げるあてがありました。
     ニームの宿屋の主人がベルガルトからボーケールの間に支店を開いていたのです。

     その支店は7,8年前に元仕立て屋の男に譲られていましたが、
     その男が私たちと先代との約束も引き継いでくれていました。
     そこで、彼にかくまってもらおうとしたのです。


337 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/08/28(金) 23:45:33.88 ID:2Mv5US2o
1059.


    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)
   |     `⌒´ノ
   |   ,.<))/´二⊃      男の名は?
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|



    /:::::イ::::::::::/:::::::::{:::::::::::l::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{
 . - '::::/ /:::::::::::'::::::::::∧:::::::::l::::::A::::::::/l::;イ::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::、ヽ
´ ̄ ̄   /::::::::::::l:::::::::::l l:::::::::ト、::|‐v::/‐l/_|::::::::::::::::::::::::::::::{゙ヽ::::::、:::::ヽ`   ガスパール・カドルッス。
.     ':::::::::::::::l::::::::::レ{ V::::::|´ ヽィレ云テkl:::::::::::::::::::::::::::::::| l }:::::::ヽ::::
     l::::::::::::;ィ:l:::::::::|^`、V:::::V 气_rfハ ト|:::::::::::::::::::::::::::::::レ/:::::::::::l、::    カルコント村の出身で、
     l::::::::::/.|::、:::::::{ィ汽 V::::ヘ   斗‐'´ l::::::::::::::::::::::::::::::::l´:::::::::::::ヽ\   あだ名をカルコントという
     |:::::::/ |:::::、:::::、:Vツ} 、:::l       |::::l:::::::::::::::::::::::l:::|:::::::::::::::::トl    女を女房にしていました。
     l:::::/  |:::::::ヽ::::::ゝ ,′ヽl      l:::/!:::::::::::::::::::::;l::;l::l、::::::::::::ヽ    彼女は気の毒に熱病でした。
     l::::l  |::::::::l:::: ̄::/    \    l:/|::::::::::::;l:::::l|' l/ v:::l、::ト、
     ゝ:l  |::::::∧:::::::::ゝ.__   __  l'  l:::::::::::/ l:::/ ′  v:ト`l/   男の方は40から45の屈強な男で、
.       `l   l::::/ ヘ:::::::l  l`‘、´__  `    |::::::::/ l:/    _ `"´     困難に対しても才気や勇気を
        /:;.′  ヘ::::l  |:::::l \     イ:::::/   l′_  ´        見せずにいられない男でした。
         /´     ヘ:l  l:::/  l>=彡‐l::; ヘ   /
              `l _l/ -‐ ヘ    l/ / 〉/


338 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/08/28(金) 23:46:29.34 ID:2Mv5US2o
1060.

【ツッコミ】


       {{水}}_Lム⊥.. |l |l斗+ ト {{水}}
       | 从 | | ハ.ハ || | l」_| ハ |从トl
       |,イ l\|イr'ぅト、ハ.ノ'´トr心 j|| |
         i 从ト 弋__ノ     弋__ノ 〉|| |
        ヽ|ハ ::.::.:.      .:.::.:: l ! |      へえ、世の中狭いわねぇ。
         |.l ト           イ | :|       ここであのときの話に繋がるわけね。
          | | |>  _ ^ _ イ、| |  |
  ,. -――-  |,.| |:l \:.:.:∽:.:.:.:./  l ト、 |_, -――- 、
 {:::::::::::::::::::::::::::l.:.| |:l    ー介ー '  , /.:.:ハ::::::::::::::::::::::::::〉
 ヽ:::::::::::::::::::::::l.:.:.| |:l ~~~~~/ /.:./.:.:.:.l::::::::::::::::〈 ̄
   ̄ ̄〉:::::::::l.:.:.:.| |:ヘ    /  / /.:.:.:|:.:.:.:.:.l:::::::::::::::/
.     〈::::::; イ.:.:.:.:.ヽ|:.:.:ヽ {勾} ´ノ.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:l\::::::/
      ̄ l.:.:.:.:.:.:.:.ヾ:.:.:.ーrォr<:.:.:.:.:.:.ノ:.:.:.:.:.:.:l   ̄
       ヽ:.:.:.:.:.:{><}:.:ーレハLノ:.:.:.:.:.〉{><}:.:.:ノ
         `「:.:.:ハ.|:.:.:.:/.:.l|:.:.:.:.:.:./:.:.:ハ::/´



--- ──ァ- 、
     /:.:./::>、
   /:.:.:.:/::/_ノヾ
,   /:.:.:.:/''´  0′',
:\{|:.:.:.:.i}      レ^)     才気や勇気……?
::l:::{|:.:.:.:.|}       〔
::l:::{|:.:.:.:.|}      人_) \ -、
::l:::{|:.:.:.:八    /     (__丿


339 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/08/28(金) 23:47:24.66 ID:2Mv5US2o
1061.


ベル> 1829年6月3日のことでした。
     何事もない時でも、私たちは正面から堂々とは入らないようにしていましたので、
     庭から忍び込むような形で天井裏にもぐりこみました。
     そこには下に通じる穴が開いていて、来ている事を知らせることが可能でした。



             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            r'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`--;‐
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ、
       ‐='' イ::::::::::::::::::{:::i;:::ヽ::::::::::ヽ;、:::::::::::::::::;;-「´
           /イ::::::/:::::::::';::lメ;:l:::;::::::::ト', }::;:-‐''"  ヽ_    カドルッスが一人なら、
         ´ i:{::/l:::::::::::::{´fミ`';:il:::l::」'"`   _,. -‐ ヘ_    食事を食べさせてもらおう。
             l:/ `ヽ、ヽ:ヽ`ノ リ」''´  ,.-==ニニ、`ーヘ
           ′     /_ ,,.._」ゝー''"       丶\  丶
            ,.‐;ァ'" ̄、 ヾ_」イ-,           \ヽ  丶     それから、近づいている嵐に乗じて
           // ', ',  _y'ノ>' ノ            丶 Y´ 丶     船や仲間の安否を確かめに行こう。
          >‎-'-'、__>-''´     | |              ヽヽ  ヽ
        ,-j           | |               } }   ヽ
        <_        __j |,,.. -rrニニ;"` ー―――'' ノ    ヽ    ……ん?あれは誰だ?
         ` --r='''"´ , -|| `ヾ \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     丶
             / / //    ~    `ヽ< 「 ̄`丶           `、_
            ,' / //          `ヽ丶、_ ヽ            }

340 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/08/28(金) 23:48:17.91 ID:2Mv5US2o
1062.


ベル> ちょうどその時、カドルッスが知らない男を連れて部屋に入ってきました。



           /ニYニヽ
     (ヽ   /( ゚ )( ゚ )ヽ   /)
     (((i ) /::::⌒`´⌒::::\  ( i)))     カルコント!
    /∠_| ,-)    (-,|_ゝ \     ダイヤは本物だったっていうwwwww
    ( __  l  ヽ__ノ   ,__ )     この人が5万フランで買ってくれるっていうw
        \   |r-_,,..、;  /
          |  | | .二二二二二二二二二 ̄ ̄>
         |  | |`|   |          ̄>./
         |  `ー'    |        / /
                        /  <___/|
                        |______/

      【ガスパール・カドルッス】
      エドモン・ダンテスの元隣人。



.       ┌r┬r┬r┬r┬r┐
      ドミヾ>冖┴冖く'/
      |ニ/ __ ̄ニニニヽ
      |=〈 /ベ≧zz jzzヘ     ええ……
      |Ft| ==。=:::/=。=〈     ただ、本当にそれがあなたがたのものなのか、
      |{(|| `ニニ´ ヽ`ご.|     そしてどうして手に入れたのか、というのを
      ト=|  , -‐ '- _}`ヽ|     奥さんからもお聞きしたいのでね……
     /|シ'l / (二ニニニ⊃|、
-一''¨´|  ト、`丶、  ≡  ハ`'ー-、_
-‐ ¨´|   | \ `'ー--‐''´! |`'ー-、_ ̄
   |   |   \    /|  |

     【ジョアネス】宝石商。

341 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/08/28(金) 23:49:12.66 ID:2Mv5US2o
1063.

ベル> カルコントはダイヤモンドを手に入れたいきさつを説明しました。


  / ∠∠___ ;;;;;ヽヽ ヽ、 ヾ  ヽ\
/ノ// /、、____`'-、;;;;〉i .l } ヽ、ヽ  |  ヽ
/7 i./ / ',"て。)Y-V ///i.ヽ ヽ | /  /
| | |i| /   ̄::`::::-'/∠_-、|. i | | | /
|!! |l|/     ::::::::::、Θ/il, | .|.|  |ノ   いえね、ウチの知り合いのエドモン・ダンテスという船乗りが……
 \{     、___ / .i:::::j | ||.i  /
   `    l ---、>' i;;ノノl ,j|| /
ヽ、     ヽ;;;;;「  /||~ノ/リ | /
  ヽ、`、--、_ - /jjノi ノ'  j'
\_;;;;;;''-`-,,__ ̄"''---┴、
  "''-<"`'<''二ニ---'")ヽ、___
   / ./:::::/_,,-----''"' )ヽヽ,,"''--、
  / /:∠-''"__,,,--==--'"iヽ ;;;ヽ、  ヽ、
_;;;/_jヽ:::: ̄ ̄`-----ー―、ノ ;;;;;;ヽ、ヾヽ、

   【カルコント】
   カドルッスの妻。



.     l~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄l
    l   , '⌒゙'''ー-----‐ ''⌒ヽ、  |
    |  /::    ` ー--‐ '´   ヽ、 |
     | ./::    ` ー----‐ ''´   ヽ│
     | レー- 、.._        _,,. -‐.、.| |
     | | ̄``''‐ .二ll   ll二 -‐''" ̄| |      ……(話の筋道に違いはないな)
    r‐、|:: ===。=~   l=。=== | r‐、
.   |l^|.|:: ` ー--‐1::   l ー--‐ ´ |.|、l l
    !l._||:::  ` ー-‐l:::    lー-‐ '   ||ノ,リ    ちょっとうかがった限りでは本当の話とは思えませんが、
   ヽ.|!: / , 一' l:::    l ー 、ヽ. |!ノ     嘘でもなさそうですな。
    / | /   └‐^ー^‐┘   .ヽ. | ヽ.
   / │.!  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  | |  ヽ.
‐'''~|.  | |      ー─‐       |   |~`ー-    ところで、お値段が折り合ってませんな。
.   !   ト 、 ,.. -─rr─‐rr‐┬- 、, イ.   |       私は4万フランと申し上げましたが。
  |.   |r''´        __  ̄,ノ /|   |
  |    l ''  ,r=ニ二「~|    ̄./ .|.    |
  |.   |  ⌒   " | !~`'''‐-,、  .|     |

342 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/08/28(金) 23:50:08.43 ID:2Mv5US2o
1064.

./ / イ | | ', ヽ    ヽヽ. ヽ. ヽ
  / / イ i | ', ヽ.   ヽヽ.  ', i      4万フラン!?
i イ j ハ ト li. i ヽ.    ',. i  l l
/.| .| | ヘ. ',ヘ', ト、 ト、   ', l  l
,;リ, | ト、 ヽ.ヘ '., ヽ\ヽ\   |  | l      ブゾーニ司祭様は5万フランは間違いないと……
,ノ/'ヽ! `≧、ゝ、ヽ、\\ 、\ ',  | l
',ハ 弌 ̄T、・テュ`'、.\\\ヽ\_
i {ヘ  ゝ-‐ニ´''"ヽ,,,`ー、.\\_  `ー
ト、ヾ、u. "    、;l! "' ー 、.\_`ー-
|"ゝ,ヘ u      _   ヽ  `ー-
ヽ' , ト'ヽ.    f   ヽ   \!| ||
ヽ\",'ヾlヽ、   ゝ、_ノ   イヾ.l !l
`ー、_ヽ' ,\ `ヽ、    / /,. l !l
`ー、_ヾゝ、、.\::::` ー " ,/ ,,'':: ! .!l



             _,,. -‐-,、
        <Iエ¨-‐<:彡"'ヘ.
        ,∠ __   \彡"ヘ.
.     /__/゙べ>  /=彡"ヘ.      失礼、もう一度見せてもらえますかね?
       \`"テ''ラ , 〈ハ'ニヽ彡'ヘ
     /   二.´  V〉ソノ::彡'ヘ
.     /  __┐   _\  Vく=三彡ヘ.
.     ‘ー ∠、-‐''´    | \ニ彡;へ、
         └┐      │ //: : :人
            |   _,,. ‐''´/./: : :/: : :\
          ̄ > '´ /: : :/ : : : : : : ヽ
              ∧ /: : :/: : : : : : : : : :│


343 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/08/28(金) 23:51:02.81 ID:2Mv5US2o
1065.

             / ̄ ̄\
             /  ヽ_  .\
            ( ●)( ●)  |
           (__人__)      |    盗み聞きしたその話、お前はどう思った?
            l` ⌒´    |    エドモン・ダンテスという男は知っていたかね?
           {         |
           {       /
       _. -: ´Λ     _.へ` 、
      r<: : : : /:|: :、  ̄r'    \ :\_
    /: : :l : : : : : :\`IエL>、    >ヘ::Λ
    |: : : ト、: : : : : : : : : : : : : `ー/ : : V |
    〈: : : :::: _ -¬--―-、: : く:r 、: : : V }
    /: : :_ン´: : : : \ ,___, ィ ): : :`く : : : ヘ|
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



              ,.:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. ::::::ヾ;、\
               /: .. :::: .::::::::: ::::::::::::::: :;:::::::: :::. : : : : . :.ヽ丶ヽ
              ,': :..: : :. :: . ::: .: .: .:::: .:ハ::: . ::::::. . :. . :::.ヽ `ヽ
                l:::::::..:..:: ..::.::::: .: .:::::::.:.:/ l:::.: :::::::::::. :::. :. :::::..',
             j:::::::::::::::::::::i:::::::::::;::i::::/   !:::::::i::::::::i::::::i:::::::::i;:::',
               /::::::::::::::::::::::i!::;i:::::;!:l:::;'   |:::::;イ::::;イ:::::;'::::::::::!';:::!
           /''l:::::::::::::::::i:::l∨';:/l/l::{.   j:::/_l::/_l::::/:::::::::::| ゙;::!
                l:::l:::::::::::::::;:l‐r‐lリミ、l:l_/  l::/rrl/l‐1/::::/::::i::! ';l
            l:/l::::::::::::::::リ┴‐┴ ゙|!   l/┴‐┴'/:::/:::::::i;:!  '!     私は、カドルッスを
            l' ';::::i、::ヽ::',      '  l      /;イ:::::j:/'ll       盗みなんてできない男と
              ';::l ヽ:トヾ、       ,     /'´::::/´ `       思っていました。
               ヾrく` `r、    ,. -- 、  ,.イ:;イl:K_
                  ',` ニ -、 、,.-'´ _,,,..._ ヽ'´!  l'`> >
                 __', _ト、!.iノ ` ‐'- 、/`´ j   //     ダンテスという男の名を聞いたのは
            _,,..-‐ァ' /{ 7く∨  、 - 、 `Y⌒7   , ' へ     その時が初めてです。
       ,.-‐''"´   / / 丶ヽ「 {  、 `゙ヾ  !/} ,.‐,. '   \     その後、ブゾーニ司祭様とお会いした時に、
                                          お聞きしたのが最後です。



344 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/08/28(金) 23:51:59.33 ID:2Mv5US2o
1066.

.     l~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄l
    l   , '⌒゙'''ー-----‐ ''⌒ヽ、  |
    |  /::    ` ー--‐ '´   ヽ、 |
     | ./::    ` ー----‐ ''´   ヽ│
     | レー- 、.._        _,,. -‐.、.| |    4万5000までははずみましょう……
     | | ̄``''‐ .二ll   ll二 -‐''" ̄| |    ですが、それ以上の値打ちはありませんな。
    r‐、|:: ===。=~   l=。=== | r‐、
.   |l^|.|:: ` ー--‐1::   l ー--‐ ´ |.|、l l
    !l._||:::  ` ー-‐l:::    lー-‐ '   ||ノ,リ
   ヽ.|!: / , 一' l:::    l ー 、ヽ. |!ノ
    / | /   └‐^ー^‐┘   .ヽ. | ヽ.
   / │.!  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  | |  ヽ.
‐'''~|.  | |      ー─‐       |   |~`ー-
.   !   ト 、 ,.. -─rr─‐rr‐┬- 、, イ.   |
  |.   |r''´        __  ̄,ノ /|   |
  |    l ''  ,r=ニ二「~|    ̄./ .|.    |
  |.   |  ⌒   " | !~`'''‐-,、  .|     |



   /ニYニヽ
   /( ゚ )( ゚ )ヽ
 /::::⌒`´⌒:::: \     それならけっこうっていう。
 | ,-)___(-、|     他の人に売るっていうwww
 | l   |-┬-|  l |
 \   `ー'´ _/
. /    ∩ノ ⊃ ヽ
(  \ / _ノ |  |
..\ “  /__|  |
  \ /___ /

345 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/08/28(金) 23:52:55.66 ID:2Mv5US2o
1067.

         __________
         .!ミミミ;;;;;,,..))))))))))))フ7
        .!三ミ::::::: ""''==''"\ノ     それも結構……!だが、他の人は信じないかもしれませんよ……!
        |三=-::::  "'ー-ー'" \
        |/rヽi,,-ー-ー'"  ,i_,-=''|     そしたらっ……訴えられてムショ行きっ……!
        |/|ニ||::::===。=;; <=。==.|
       /|/.|:r||::::::` ー '   `〒'"|     たとえ……無実となって放免されても……
      / |/'ヽリ:::::,._ニニ    |:-'.|     ダイヤは書記課あたりで見えなくなるか……偽物を返されるっ……
     /  |//,`|:::r'",_  i~- ._| .|
--ー''"""|  .|/,`::::|::::::`-二二二二フ|、        r-=,,
     |   |,` ::::|:::::::::::      .|.|`ー=;,,_     `ー、`,
.,-''つ  |   |,`  `ー-;;:::::::=≡ ../ |   ~''-=_ (こ''ー、.丶
"/   |   .|\     "''-;;_/ノ|  .|      r-、 ヽ,.ヽ )
/__,,--、 |   | .\    ::::::::::/ .|  |     ( ̄~"''-,, ヽ,!
''" ,,--' |   .|   \    / .|   |     | ~|~"ヽ, .ヽ ,!
 r',,-ーつ    .|    \, ,/   .|   .|    | ⊂''ー、, ,!
 ''",,-''"┴--ー'"|    /ヽ,   .ト---┴''/  .|  |,~''、  ,!
 r" _,,-っ    |  ,,,-へ /`-,  |    /  |  ( /  /



        ___________
      /´  , -‐- 、.           /
.      i  /::::::::::  `''‐ 、..__,. ‐'´ヽ. /
.      !  ,'::::::::::    、       ∨
     |  i::::::::::  、 、`''ー---‐''´  ヽ
     |. l:::::::: /へ.\` ー---‐ ´/,.ヘ      まあ、売るか売らないかはご随意に……
     │ \:::::::: _\\,   /∠_  |
      |. /"ヽヽ:::==。=`,,   /=。==│      だが、私は持っているっ……4万5千フラン……っ!
      | { i⌒| |:::::` ー-‐'    .::.\-‐ ´│
    /|. l ト、|.|:::::: ー-‐ '   ::::::::::: l::-‐'.|
  /  | ヽ.._||::r':; -‐‐' r __::::::::::::: l ー、|
_/    |   /l!:::/:: ー----------ー'--.|
.!     .|  ./ ::|::::::::::              |
|     │./  ::|:::::::::::     =====     |\
|     |/   ::|:::::::::::::...          ,.イ  .!`
|     |\   :`'' ‐- 、::_:.......   ,. ‐'´/|  │
|    │ \   ::::::::::::::::::`~`''"::::::::/ .|    |


346 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/08/28(金) 23:53:51.88 ID:2Mv5US2o
1068.

【ざわ……ざわ……】

     |   _,.,-r''fi,ッ、_
     |-''´:::::ゞゝ,iソノ,=ッ、.
     |::::__:tr-、r--、,:::::::::::ヽ
     |r'`´       `'''r、:::\
     |            '\:ヽ
     |   i  ,,         `,,|
     |. /! /|    /|/|  ,  ト、
     |ゝ| ∨ .|   / / .| /  ト、t    ざわ……ざわ……
     | O ヾ | / ,,ノ--| /!   ト、/
     ト ー ,,, "   O i// / !||l::!
     |        `" ´/./ ,,,/i!レ'
     |U  、___     i/  /    .,_,___
     ト.、  `  ´    / / /-- ‐'":::::::;;ノ___
     |::::|:::ゝt.-..r <、"フ / /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〆
     |:::/''t/|!ゝ'|:::::://</ /:::::::::::::::::::::::>" ̄ ~
     ..j-、 r-t、 /:::/::::::i/::::::::::::::::::::::::\,,.___
      {  ト,,(ソ/::::::!:::::::::ト:__;:::_:::::,:::::::::::::::: ,,:〆
     |! ヽ,,ノ ;;::::::!:::::::ノ   \.  ̄ ̄



       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ     足元みられまくりですぅ。
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
  r"      | |{i t    _     / |
 (   =‐'  | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
  ゝ-'     // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |

347 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/08/28(金) 23:54:46.83 ID:2Mv5US2o
1069.

            /⌒Y⌒uヽ
           /(○) (○)ヽ
        _. /::::⌒`´⌒:::: \
       /´  | ,-)     (-、|     ……どうするっていう?
     /'    | l  ヽ__ノ l. |
    ,゙  / )  \   `⌒´   /、
     |/_/             ヽ
    // 二二二7    u' __     ヽ
   /'´r -―一ァ"i         .-‐  \
   / //   广¨´  /'      /´ ̄`ヽ ⌒ヽ
  ノ ' /  ノ   :::/      /       ヽ  }
_/`丶 /     ::i       {:::...       イ



 /,.-'"     ,,.-'"          ,.-'",.-'"´  ,. ',、_く  ',  '. /
/',,.',.-'"   ,,.-'"          ,.-'" /   / ノ! ', `ー、   /
,',.,''   ,.-'"           // ,.ィ´  / // | ト、   |  /
'/  ,. '             .,.'/,,.-'ノ  , ' .// ,イ / i ;ヽ. |:../
 , '     ,.-'"´       / /  イ  >、/ , ' //./! /,' ハ. |/  ,./
/    / ,.-'"      // ,/ ,く,' イ / ゙メ、'_/_'_//' ノ,イ!',| ゙¨/
   // ,.-'"      // //{rfヾ ,','//'"-=''tj゙ /イイ/j:j !;| ,.ゝ
 .// ,. '         ム  ,イァゝ、',i/!〈   `¨´/  ゙>`y//!| >     ……あげちまいなさいよ。
///      /   >ム/ ','ヽ-|、', u    __,.ノ /ィ' ,リ´     売らないと、きっと密告されるよ。
// /   .////┘ ',   ;ヽ、` 、   ゙テ' /'イ/ ノ'
/ / / ///∠-| _;',、 'ヽ/  `¨7¨゙jー'"ニニ',', }

348 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/08/28(金) 23:55:43.10 ID:2Mv5US2o
1070.

            / ニYニヽ
          / (0)(0)ヽ
         /  ⌒`´⌒\
        | ,-)       (- |     仕方ないっていう……
        | l   ヽ__ ノl |     その代わり、女房は金鎖を、俺は銀の耳輪がほしいっていう。
         \  ` ⌒´  /
        /        ヽ
       /           ヽ
       |           | |
       ヽ_|         |丿
         |         |



      /ミミ、 ̄「「「¨リリ゙777
.     /:==≡ジ ̄ ̄ ̄"\
.    i:三三三/    ,.、_ `ニニゝ、
     l===シ     '^'''‐-゙ニ7' /
.     !三三ニ└- 、   ===t ,,/
.   l===r'ニヾミ|   `ニニ   \
   l:三三三| {こ|ミ|.   __,ノ r __  ヽ     はいはい、これで文句はありますまいな?
.   |=== | に|ミ|. /r'ニ.‐- 、.__ラ     それで、これが……4万5000フラン……!
  │三三三:ヽニlシ / に二二ニZ
   |===シ´ :|           __ノ
__/|三三/   :|         |
/::::::!ニ/       `ー- 、..____,ノ`ー-
::::::::K             ,イ:::::::|::::::



ベル>  商談は成立しました。
     ちょうど嵐が迫り、遠くで雷鳴が聞こえていたのですが、3人とも欲に目がくらんで気付いていませんでした。


349 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/08/28(金) 23:56:40.26 ID:2Mv5US2o
1071.


        /ニYニヽ
   (ヽ  /( ゚ )( ゚ )ヽ    /)
  (((i )/ ::::⌒`´⌒::::\  ( i)))
 /∠_| ,-)___(-,|_ゝ \     さて、晩飯くらい食っていきませんかっていう?
( ___、  |-┬-|    ,__ )
    |    `ー'´   /´
    |         /



        r──────‐:┐
.      | ,.へ、..___./ヽ. |
.      l /   ====   ヽ.|
.      | F=‐-_ll  L-‐=ゝ!.|
     r:|.l ==。=,   =。== |.|.、     いえ、こんな時間だ。ボーケールに帰らないといけませんから。
      {(!|. `二.l.   l.二´ ||).}
      ヽ|!/rー' L__」 ー 、`|!ソ
.    _/| l ー───一 | | ヽ._
    ̄ |  ト.、,. -‐==、 ,/|  |  ̄
.    |  |/ ∠Hニニ、 ´/ |.  |
.     | /  ,r‐|.|==‐'<.  |   |
    | / ,'  r‐|,|ー- ' \│ │

350 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/08/28(金) 23:57:34.30 ID:2Mv5US2o
1072.


/' / / ,:'/,: ' / ' / /     ,:'/,  :'/  /' /    /  ,:'/,:  ' / ' / / ,:'/,
 :'/  /' / / ,:'/    /,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,: ' /
_,,.--ー''''''"゙゙ ̄~゙"'ー-、/' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,:,
..'"゙~゙'ー、、 : : : :  :  `'~゙"'ー-、/' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' /
  : : .: `゙ヽ.,_、:    : : : :     ゙゙̄"'''''―-、 :'/  /' / / ,:'//,: ' / ' / / ,:'
: : : : : : : : : : `'i、 ,/  /' / / ,:'/,: '/ : : `、,、    ,.ィ''''"'"~''゙''ー- :'/  /' /
: : : : : : : : : : : `ヽ:     / / ,:'' / ' / /: : `゙''‐'"゛: : : : : : : :    :~゙"'ー-'i,  :
: .`" : : : : : : : : ゙、:゙lヽ、、: : : .: : : : : : : :    `''''',,,,,、 ,:'/,  :'/  / : :,,,,-‐'゛`゙''ー-
   .``'ヽ‐.i、 _、,,.:`゙"" ゙̄'--、..ー―---、、,__: : `゙''、   : : : : : 、、、,、::;.:".:;.:'"゙:.:゙,
 .,Y、: へ,、'``" :": : 、,`'`: : : : : : `゙^'--、、---"'゙‐'"   : : : : 丶     `': :~゙"'ー
、.ー'"′``゙ン 、丶、.,,; ,:'/,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' ".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.
"、 : 、`.、'、``" ゙:: : 、`'':,、、:,,,v,、: : ::.`-ー'''--,,、: : : : : : :    : : : :
.‐``'',;'',;'',;'',;'',;'',;'',;'',    ` `` `  '' ,:'/,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /'- `: :`゙^'--


            ∩_
            〈〈〈 ヽ
           〈⊃  }
      /ニYニヽ   .|   |      雷もゴロゴロ鳴ってるっていう。
    /( ゚ )( ゚ )ヽ  !   !     この天気で帰れますか?っていうwww
  /::::⌒`´⌒::::\|  /
  | ,-)___(-,| /      それに、市のある間は物騒だっていうwww
  、  |-┬-|  /
 / _ `ー'´ /
 (___)  /


351 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/08/28(金) 23:58:30.77 ID:2Mv5US2o
1073.

       ヽエエエエエエエ〃77,ヘヽ
       ,∠_-‐      |/∠=:三|
     / ̄/へ     |三三三|
    \ `´===。=  .∠≡三三|
      /  `二ニ   | l⌒iニ三|     クク……雷なんか怖くありませんよ。
.   ∠ ,- ` ー- 、   |.|こリ:≡ニ|
     <-ェェェェ-‐ | l ||_ンミミミ|
     [´_        |\゙ミミミミミ|
        l     __,,⊥-‐'''´~ ̄|
.      └--ァ''"´    ___,,⊥
      _,∠´-‐''''"~ ̄     |



                r-、__
               / / ,' ヽヽ
                / /ヽヽ_ノ/
           / /〃/ /
            / /〃/ /
             / /〃/ /
         / /〃/ /     それに……コレも2丁持ってます……!
         /\〃/‐-!     吠えたかと思うと、たちまち噛み付く犬……っ!!
        ム/ /ヽ}  }l
       /7ァLゝL/〈ヘ/ノ
     ./// /フ77,.ヘ==〉
      /ヽ' / ////こ!} } )
    [ゝ/  ̄ ̄ ./j .j`ヽ、
    /      _// /__)
  /   _∠「フ/ / ̄/
 ,/   ̄     \ノ、
| 、  -───‐ 、ヽ
|      ,. -‐─- 、ヽ〉
|  i         \>

352 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/08/28(金) 23:59:27.20 ID:2Mv5US2o
1074.


    /ニYニヽ
    /(0)(0 ) ヽ
  /⌒`´⌒   \     でも、だいぶひどい天気だっていう。
  |      (- 、 |     泊まっていきませんか?っていう。
  ト-―――-` l  !
  ヽ `⌒´    / /、
   `コー   /,ノ:::ゝ、



/.| .| | ヘ. ',ヘ', ト、 ト、   ', l  l
,;リ, | ト、 ヽ.ヘ '., ヽ\ヽ\   |  | l
,ノ/'ヽ! `≧、ゝ、ヽ、\\ 、\ ',  | l     そうですよ……泊まっていらっしゃいよ。
',ハ 弌 ̄T、・テュ`'、.\\\ヽ\_
i {ヘ  ゝ-‐ニ´''"ヽ,,,`ー、.\\_  `ー
ト、ヾ、u. "    、;l! "' ー 、.\_`ー-
|"ゝ,ヘ u      _   ヽ  `ー-
ヽ' , ト'ヽ.    f   ヽ   \!| ||
ヽ\",'ヾlヽ、   ゝ、_ノ   イヾ.l !l          > いえいえ、やっぱり帰りますよ。さようなら。
`ー、_ヽ' ,\ `ヽ、    / /,. l !l
`ー、_ヾゝ、、.\::::` ー " ,/ ,,'':: ! .!l


353 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/08/29(土) 00:00:22.27 ID:UoLbl1oo
1075.

ベル> 宝石商が帰った後、二人はもらった金の勘定をしていました。



/.| .| | ヘ. ',ヘ', ト、 ト、   ', l  l
,;リ, | ト、 ヽ.ヘ '., ヽ\ヽ\   |  | l
,ノ/'ヽ! `≧、ゝ、ヽ、\\ 、\ ',  | l       ……ねえ、お前さん。
',ハ 弌 ̄T、・テュ`'、.\\\ヽ\_         どうしてあの男に泊まれって言ったのさ。
i {ヘ  ゝ-‐ニ´''"ヽ,,,`ー、.\\_  `ー
ト、ヾ、u. "    、;l! "' ー 、.\_`ー-
|"ゝ,ヘ u      _   ヽ  `ー-
ヽ' , ト'ヽ.    f   ヽ   \!| ||
ヽ\",'ヾlヽ、   ゝ、_ノ   イヾ.l !l
`ー、_ヽ' ,\ `ヽ、    / /,. l !l
`ー、_ヾゝ、、.\::::` ー " ,/ ,,'':: ! .!l



      /ニYニヽ
    / (・)(・)ヽ
   / ⌒`´⌒ \     そりゃ……ボーケールに帰らずに済むからっていう。
  | ,-)    (-、.|
  | l         l |
   \  ` ⌒´   /

354 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/08/29(土) 00:01:23.39 ID:UoLbl1oo
1076.

. ::|  l   ヽ   ヽ  \ _,, -ヾ、  ヾ、\  /
. ::|  |!    \ メ二,,`-メ,,._`ヾ、 ヽ、
. ::|  |l     ヘイ'"ヽ・゚ ノ゙,、 `'' 、ヾヽ、
. ::|  |ヽ─ 、    ' '"´ ̄`     \
. :::',  ';:::弋ヾ)    \ \        i\       やれやれ……あたしゃ
 ::::l  i!::::::;ニ''      `ヽ、     /  |ヽ     他にわけがあったんだろうと思ってたんだけどさ。
 l :l  lヽ::;ヽ、    _,,   ヽ     /  |ヽ',
 ',   ! l \:::: ''、r'__/      /    |;;、.l .|
\ヽ  ' , ', \ヽ、 ‐      /:::: ,. -'"´ 〈| .|
.  \'   ' ,、`ヾヽ;:`ヽ、   /-‐'"´,.    〉 | |
  _ヾ,. -‐' ,.,-;,、ヾ::::` ‐';´f .. ;; ..''.. .. ..   |  | |



            /⌒Y⌒uヽ
           /(○) (○)ヽ
        _. /::::⌒`´⌒:::: \
       /´  | ,-)     (-、|    ……!?
     /'    | l  ヽ__ノ l. |
    ,゙  / )  \   `⌒´   /、
     |/_/             ヽ
    // 二二二7    u' __     ヽ
   /'´r -―一ァ"i         .-‐  \
   / //   广¨´  /'      /´ ̄`ヽ ⌒ヽ
  ノ ' /  ノ   :::/      /       ヽ  }
_/`丶 /     ::i       {:::...       イ


355 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/08/29(土) 00:02:19.38 ID:UoLbl1oo
1077.

  // //  /,'   / /ヽ、/ ,.-'"/ ,;/ /  /,ノ :l ,l  ',  ',
 // /'/ ./,イ,'  ./ /  /__ヽ、 / // /  //' ,.+'"l   l:  l
.// /./ ,.イ / l  / /,' …'''二ヾ、-/ , ' , ' ,. '_, -'" j  j  :l   !
   ///  イ l l /ヾ!/ `ー'-゚-゙─  `ー  ,ィ=‐─'ヽ ;/ j   !
  .// i  / :l l l ./ヽ`l!    ,' ,.' , ' , ,'. '"  ー゚─‐' .l/; ./ ! .!
  l l l  l l l / /::ヽ-、   ,', '  ' '   ,,.     /´/ / / /
  / //  l l l/ /:::::r' ヽ  ',' ,,_     ノ     / ,イ / / /     あんたが男だったら、
 / // ./ l l lノ  ̄ ヽ、 '.,   l  ゙'' - 、__,     , '´, , ' , ' /      あいつをここから帰さなかった!
./ // ./   l l l      ヽヽ.  ',  `ヽ,/   / /// , '
. // ./  . l l l     ヽ. `ヽ、ヽ==" ,,. -< ./// /      あるいは、ボーケールまでは帰さなかった!
// ./    l l l 、     `ヽ,.' 、__ <,- 、⌒, ' 、  ,.- '         って言ってるのさ!
/ ./    .l l ',  ヽ、     ノ  ``ノ  y'   ,、`゙i/`ヽ,_,. -'"
. /     ヽヽヽ ヽヽ、   /´  ./  ./  ./ ./ 、 ノ, l



   /ノYヽヽ
   /(0)(0):::ヽ
 ./ ⌒`´⌒ ::\     ば、馬鹿言うんじゃないっていう!
 | )ノ(、_, )ヽ, (::::|
 |.l ,;‐=‐ヽ  l :::|
 \ `ニニ´ ::::/
 /`ー---―´\


356 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/08/29(土) 00:03:14.79 ID:UoLbl1oo
1078.

コンコン


             _,,. -‐-,、
        <Iエ¨-‐<:彡"'ヘ.
        ,∠ __   \彡"ヘ.
.     /__/゙べ>  /=彡"ヘ.
       \`"テ''ラ , 〈ハ'ニヽ彡'ヘ     すいません、私です。ジョアネスです。
     /   二.´  V〉ソノ::彡'ヘ     嵐がひどくて帰れそうにないので、泊めてくれませんか?
.     /  __┐   _\  Vく=三彡ヘ.
.     ‘ー ∠、-‐''´    | \ニ彡;へ、
         └┐      │ //: : :人
            |   _,,. ‐''´/./: : :/: : :\
          ̄ > '´ /: : :/ : : : : : : ヽ
              ∧ /: : :/: : : : : : : : : :│



  // //  /,'   / /ヽ、/ ,.-'"/ ,;/ /  /,ノ :l ,l  ',  ',
 // /'/ ./,イ,'  ./ /  /__ヽ、 / // /  //' ,.+'"l   l:  l
.// /./ ,.イ / l  / /,' …'''二ヾ、-/ , ' , ' ,. '_, -'" j  j  :l   !
   ///  イ l l /ヾ!/ `ー'-゚-゙─  `ー  ,ィ=‐─'ヽ ;/ j   !
  .// i  / :l l l ./ヽ`l!    ,' ,.' , ' , ,'. '"  ー゚─‐' .l/; ./ ! .!
  l l l  l l l / /::ヽ-、   ,', '  ' '   ,,.     /´/ / / /
  / //  l l l/ /:::::r' ヽ  ',' ,,_     ノ     / ,イ / / /
 / // ./ l l lノ  ̄ ヽ、 '.,   l  ゙'' - 、__,     , '´, , ' , ' /     ……!
./ // ./   l l l      ヽヽ.  ',  `ヽ,/   / /// , '      さあさあ、どうぞ。
. // ./  . l l l     ヽ. `ヽ、ヽ==" ,,. -< ./// /
// ./    l l l 、     `ヽ,.' 、__ <,- 、⌒, ' 、  ,.- '
/ ./    .l l ',  ヽ、     ノ  ``ノ  y'   ,、`゙i/`ヽ,_,. -'"
. /     ヽヽヽ ヽヽ、   /´  ./  ./  ./ ./ 、 ノ, l


357 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/08/29(土) 00:04:10.38 ID:UoLbl1oo
1079.


  / ,,'' |        \   \`''- 、..::::::
. .:| ,''/~',   ト、     \   \\\\
. ::|  i  ',   ',`\   \  .\\\
. ::|  l   ヽ   ヽ  \ _,, -ヾ、  ヾ、\
. ::|  |!    \ メ二,,`-メ,,._`ヾ、 ヽ、
. ::|  |l     ヘイ'"ヽ・゚ ノ゙,、 `'' 、ヾヽ、
. ::|  |ヽ─ 、    ' '"´ ̄`     \
. :::',  ';:::弋ヾ)    \ \        i\
 ::::l  i!::::::;ニ''      `ヽ、     /  |ヽ
 l :l  lヽ::;ヽ、    _,,   ヽ     /  |ヽ',
 ',   ! l \:::: ''、r'__/      /    |;;、.l .|
\ヽ  ' , ', \ヽ、 ‐      /:::: ,. -'"´ 〈| .|
.  \'   ' ,、`ヾヽ;:`ヽ、   /-‐'"´,.    〉 | |
  _ヾ,. -‐' ,.,-;,、ヾ::::` ‐';´f .. ;; ..''.. .. ..   |  | |



ベル> カルコントはとても愛想良く宝石商に給仕をしていました。
     彼が普段の彼女を知っていたら、とてもびっくりし、そして怪しんだでしょう。



    /ニYニヽ
    /(0)(0 ) ヽ
  /⌒`´⌒   \
  |      (- 、 |
  ト-―――-` l  !
  ヽ `⌒´    / /、
   `コー   /,ノ:::ゝ、



ベル> 一方、カドルッスは落ち着かない様子で黙っていました。


358 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/08/29(土) 00:05:08.87 ID:UoLbl1oo
1080.

ベル> 私はしばらく休んでから出て行くことにしました。
    宝石商が上の部屋に上がって行った後、カルコントはカドルッスに何やら話しかけていました。
    しかし、ヒソヒソ話でもあり、私も眠かったのでそのまま寝入ってしまいました。


        /l,  /::/''´:::::::::::::::::::::::`丶、   /     i、
  _  -‐ ''´ l:l ./::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ /  / -   \
         l::l /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶 / -    \
      _   .}:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:ヽ    _,,,=;-、 ヽ
     ,⊥ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::::::;ヘ:::::::::::::::::::::::::::l、::l-`┐ ,r'T_ユゝT丶、ヽ
.   ,-<\ヽ彳::::::::::::::::::::::::::::::::::::!ト'、::::::::::::::::::::::::l ヽ / ̄ヽ<r ヘ ヽ ヽ  l ヽ
  〈_ 、 ヽ_ゾl:::::::::::::::::::::::::::::::::::::トヽ';::;:::::::::::::;::::::! / / j_} __j ト.   ',
  '- 、`''''´ ̄!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ‐ヘ';:::::::::::ハ;;⊥ゝ<   ∧L」l }   ',
    丶、__l;イ:::::::::::::::::::::::::::::::::;;;ゞ-ニ';;ァフ /    `ヽ `゙ハ_ 」 ll  _⊥
         l::l:::::::::::::::::::::;-二-‐''´/ ./ /       ', /`‐T ´ /
       / l/l::i、:ト、::/ '   ,.-'´  l l         ∨  ヽ/
          l/ `, ', '   /     l |       , -、ヽ  ヽ
              〈, '   / /\   l. l     /   ',',  ',
             ヽ/  /    \ l l   _ -´      ',', . |
             /   /      ヽi_└<__     l ト l
            /!   /       \  ̄ -― 二二-┘ ヾ

359 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/08/29(土) 00:07:18.22 ID:UoLbl1oo
1081.


      /  /.::::::: .::: .: ::: ::::: :::::::::::;: :::::::::::::::. :. ::. :..:::::::::::::',
        /:::;イ::: : .: .: :: .::::; :: : ::::;'!: .:.;:::::::::::::.:..:::. :.:::::::::::::::;:::',
       /:::://::: .::::::.: .:::::/::..:l.: ./ ';.::.::l;:::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::;:::',
      /::/ /::::::;.::::::::::::::;イll:::::イ::/  ';:::::l';:::::::::ト;';::::::::::;::::::::::::::;:::',
      //  /:::::;/::::::::;:::::::l l' !:/ !::l   ';::::lヽ::::::!_lハ::::::/:::::::::::::::ト、
     /  /:::://::::;::::::':;::::l=';|=l:::!   l:::l,ィ';::lニl、!:::/!::::;::::::::::::|
       ノ::/ !::::l::::;:::::lリ'´/ フヾ:!`   ';::l´/りハ /イ/:::/::::::::l::::|
     /‐''   l:::::l::::l::::::', 、ヒ;:ノ';:!    ';:l、ゞ:::ノ,,. /:::/::::/:::ハ:::!
     ´     ';:::ハ:l;:::::、',  ̄ ̄ ';! l ::. ';!  ̄´ /イ:::;:イi:::/ l:;'
           ヽl リ';:;::::ト'、      ,   ′   ´/:::/ノ/!/ .リ    私は、銃声と叫び声で
            ` . l:::;::ヽ      _       /ィ"´:::l        目を覚ましました。
              !::ハ:::;::ヽ、  ⊂⊃    ,.イ、:::::l::!
              /´,,..ゞf'´',゙ヽ、  ̄  , ィr=イ∠リ        ちょうど私の居る上辺りで、
            ,.‐''´! ハ', ',  ` ー‐''´ l !/ /"´`ヽ        倒れる音がしました。
              /   l l  ',',, !       ! l' /    ',
           |   l  !  iK'       l l! /    _l|
       _,.-‐''l   | l |! l !`ヽ、  __,.ィ l  !    {ソ‐、




             _/::  ..:: .:::::::  .::::::::::::::::::::::::::::::.
          ,.-‐'´..::::  . .:: ..::: .:::::: .:::::::::::::::::::::::::.
        /:::::::::::: ...::: ...::::::::: ..:::::: ..::::::::::::::::::::::::::::::::.
       /;;-‐;'':::...:::::::::::::::::::: .:::::...:::::::::::::::::::::::::::::::::::: .
.       // ,:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::. :.
      '´  /:::::/::::/::::::::/:::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
       ,:'::::::/:::::::/::::::::/::::::::::::::/::::::::l:::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
     _/::::;イ:::::::/:::;::::/:::::::::::::;イ:::::::::/~1:::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::.
  -r''" ̄ ̄ ̄`ー―┴----- /_l__/__ゝ、::::i;:::::::::::l::::::::::::::::::::..
   丶                     ,,,..ゝ-―‐;`ヽ、:/::::::::::::::    額の上に……
    丶                       l   r'´'´~  ヽ:::::::::::::ハ    上から何か垂れてきた?
     \                      {   `r―‐''''  }::::::;i:l/    雨だれ……?
       丶、                ヽ  ヽ、ヽ_,.-―  ヽ/ハ
         \               ヽ   Y`ヽ,.-‐ 〈/  }
           l ̄ ̄ ̄ ̄l~7 ̄`;ニ;-、_   ヽ  ハ ヽ  /  /、
           ヽ  /l  { l   >、ー ̄``´-`7''7''7~ ̄/ ノ  ヽ、_
            ヽ / ヽ  ', l / l ` r-'´  ノ'´! / ゝ フ /     ``
  、          /   ヽ ヽヽl    }     // 7ノ/

360 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/08/29(土) 00:08:13.30 ID:UoLbl1oo
1082.

ベル> 静かになると、カドルッスが降りていくのが見えました。シャツには血がついているのが見えました。
     彼はろうそくをつけると、急いで上に登って行きました。


    /ニYニヽ
    /(0)(0 ) ヽ
  /⌒`´⌒   \
  |      (- 、 |
  ト-―――-` l  !
  ヽ `⌒´    / /、
   `コー   /,ノ:::ゝ、


ベル> 降りてくると、カドルッスはあの宝石の箱を持っていました。
     そしてダイヤをハンケチに入れて首に巻くと、紙幣や金貨をポケットに入れてあっという間に外に逃げました。


           /ノY ヽ
           /(0)(0 )ヽ
           /::⌒`´⌒::::\
         .|-)トェェェェイ(-、|
      _ril  .|  )┬-|   l |
      l_!!! ,、 ,\`ー-'´  ノ--'ー--、 -―--、 、
      | ! !_!|i::::::::: ゙^^ー''´:::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::,..、::`ヽ
        ! ', ,|!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ/---‐'´`\::::\
      !、_,イ:::ヽ:::::::::::::::::::::::::D:::::::/::|        \:::ヽ、_
      ',::::::',::::::|ヽ::::::::::::::::::::::::::::/:::::::l         ヽ'◎ ヽ
       ',:::::::',::::! ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::,!          ヽ __ '、
       ',:::::::::::|   ',::::::::::::::::::::::::::::/|          ヽゞー'
        ヽ_ ノ   ヽ::::::::::::::::::::::::::::::!

361 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/08/29(土) 00:09:07.06 ID:UoLbl1oo
1083.


        /::;; -‐ァ.::::: :::: ::::::::::: .:::::;;;-、;;-、:::: :::::. :: ::::::. :: ::::::::'-.、
    /;;-''´ /.::::: .:: .:::::::: : .:::::/     !:: . ::::::::. : :. ::::::: . :. :::::::::::ヽ
   /‐'´  / .: .:: .::: .:::::::;l: .:::::/     } ::::::/::/: .::;イ:::::::..:::::::::::::::::::',
      , ': .: .:::::::::::::::..:::::::!l: ::::/     /.::::/j:/j:::://ィ:::::::::::::::::::::: ::: ',
     /:::::;イ:::::::::::::::、:::::::l_l.:::::l  _  /::::/ナ7∠`7‐l::::::;/:::::::::::::::::..:::!
    / -‐'´/:::::::::::::: :::ヽ:::::l‐l::::lニ;;=ヽ ,'::::/ /〃 ,ニ、`7/ !::::::::::::::::::::::l
  ´     /::::;、:: ::::: . ::::ト、∨l:::l7ヽ`  l/   、 {‐'_ノ ケ ノ:::::::::::::::::::::、:ヽ    ……。
      /:/ .}.: :::::::::. :ヽ.へヽl_ノ_  / ,    `''''ー‐/::::::::::::::::::::::::::l ヽヽ
        l:/  'イ.::::::::::ヽ:::ヾヽ ̄´   ,       /;; イ::::::::::l;:::::::、::::', `丶   そうだ!
        l'    .j:::::::::::::::::`;;、ヽ      ヽ       '´ /::::::::::/ }::::::}ヽ::',      まだあの宝石商は
         /:::;イ:::i::::::::::'、`丶    _;;;..__      /:;イ::::/‐'::::::/ `丶     生きているかもしれない!
           l::/ !/1l;:::::::::l、     {;ニ=;;ヽ    /'´/"j:/-‐i:::/         助けないと!
           '´  __l' ヽ:::::`ニ;;、    ` 二     , イ::;::/´1 /''′
            丶 r }:/`ヽニiト 、      , '´  l/l/ /./
             丶 ヾ     丶 ` -- ‐'´    l  / /
              ', .',     ',         {  / /
               ', .',      }         '、/ /‐、_


ベル> 私は、ただ傍観していた罪滅ぼしになるかもしれないと思って、下の部屋に出ました。


363 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/08/29(土) 00:10:02.14 ID:UoLbl1oo
1084.


i イ j ハ ト li. i ヽ.    ',. i  l l
/.| .| | ヘ. ',ヘ', ト、 ト、   ', l  l
,;リ, | ト、 ヽ.ヘ '., ヽ\ヽ\   |  | l
,ノ/'ヽ! `≧、ゝ、ヽ、\\ 、\ ',  | l
',ハ 弌 ̄T、・テュ`'、.\\\ヽ\_
i {ヘ  ゝ-‐ニ´''"ヽ,,,`ー、.\\_  `ー
ト、ヾ、u. "    、;l! "' ー 、.\_`ー-
|"ゝ,ヘ u      _   ヽ  `ー-
ヽ' , ト'ヽ.    f   ヽ   \!| ||
ヽ\",'ヾlヽ、   ゝ、_ノ   イヾ.l !l
`ー、_ヽ' ,\ `ヽ、    / /,. l !l
`ー、_ヾゝ、、.\::::` ー " ,/ ,,'':: ! .!l
    ヾ、i ヽ `二ニニ´ ,, ''::: j /'=
     〈 '' ,,..`Y   ,,. '':::::,. ´
     >‎、 '' z=,. ''::::,,. ,.''/   ,.
        `ヾ;;・・''",. ' / ,.  '
 ,>==‐-  、_'' ,,.. '':::;i ''


ベル> 階段にはカルコントの遺体がありました。
     喉を見事に撃ち抜かれており、両方の傷口と口から血が大量に流れていました。

364 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/08/29(土) 00:11:02.42 ID:UoLbl1oo
1085.

ベル> 上の部屋は無残に乱されていました。
     宝石商の胸には三つの傷があり、包丁が四つ目の傷に深く突き刺さっていました。
     転がっているもう一丁のピストルは火薬が湿っていたらしく、撃てなかったようでした。


    ___,,,,... 、 -‐ァ´/'''7
   f r―-- ...,,,,__/./  /
.  | | |j~    //"'\/
  | |    ヾソ /ミ三彡ゝ,
  | | |j~ /,.<\     //\
  | `‐-//_ゝ"    i!/__ヽ.   /
.  | r‐.//<´ ̄`ヾ u. /´ ̄フ } ./ /
.  | レ´,.イ | ヾヽ 。 /   `i.゚=彡,.レ´ /   ・・・・・・!
,、-'´,、.'_`| |  ゞ三(  |j u ト.ァ''´,、-'´
 ,、i.| f. `| | /二ノ } u ,、-'´,、-'-、|
'´ | l に.|.| r‐t-,.、/,、-'´,、-'´u. ) u\    ・・・・・・!?
.  /| ゝァ|.| |二ン-'´,、,=;'_,=,=,´,-,‐n i
  |::::|. / `!,!-'´,、-,'〒〒〒〒〒〒.ヲ }__
/::::::| !,-'´,、-'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  {::::
::::::、-'´,、-´|  u     三三三 u.  !:::
-'´,、-.リ   '、__       u  /:::::
-'´:::::::|\ u      ̄ ̄"''‐-、._/|::::::::::
::::::::::::::|  \               /|::::::::::

ベル> 宝石商はまだ生きており、私に気付くと何か言おうとしましたが、そのまま死んでしまいました。


365 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/08/29(土) 00:11:57.82 ID:UoLbl1oo
1086.

ベル> 私は恐ろしくなってその場から逃げ出しました。

             __ヽ,
           ‐;ニ‐''´``"'z、
           _ノ:::::::::::::: :. :::::ゞ、
              {: : :;:;、トlz、::;:::i;、}
            li、::{゙`ヽヽ `l、'、``
            rフゝ,r;-、 ,ィ7` ̄`ー-、
           r1_,--゙''‐'_jノ r‐-、   }r、,....,_
         _,-‐'‐ ヽ、 l /ヽ /__  ヽ_j!ノ  、 `r、
       r'r;弋; ぅ" ̄ヽ'、  `ヒ-}  _,ィ´ ̄ ̄`ヽ、ノ ヽ
       'とヽァ'′   '、ヽ      /      ヽ  ヽ
        ~´       ゙7=;――=アヽ       ヽ__ノ}
                l ll `-' /  l,        ゙''′
                { ll  l/    ハ- 、
                  j ll  /    /  `ヽヽ
               /. ll             `}}
                / ll             ll
              ',、 ll          〃


ベル> すると、下の階には税関吏や憲兵達が待ち構えていました。
     あとでわかったのですが、税関吏の一人が偶然私をつけていて、
     応援を呼んで戻ってきた時に銃声を聞いたというわけでした。


366 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/08/29(土) 00:12:51.55 ID:UoLbl1oo
1087.

ベル> 気が動転していた私はあっさり捕まってしまいました。


       / ̄ ̄ ̄\
      / _      ̄ ̄\
      ヽ |☆|         )
      /──二二二二二二l
      ヽ二二二二二/   丶
      /__             |    うわ、こいつ血がべっとりだよ!
      |    ひ    |    │
     ノ          |    |
    (;;;)          |    |
    ヽ           |    ヽ
     \_____ノ  \__/
         __|       /  \


367 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/08/29(土) 00:13:46.15 ID:UoLbl1oo
1088.

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,|!;;;;| !;";;;;;;i゙、;;;;;;.!!;;/.!;;;;;;‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;l|;;;;;;;;;;;;l.|;;;;;;|,!;;;;;;;;;;;;;;!.l゙;;;;!!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i、;;;;;;
!;;;|l;;;;;;;;;ケ;;;;;;;;;;;;;;;;;.! .!;;;;;;;;;;;;;;;;;,!|;;;;;|:!;;;;;;;;;;.!.!;;;;;;;l|;;;| l;;;;;;;;;;;.;;;;;;;;;|!;;;;,!;;;;;;;;;;;;|.|;;;;;;;;;;;;';.;;;;;;;;!l;;;;;;|!;;,l|;;;;;;;;;;、;;;ネ;;;;;;;
;;;;;|.!;;;;;;|l;;;;;;;;;;;;;;;;i、! l;;;;;;r‐i;;;;;;! !;;;;゙|;;;;;;;;;;/ |;;l゙};|!;;;! !;;;;;;;;;;||;;;;;;;;ll;;;;;li;;;;;∥;.!,!;;;;;;;;;;;;i!|;;;;;;ネ;;;;;;"/.|;;;;;;;;ili.!;;;";i;;;;
;;;;;}l;;;;/.|;;;;;;;;;;;;;;;|i.! .!;;;;;| l;;;;;;! l;;;;;|!ノ.!;;;;.! |;/,!;|.!;;.l|;;;;;;;;;;| !;;;;;;l゙|;;;.!|;;;;l゙|;;;;!.!;;;;;;;;;;;.! |;;;;;;;";;;;;;;l゙ .l;;;;;;iリ;||;;;;;;l!;;;
;;;;;.!.l;;;l゙ |;;;;;;;;;;;;;/.|;.l .|;;;;| .|;;;;;;!.|;;;;;;! .|;;;;;} !;|,!;;;l !;;;lv、;;;;;l !;;;,! .!;l|/;;;;|:!;;;|.l;;;;;;;;;;;;| .|;;;;;;;;;;;;.;;;;|, ,!;;;;;|.!;||;;;;;;ミ;;;
;;;;;/.l;;,! .|;;;;;/l,;;;{ .!;;.! !;;;.! |;;;;;;| |;;;;;;l  ,!;;;! !;l.!;;;;}!;;.! .|;;;;;l゙ !;l  '".|;;;;;[|!;;l |;;;;;;;;;;;;.! .l;;;;|L;;;l|;;;;'ヘ;;;/!;,l!;;;;;;;;;;;;
;;;/ l;;l .:!;;r;{ .!;;.! |_;l゙|;;;;} |;;;;;l゙.l;;;;;;;.! !;;;;{ .゙.!;;;;;l l;;;} |;;;;;| .!,!   l;;;;;;;|:ゞ .!;;;;;;、;;;;} l;;;|.|;;;;.!.!;;;;;;;;;;;l゙|;;l";;;;;;;;;l
;;;| .|;;} |;;;;;} .!;;.!  !;;;;| .|;;;/ .!;;;;;;;;.l..!;;;;} !;;;;;.!.!;;;} .!;;;;;.! /.!   !;;;,;;;;|  .|;;;;/ .!;;".!;;.! !;;;;.! l;;;;;;;;;l |;;./ ;;;;;;;;|
;;;! |";| |;;;;;;.! |;;;;!  .|;;;;;|  l;;l゙ /;;;;;;;]、゙";;;;! |;;;;;;.!.!;;;l ,!.!!;;}/;;.!  !;;;l゙''"  .|;;;} !;;! !;;;! |;;;;;}/.i|;;;;| .!;,ll;、;;_;;;;}
;;;.! l;;;;l.!;;;;;;;! |;;;|  .ト;;;;;.!  !.! .!;;;;;;;;;! l;;;;;;;! l;;;;;;゙l.|;;;.!l;.!.!;;|.l;;;;;|  !;;;!   l;;;;|  l;;.!.!;;,! .!;;;;|l゙/l;;;;,! :!;.!T` !;;;.!
;;;;.! !;;;||;;;;;;;| ,!;;l  l;;;;;;;} !;! l;;;;;;;;;;! l;;;;;l゙ ゝ./ .l;;;,!!;! l;;.!|;;;;;.!  |;;;;|   !;;;l゙  .!;;|`゛ .l;;;;;;/ .!;;;;! .|;;{  .!;;;;|
;;;、| l;;;〔;;;;;;;! |;;,!  |;;;;;;;| l;,!.!;;;;;;;;;;|  !;;;;.!    `. l;}.|;;;゙;;;;;;} .|;;;;!   .|;;;;|  |;;;|  !;;;;;| l;;;;,! .|;;.!  .l゙;;;;|
;;;;゙;| !;;;;;;;;;;;! .!;;l  .!;;;;;;l ,!,!.|;;;;;;;;;;.!  !;;;;;.!     .彳|;;;;;;;;;;;l  .!; !   .|;;;;}  .|;;;.!  .|;;;;;;l !;;;} .|;;}  |;;;;;l
、;;;;;| :!;;;;;;;;;;;l .|;;.l  ヽノ゛./.! .l;;;;;;;;;;}  |;;;;;|      !;| |;;;i.l;;;;;}  ″   |;;;;|  l;;;;,!  |;;;;;;;| .ゞゞ |;;;l  .|;;;;;|
l;;;;;/ l、;;;;;;;;}.!;;.!    .l゙;.! |;;;;;;;;;;|  .|;;;;.!      !;| |;;;| `'"      .|;;;;|  |;;;;l゙  !;;;;;;.!   l;;;,!  .!;;;;;!
.゙‐'  l、;;;;;|゛.|;;;.!    .i!;;l゙ .|;;;;;;;;;,!  .|,,/      .|;;! l;;;|        ヽ!  l;;;;.!  l;;;;;;;l゙   /;;;,!  ゙ー'゙
     !;;;;;l l;;;;l    l;;;l゙  .l.;;;;;;;,!          l;;! .!;/              !;;;;l  .!;;;;;;}   ,!;;;;l
     .゙'i;;.! l;;/   .l;;;;l   `'''″          !;|                |;;;;|  l゙;;;;;;;!   .l;;;;,!
      `'゙ .!;;.!、  l;;;;|                |;.!                ゙''"  .!;;;;;;;l   `"
        l;;;;l   ゙''"                  l;;;!                 l;;;;;l゙
        `'"                   :!;;.!                 `''"
                             !./



ベル> そう……上から雨がぽとぽと落ちていたと思っていたのはカルコントの血でございました!


368 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/08/29(土) 00:14:40.72 ID:UoLbl1oo
1089.


    /;;-''´ /.::::: .:: .:::::::: : .:::::/     !:: . ::::::::. : :. ::::::: . :. :::::::::::ヽ
   /‐'´  / .: .:: .::: .:::::::;l: .:::::/     } ::::::/::/: .::;イ:::::::..:::::::::::::::::::',
      , ': .: .:::::::::::::::..:::::::!l: ::::/     /.::::/j:/j:::://ィ:::::::::::::::::::::: ::: ',
     /:::::;イ:::::::::::::::、:::::::l_l.:::::l  _  /::::/ナ7∠`7‐l::::::;/:::::::::::::::::..:::!
    / -‐'´/:::::::::::::: :::ヽ:::::l‐l::::lニ;;=ヽ ,'::::/ /〃 ,ニ、`7/ !::::::::::::::::::::::l
  ´     /::::;、:: ::::: . ::::ト、∨l:::l7ヽ`  l/   、 {‐'_ノ ケ ノ:::::::::::::::::::::、:ヽ
      /:/ .}.: :::::::::. :ヽ.へヽl_ノ_  / ,    `''''ー‐/::::::::::::::::::::::::::l ヽヽ
        l:/  'イ.::::::::::ヽ:::ヾヽ ̄´   ,       /;; イ::::::::::l;:::::::、::::', `丶
        l'    .j:::::::::::::::::`;;、ヽ      ヽ       '´ /::::::::::/ }::::::}ヽ::',
         /:::;イ:::i::::::::::'、`丶    _;;;..__      /:;イ::::/‐'::::::/ `丶
           l::/ !/1l;:::::::::l、     {;ニ=;;ヽ    /'´/"j:/-‐i:::/     違います、私じゃないんです!
           '´  __l' ヽ:::::`ニ;;、    ` 二     , イ::;::/´1 /''′
            丶 r }:/`ヽニiト 、      , '´  l/l/ /./
             丶 ヾ     丶 ` -- ‐'´    l  / /
              ', .',     ',         {  / /
               ', .',      }         '、/ /‐、_


ベル> そのまま私は連行されてしまいました。
     いくら無実を訴えても、状況から潔白を証明するのは難しそうでした。
     こうなると唯一の望みは、さっきの話で聞いたブゾーニ司祭という人物を探してもらうことでした。

369 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/08/29(土) 00:15:35.99 ID:UoLbl1oo
1090.

ベル> 2ヶ月の間予審判事さんは手をつくしてくださいましたが、司祭様もカドルッスも見つかりませんでした。
     しかし、諦めかけていたころに、ブゾーニ司祭が刑務所まで来てくださったのです。



         ,;彡ミミミ;'""'''""'''""""'''''""''彡ミミ;,
         フ彡彡;;, ヽ、,, ,..:::..  ,.:'   ゞ;;,ミミゝ
         ';彡ミシ,;r==::;,,':.':::::::..,,,;r=ニニゝ;,,ミ7"'
         "'';;彡'",;;;;;;;;;;;;;;,ヽ:::....r;;;;;;;;;;;;;;;;;,,Y"'ヽ,
         /"'iシi,;;;;;;;;;;;;;;;;;;',l::::"''!;;;;;;;;;;;;;;;;;,ノl⌒"l,
         ,i /,;"ソヾ::;;;;;;;::ノ.l:::.."''ヾ:::::;;;;,''"::l ノ ノ
         i., y 'l,  ....:::::::l',;'' ;,, ヽ、   l〆/
          \ヽ;'i:.   "',;':::::::::....ゝ "'ヽ.,:l /"
           \,'l..    "':::;;;'''""  ;''ゝ i''
            "l,::.. r‐,_,. -―''''''ニニノ ..:::l     私に会いたがってる囚人がいるというのは、
             l:::..."'ヽ,二ニニ‐''",,; .::/l     ここですか?
             'lヽ、.::"'''''''""""""..:::/ .l
              l;;;;;ヽ、 . :.: :::. . : ..::../  l
            ,r'"l;;;;;;;;;ヽ,,;;,,;,;;;;;;;;;;;;;;/   l"';,
             l;(く;l..:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''''"" ,;;l)):l
            l;;,"''ー-::;;;;;;;;;;''  _,,,...r'':::::::;;ー;,,
          i''"";ii;;:::::::::::::;i::i:ヽニニン,i,;:,:::::::::::,;l'::ヾ:'i_,,
 __,,,,,,,.....:.....,i"::::::::::::::;ii;:"'t.,::::::::;;;l   /:::::::::;;;;::i'i::;;:::ヾ:::::ー―- ...,,,,,
:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::.ヽ.::;;ii;:::::::';,-:::::;l_,,../;;;'"::::::::::;ii;:::::'"":::::::::'''""''::::::::

               【ブゾーニ司祭】
       カドルッスをダイヤで釣り、フェルナンたちやメルセデスの近況を聞きだした男。


370 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/08/29(土) 00:16:31.56 ID:UoLbl1oo
1091.

ベル> 私は見聞きしたことを、ダイヤのことも含めて洗いざらい申し上げました。


        /:::;イ::: : .: .: :: .::::; :: : ::::;'!: .:.;:::::::::::::.:..:::. :.:::::::::::::::;:::',
       /:::://::: .::::::.: .:::::/::..:l.: ./ ';.::.::l;:::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::;:::',
      /::/ /::::::;.::::::::::::::;イll:::::イ::/  ';:::::l';:::::::::ト;';::::::::::;::::::::::::::;:::',
      //  /:::::;/::::::::;:::::::l l' !:/ !::l   ';::::lヽ::::::!_lハ::::::/:::::::::::::::ト、
     /  /:::://::::;::::::':;::::l=';|=l:::!   l:::l,ィ';::lニl、!:::/!::::;::::::::::::|
       ノ::/ !::::l::::;:::::lリ'´/ フヾ:!`   ';::l´/りハ /イ/:::/::::::::l::::|
     /‐''   l:::::l::::l::::::', 、ヒ;:ノ';:!    ';:l、ゞ:::ノ,,. /:::/::::/:::ハ:::!
     ´     ';:::ハ:l;:::::、',  ̄ ̄ ';! l ::. ';!  ̄´ /イ:::;:イi:::/ l:;'
           ヽl リ';:;::::ト'、      ,   ′   ´/:::/ノ/!/ .リ
            ` . l:::;::ヽ      _       /ィ"´:::l
              !::ハ:::;::ヽ、  ⊂⊃    ,.イ、:::::l::!
              /´,,..ゞf'´',゙ヽ、  ̄  , ィr=イ∠リ
            ,.‐''´! ハ', ',  ` ー‐''´ l !/ /"´`ヽ
              /   l l  ',',, !       ! l' /    ',


ベル> すると、話は全て本当でした。その上、司祭は私の話を全て信じてくださいました。


371 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/08/29(土) 00:17:26.63 ID:UoLbl1oo
1092.

ベル> そこで、私は司祭様にオートィユでの事件を懺悔したのです。


    /:::::イ::::::::::/:::::::::{:::::::::::l::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{
 . - '::::/ /:::::::::::'::::::::::∧:::::::::l::::::A::::::::/l::;イ::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::、ヽ
´ ̄ ̄   /::::::::::::l:::::::::::l l:::::::::ト、::|‐v::/‐l/_|::::::::::::::::::::::::::::::{゙ヽ::::::、:::::ヽ`
.     ':::::::::::::::l::::::::::レ{ V::::::|´ ヽィレ云テkl:::::::::::::::::::::::::::::::| l }:::::::ヽ::::
     l::::::::::::;ィ:l:::::::::|^`、V:::::V 气_rfハ ト|:::::::::::::::::::::::::::::::レ/:::::::::::l、::
     l::::::::::/.|::、:::::::{ィ汽 V::::ヘ   斗‐'´ l::::::::::::::::::::::::::::::::l´:::::::::::::ヽ\
     |:::::::/ |:::::、:::::、:Vツ} 、:::l       |::::l:::::::::::::::::::::::l:::|:::::::::::::::::トl
     l:::::/  |:::::::ヽ::::::ゝ ,′ヽl      l:::/!:::::::::::::::::::::;l::;l::l、::::::::::::ヽ
     l::::l  |::::::::l:::: ̄::/    \    l:/|::::::::::::;l:::::l|' l/ v:::l、::ト、
     ゝ:l  |::::::∧:::::::::ゝ.__   __  l'  l:::::::::::/ l:::/ ′  v:ト`l/
.       `l   l::::/ ヘ:::::::l  l`‘、´__  `    |::::::::/ l:/    _ `"´
        /:;.′  ヘ::::l  |:::::l \     イ:::::/   l′_  ´
         /´     ヘ:l  l:::/  l>=彡‐l::; ヘ   /
              `l _l/ -‐ ヘ    l/ / 〉/


ベル> 司祭様は、私が言う必要もなかった第一の殺人を懺悔したことから、
     私は第二の殺人を犯していないとおわかりくださったのでした。



 、-≦_ー‐  -=ニ`ー、ヾ,ヽヽト、ヾヨヽ'i Y,r‐'‐イ
  〉三_‐_´_ `ミ、_ヽ`ミト、ト_ミ;;W_ヽi リ∠'-三!,
 彡ラ'_´-_‐' -‐三ミー_-ミミr'    `"┴ミミミ≦
  〃彡-_ ,-__ヽ≡_-ヾミ{_        ト\、!
 ム,∠/-,-',,.-, |彡_/~~≡_      |ハ!ヾ'
  }三三{ /) ト'、'、   `ー‐-'_、  ,   !    よろしい、希望を捨てないように。
 . f三三ム !r'(   ヽヽ、  、 r-、ミヾi|!|,-|    私もあなたの無実が証明できるように出来るだけのことをしましょう。
  f三シ´ } y'/    \`ヽ,ヾ|!、 !ヽミリソ|Z!
 ノ彡゙  ヽッ';:;;:、     \ `ヾ≧キ};==iリ
 :゙     /;:;:;;〃_,,、_    `ヽ{_ノ'-'   !
 ヽ,  i  /;:;:;=、´,=ト、゙_      ,.-、.   i
 ヽヽ,i'  i',彡;:;,   ゙トy_`,ー-..、  ト、,._  〉
  ヽヽ,  \レ: .:,  `'ヽ'、'w,_ `ヽ、〉"
 、 ヽヽ,   `に;;::;   、 `ヽ_~)'r'´
 ヽ  ヽヽ   ヾrシ   ヾ_-ァ‐'
  ヽ  ヽヽ   ヾfシノ, , 〃/
   ヽ  ヽ\_,..-ヾカソノソシノ`ヽ、
    ヽ、_ソ/)、  `\´     `ヽ
    ヽミ_-' / ノ\   \      |

372 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/08/29(土) 00:18:21.49 ID:UoLbl1oo
1093.

ベル> 獄内の扱いも良くなり、やがて、カドルッスが外国で逮捕されました。


     /フYヽ
 o ゚ ゚o/( o)(o )ヽo゚ ゚ o     俺たちがやったっていう……
   / ⌒`´⌒ \        女房にそそのかされたっていう……
  | ,-)___(-、|
  | l    `⌒´  l |
   \       /



ベル> カドルッスは終身懲役刑になり、私は無罪になりました。


373 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/08/29(土) 00:19:16.42 ID:UoLbl1oo
1094.

伯爵> それから、ブゾーニ司祭に紹介されて私のところに来たんだな?

ベル> はい。あの方は私をとても心配してくださいました。



         ,;彡ミミミ;'""'''""'''""""'''''""''彡ミミ;,
         フ彡彡;;, ヽ、,, ,..:::..  ,.:'   ゞ;;,ミミゝ
         ';彡ミシ,;r==::;,,':.':::::::..,,,;r=ニニゝ;,,ミ7"'
         "'';;彡'",;;;;;;;;;;;;;;,ヽ:::....r;;;;;;;;;;;;;;;;;,,Y"'ヽ,
         /"'iシi,;;;;;;;;;;;;;;;;;;',l::::"''!;;;;;;;;;;;;;;;;;,ノl⌒"l,
         ,i /,;"ソヾ::;;;;;;;::ノ.l:::.."''ヾ:::::;;;;,''"::l ノ ノ
         i., y 'l,  ....:::::::l',;'' ;,, ヽ、   l〆/
          \ヽ;'i:.   "',;':::::::::....ゝ "'ヽ.,:l /"
           \,'l..    "':::;;;'''""  ;''ゝ i''     密輸なんて、危ないからもう止めなさい。
            "l,::.. r‐,_,. -―''''''ニニノ ..:::l      私を信頼してくれている方に紹介してあげよう。
             l:::..."'ヽ,二ニニ‐''",,; .::/l      そこで働きなさい。
             'lヽ、.::"'''''''""""""..:::/ .l
              l;;;;;ヽ、 . :.: :::. . : ..::../  l
            ,r'"l;;;;;;;;;ヽ,,;;,,;,;;;;;;;;;;;;;;/   l"';,
             l;(く;l..:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''''"" ,;;l)):l
            l;;,"''ー-::;;;;;;;;;;''  _,,,...r'':::::::;;ー;,,
          i''"";ii;;:::::::::::::;i::i:ヽニニン,i,;:,:::::::::::,;l'::ヾ:'i_,,
 __,,,,,,,.....:.....,i"::::::::::::::;ii;:"'t.,::::::::;;;l   /:::::::::;;;;::i'i::;;:::ヾ:::::ー―- ...,,,,,
:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::.ヽ.::;;ii;:::::::';,-:::::;l_,,../;;;'"::::::::::;ii;:::::'"":::::::::'''""''::::::::

374 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/08/29(土) 00:20:11.51 ID:UoLbl1oo
1095.

        //::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::::.:::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::ヽ
          〃::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.ハ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:l
       /イ::.::.::.::.::.::l::.::.::l::.::/ |::.:::l::.::.::.::.::.::.::.::.::.::l
.       /::/::.::.::l::.:ハ::.:,イ::./   l::.:l!i::.::.::.::.::.::.::.::.:lト、
.       /::/::l::.::.l::.:代:六::.l   l::仆l::./::.::.::.::.::.::.:lヾ、
      /イ::.::l::.::.ヾ、'Tラドl::l  /:/イ!:勹l::.::.::.::.::.:l
       '´ ヽ::ハ:::、::ヽヾ-'l::l  /ノ-ヾ‐' ク::.::.::.::./l!     ……といういきさつで
         ゙! ヽ:ハ:ト`   ` l:::'´    /::.::.::.::ィ/     旦那様にお仕えしたわけです。
           ` l:!ヽ、  __' ___   -'イ:::ィl/ i
            ヾ ヾト、 ー   _,-'=li´ i      ところで、私にこれまでご不満はおありでしたか?
               !゙ヽ、__ ,.-‐'‐''"´li
               l トl | l f    l
.     __,.----‐‐‐'´ ̄ヾ、l.l | l レ _,.-'´`ー--.._
.  r‐‐''´:::::::::::::::::::::_:::::::::::::::`L|_l_,‐'´::::::::::::::::::::::::``ー--.._
  l!::::::::::::::,.、-‐‐''´  |:::::::::,.-'´ ヽ、:::::::::::::::::/ー、_::::::::::::::::::`ー--..__



.        / ̄ ̄\
     . / ノ  \ \/`i
     |  (●)(●)./  リ
    . |  (__人__)..|  /     いや、お前は立派な家令だよ。
      |   ` ⌒´ リ  ヒ     ただ、人を信用することを知らないようだが。
    .  ヽ     //  ,`弋ヽ
   __ ヽ  - ′.Y´  , `ヽ`.l     もらってきた子供や義姉がいるなら、どうして
  / :  : :介〈  `ー〈::....ノ   Vヽ     今まで話さなかった?
  | : : : : ::〈 「`ヽ_ー 、 `ヾ_/ //:|
  | : : : : : /: | {::::} フ-、`ー┴‐- │
  | : : : 〈: :│ {::::l /. :`ー‐一′ ::|


375 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/08/29(土) 00:21:07.28 ID:UoLbl1oo
1096.

ベル> 旦那様、それは、私の一番悲しい話をしなくてはならないからです。



               i !  ', ', ',  l' !
               l, !,  ',. l. l  .!
       |         !. i l.', l '、 ! l .l /|
      !  !     ', ,'l,' .!,'.-'!/!/.,' /i.ノ
 、_   ー-l,. ',    、',!‐'"!'r'T' l'l/ノ '´
   `''ー,.-!、 ',    ',ヾ,. ,イ. !;'!  ヽ,
`'‐'ー- / '`| \.',、   '、` ゙ '‐'   `''ー;
    '、 (l  ` `.!、 、 ヽ  "" ""  ,.'
`'ー;   `';-!     ',.``、'ーヽ、     _-'
..,,,'_'、i、/!/ ',.     ', : : ..  `     r'
  `" ''ー-`= !      ',: : : : . .   ノ
: : : : : : : :..  ',     ',=;'.ニ.,''ー.、''i''"´
 : : : : : : : .  ', i、.    ', ヽ 。`'i \
: : : : : : : : : :.. ',','、.  ヽ'、 ', ./   /
-- ,_: : : : : : : . '、 '.、  '、ヽ/  , '、',
`'ー `''  : : : : .   ヽ  '<ヽ /、、 ヽ


ベル> 私の居ない間、義姉は有り金を吐き出させようとするべネデットの要求を退けていました。



376 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/08/29(土) 00:21:58.41 ID:UoLbl1oo
1097.

ベル> ところがある日、べネデットが友達と一緒に義姉を捕まえてしまったのです。



          ,      /〃ハヾ  / ∧∨〃、ヾ} l| :}ミ;l\
        /〃// / 〃l lヽ∨,〈ヾ、メ〈 }} ;l リ ハ l`!ヽ.
          //' /,'  ,' 〃 l l川/,ヘ丶\;;ヽ/:'/〃∧ l ト、:l !
         〃,'/ ;  ,l ,'' ,l| レ'/A、.`、\;;ヽ∨〃/,仆|│l }. |、
         i' ,'' l| ,l ' l. !| l∠ニ_‐\ヽ;\,//,イ| l | l ト/ λ!   、
.        l ;  :|| ,'i:/ l| |:|: |``'^‐`ヾ∨`゙//|斗,l ! | ,タ /l.| l
       l ' l |」,' l' lハ |'Ν    ̄´ /` ,|l_=ミ|! ly' ,〈 :|| |
        |l .l H|i: l | ゙、| l        _.::: ,!: l厂`刈/ /!} :l|
        |! :l |)!| ! |  ヽ      '´ ’/'_,.   ノイ.〃/|!      『これでも言わないか』
        l|l |l 「゙|l |`{             ..   _   |}/,ハ l    をやって金のありかを
       |!l |l、| !l :|.      ‘ー-‐==ニ=:、__j:)  l'|/|l リ    白状させようじゃないか?
ヽ ̄ニ‐、__.」乢!L!lヱL」__           ー、 `'''´   从「 /
 \ `ヽ\      /l |       / ̄´     //
.  ,、  l  ゙、    / ' |、      {        /l/
   '}  l  ゙,    /   |:::\      }     ,.イ/
   l  l   l  ,.イ   l:::::::::\__   `'-‐::"// |′
   l   !   K ヽ,、 \「`''''''''"´:::::::;;:" //
.    l   l   ト、\( _.... ヽ  .:.::::::::;;″ /'       _
\   |  l|  八、ヽi´    | .:.:::::::::::::i' .:/'"´ ̄ ̄ ̄ ,.へ\


377 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/08/29(土) 00:22:54.86 ID:UoLbl1oo
1098.

         ,.-''7´       _,. -‐'´ 」' l\
        / ./  .     ,ィ_,. -‐''´ _」  丶
        , ' .::.:::!  .:::   / / └‐r‐''"´    丶
.      / .:::::::::{: .:{:::::..  /{./ ,.-‐j,イ:..j:.  :  } l
     /, ::::::::::::ヽ::ヽ::::: l、`-'´,.ィ‐;ミl;イ::: .:;::  ノ|
.     l/{ .::::::::::::;:::トlzヽ:::.{  '´ ゙r'_ノ/::;:-‐/-r'1} l
.     ' ';:::;::::::::::ヽlr1フ:j`ヽ    ̄ ´7::    | y! {    ま、まって乱暴は……
       ';::lト、:::::、:ヽ_ゞ'',´      |:::   l_ノ  '、
       ヾ ヽ、;ヽ;_` ヽ         |::::    |::::.  ヽ
              l:::`へ   r;ニ''   |::::: :  :ll:::::::.   \
              |:::: :: l`r.、 ´   _j::;::::::  ハ:::::::::..   ` ー‐;:=‐'
.            j::::: | l::::` ー< !:;l:::::  j lー 、___,,,... ---ミヽ、
           l:;::: | }::::::::::::::::ヽl:ll:::::  l   _,. -ァ/     ゙ヽヽ
             l:;l:: , | ,ノ::::::::::::::;;ノll l:::: /‐''"´   //        ヽ丶
          l:;'l:: l |ー1:::;;-<.  l' l:: /     //          }



ベル> べネデットたちは足に炉の火を近づけて金のありかを白状させようとしたらしいのですが、
     義姉の服に火が燃え移ってしまいますと、やつらはそのまま放り出して逃げてしまいました。
     義姉は助けを求めようとしたのですが、戸も窓も閉められており、
     隣人のワシリオはその夜出かけていておかみさんしかおらず、そのまま……

     たんすの鍵はこじあけられて金は持ち去られていました。
     べネデットの行方は今も分かりません。

378 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/08/29(土) 00:23:48.97 ID:UoLbl1oo
1099.


        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |     お前は、その事件をどう思った?
     . |:::::::::::     |
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´



 _/ -‐/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨ヽl:::l ヽ\::V:
     '::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::!::::::::;l:::|:::::::::lV l、ト }:::::
.     l:::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::/|::::::A|:::|:::::::::lヘ l:::V ,'::::::
    l:::::::::l:::::::::::/l::::::::::://-l::::/__!/|::::::::::::l |::トV::::::::
    |::::::/l::::::::::' ハ:::::::::l::! ̄!:ムf^lナ|::::::::/:l/:::lメ:::::::::l
    |::::;' .l:::::::::レツl::::::::ヘl /'lナrぅ^~l::::::/::::::::::| |::::::::l
    |:::l  !:::::::::\l:::::::|      /::::/:::::|::::l:l l::l::::ム    自分の罪の報いだと思いました。
    l:::l  |::::::::::::::|:::::::|'     /:/!::::::':::::N l∧/)
    l:::l  l:::::l:::/:::ヽ::::| l     /´  l::::/::::/   , '´    それにしても、奴らヴィルフォール家
    ヽl  l:::l:l:イ:::::::∧:!     __  l::イ:::/ /    は呪われた奴らでございます!
.       '::ハl' |:::::/ .|゙l` ニ t= ''"^ ノ'/:://
      // ` |::/  l:/l:::/>^、   /l::/´
       /´   .l/ /j' ノ´   /`-ク.l′

379 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/08/29(土) 00:24:43.32 ID:UoLbl1oo
1100.

【ツッコミ】

          _, -' ´___\
     ,  '´ _,-'´, -――- ゝ、
    /  ./ /      l ト、\
   \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
     l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !     『呪われた』で済ませるのはどうかと思うです。
     l | l | ┬::cr / / ┬c」 |     べネデットのほうは子育ての失敗が最大の原因じゃないですか?
      l | l !  l:::::::j  '   l::::j.! /
      l | l l⊂⊃‐       ‐⊂/
      ! | |ヽ|        -   リ
      ! | lゝ、          /|
      ! | |::::::::::ー┐ r‐:::イ:l. |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !



       rfフ::.::.::.:_`ー'^ー'::.::.::.::.::.::.::ヽ>、ヽ
     _fヲ::.::.rxtタ^⌒^⌒^X≧z::::.::.::.::.:::圦ハ
    /r‐v':r彡 |l| l|l| l il li l l| !l| l|トミk::.::.::.:Vfハ
   {〈 ィ/^ ,1l l|l !|l| |l|| |l | l | l |l| ! |ヽ>、::.:V! l|
   `7/ // ll| |l| |l!| |l!| l| l | l | |l| ! |//^ヽ:/⌒》
  /丁7 l| l l|l |l| |l!| |l!| |l |l l|l | |l| | |トミ=彳|厂´|
  レ⌒l| l| | |l| !l| !l| |l | || |l |l| | l|! | |レ⌒ヽ|レ⌒!    あの時、ベルツッチオがぶん殴っておけばねぇ……
    /|l |l! |仆ミ」l l| l |、」 斗 ヒて {{ィ/77ハ\j
  . //lハト、ヽf予tぇミ     xfぞ牙ァ '/// l |! | |
  /// 7∧ヽハ ゙ー'′     ゙ー' //ハ /! j l | |
  〃 // ハ/小.    、.    " /〈// l|| | ! |
  ″{ { ,' // |l ヽ、   -      /// ハ | | | ト、 , =彡
  ⌒ヾメ、/,'_川 |`丶、    , イ // ,'l lル' l| | ∨∠/三
  :―::.::厂:.:.:/// |!| l|l /`fT!^ヽ ̄} ' / | |l \_!」 / 彡竺三
  ー=彳:.:.:.///:`Yヽルヘ /」ト、/:/ /ハ/⌒7:´:.:.:.:`ヽ三三三
  '⌒V:.:.:.:.{ l {:.:.:.:\ <ヽ:.:.jj:.:.:.:./ //ノ:.:.:.;':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\三三


381 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/08/29(土) 00:25:39.58 ID:UoLbl1oo
1101.

                                            _, -‐
                                       _, -‐  ̄ ‐=ニ=-
              / ̄ ̄ ̄\           _, -‐  ̄‐=ニ二ニ=- _, -‐  ̄
             /         ヽ        ,~'_, -‐  ̄`ー-----― '
            /         丶    _,~'_ッ'-
            |     _ノ  ( ●)  .厂
            i     ( ●)  !  .⊃      悪いやつというのはなかなか死なないものだ。
             |       (__人_) /〉      神様が復讐のためにそういう人間を保護しておられるのさ。
           /∧     ,.<))/´二//⊃
         / : | ヽ  / /  '‐、二ニ⊃`
     , -‐'´: : : : :l   丶l    ´ヽ〉: : : : \
    /: : : : : : : : :|  /_/    __人〉|: : : : :|
   「ヾ: : : : : : : : : :l_/:_/ヽ.   /´     | : : : : :|
  〈\ : : : : : : : :,、: :/´∨/`ー'〉 |_| |: : : : :|
   !: : :ミヽ: : :/ `y′.: ',ゝ、_/     l: : : : : :|
   ! ⌒ヽ: : : :.ヾ/: ://: : : :|      l: : : : : :|



.        / ̄ ̄\
     . / ノ  \ \/`i     お前が『殺した』ヴィルフォールはお前に対してやったことと
     |  (●)(●)./  リ     その他に、罰せられるようなことをしたのだ。
    . |  (__人__)..|  /
      |   ` ⌒´ リ  ヒ        べネデットも生きているなら、いずれ
    .  ヽ     //  ,`弋ヽ     自分の罪で罰せられるだろう。
   __ ヽ  - ′.Y´  , `ヽ`.l
  / :  : :介〈  `ー〈::....ノ   Vヽ    お前の罪は、彼を本当の母親に返してあげなかったことだ。
  | : : : : ::〈 「`ヽ_ー 、 `ヾ_/ //:|
  | : : : : : /: | {::::} フ-、`ー┴‐- │
  | : : : 〈: :│ {::::l /. :`ー‐一′ ::|

382 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/08/29(土) 00:26:36.57 ID:UoLbl1oo
1102.

          /          /// // / / ハ
       /     _j    -‐//7 メ、/ ィ  イ ∧ !
.      /    / { / / /〃ォ=メミ、゙ヽソ∠y′/ '.l  、
.       /     / , ! ,' / / ト《i/ fi 八/  /- /、 !!  i   はい……私は卑怯者でした。
       ′   { ( ! ! l |  i /ー¨    ′,:云\|| |!
           丶 丶! ! l |  l        // Yi) 》 !!  | |    あの子は母親に返してやるべきでした。
            \」 ! l |  |      /´  ヽ- /|| /∧    ですが、捜査が及ぶのが怖くて……
       ヘ    l 「 ! ! l |  l        '/ /.ノ' // } /
          }ィ  |!/ ヽl lヽ i     ,.‐ 、_     , / 〃 〃
         「 ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ!‐-`、  └ 、_ソ //' イ/  /     私は死にたくなかったのです。
        |   ̄ ̄ ̄ ̄ - 二7    /// 〃       一つは義姉のため、もう一つはかすり傷負わずに
         j               /、  ∠ 〃  /        復讐したいというコルシカ人としての自尊心……
       ノ              / /`¨´  / >
                       / /     /〉



 _/ -‐/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨ヽl:::l ヽ\::V:
     '::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::!::::::::;l:::|:::::::::lV l、ト }:::::
.     l:::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::/|::::::A|:::|:::::::::lヘ l:::V ,'::::::
    l:::::::::l:::::::::::/l::::::::::://-l::::/__!/|::::::::::::l |::トV::::::::
    |::::::/l::::::::::' ハ:::::::::l::! ̄!:ムf^lナ|::::::::/:l/:::lメ:::::::::l   でも……本当は
    |::::;' .l:::::::::レツl::::::::ヘl /'lナrぅ^~l::::::/::::::::::| |::::::::l    死にたくなかっただけかも
    |:::l  !:::::::::\l:::::::|      /::::/:::::|::::l:l l::l::::ム    しれません。
    l:::l  |::::::::::::::|:::::::|'     /:/!::::::':::::N l∧/)
    l:::l  l:::::l:::/:::ヽ::::| l     /´  l::::/::::/   , '´    私は兄のような、男らしい人間では
    ヽl  l:::l:l:イ:::::::∧:!     __  l::イ:::/ /     ありませんでした。
.       '::ハl' |:::::/ .|゙l` ニ t= ''"^ ノ'/:://
      // ` |::/  l:/l:::/>^、   /l::/´
       /´   .l/ /j' ノ´   /`-ク.l′


383 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/08/29(土) 00:27:30.10 ID:UoLbl1oo
1103.

    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)    ブゾーニ司祭が繰り返し私におっしゃった言葉がある。
  |     (__人__)
   |     `⌒´ノ   「およそすべての患いに効く二つの薬がある。
   |   ,.<))/´二⊃             一つは『時』、一つは『沈黙』」
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|



         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \     なあベルツッチオ。木は影を作って人を楽しませ、
        |    (⌒ )(⌒)    影は、そこに夢と幻が満ちてこそ人の心を惹く。
        |     (__人__)
          |     ` ⌒´ノ     この庭はただの庭ではなく、亡霊が巣くっている。
        |         }     私はこの亡霊と言う奴が好きなのさ。
        ヽ     ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ

384 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/08/29(土) 00:28:23.19 ID:UoLbl1oo
1104.

         / ̄ ̄\
       /   ヽ_  \
       |    (⌒ )(⌒)    もしお前の臨終の時、
      . |     (__人__)    懺悔僧がブゾーニ司祭ほど心が広くないようなら、
        |     ` ⌒´ノ    この私を呼ぶがいい。
      .  |         }
      .  ヽ        }    お前の魂が安らげるような言葉を見つけてあげよう。
         ヽ      ノ
      _,,,,ノ|、 ̄//// \、
  _,,..r''''"/ | \`'/  /  |  ̄`''ー-、
  /     /  |  /\  / /    / ヽ
 ノ |  > |/)::::/\/ \   ノ /}
 {   | {   | ,r":::ヽ /   /  / // ハ



           ,.-'´::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.ヾ、
         〃::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::::.:::.::.::.::.::.::.::.::.\
        //::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::::.:::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::ヽ
          〃::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.ハ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:l
       /イ::.::.::.::.::.::l::.::.::l::.::/ |::.:::l::.::.::.::.::.::.::.::.::.::l
.       /::/::.::.::l::.:ハ::.:,イ::./   l::.:l!i::.::.::.::.::.::.::.::.:lト、
.       /::/::l::.::.l::.:代:六::.l   l::仆l::./::.::.::.::.::.::.:lヾ、
      /イ::.::l::.::.ヾ、'Tラドl::l  /:/イ!:勹l::.::.::.::.::.:l
       '´ ヽ::ハ:::、::ヽヾ-'l::l  /ノ-ヾ‐' ク::.::.::.::./l!
         ゙! ヽ:ハ:ト`   ` l:::'´    /::.::.::.::ィ/      はい……ありがとうございます。
           ` l:!ヽ、  __' ___   -'イ:::ィl/ i
            ヾ ヾト、 ー   _,-'=li´ i
               !゙ヽ、__ ,.-‐'‐''"´li
               l トl | l f    l
.     __,.----‐‐‐'´ ̄ヾ、l.l | l レ _,.-'´`ー--.._
.  r‐‐''´:::::::::::::::::::::_:::::::::::::::`L|_l_,‐'´::::::::::::::::::::::::``ー--.._

385 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/08/29(土) 00:29:22.56 ID:UoLbl1oo
1105.

(前回のまとめ)


●1815年

・ダンテス逮捕。

・ナポレオン復帰により百日政治開始。


・ワーテルロー敗戦によりナポレオンが没落。
◇ニームで王党派にベルツッチオの兄が殺害される。
◇ベルツッチオ、ヴィルフォールの仕打ちに対し復讐を宣言。

◇ヴィルフォール、ヴェルサイユに転任。

◇ベルツッチオ、ヴィルフォールを襲撃。
◇ベルツッチオ、べネデットの命を救う。べネデットを養護院に預ける。


●1816年

◇アスンタ(ベルツッチオの兄嫁)、べネデットを引き取る。


●1820~21年ごろ?

◇べネデット(5,6歳)、盗んだ金で(?)サルを買ってくる。
◇ベルツッチオ、べネデットが実の親子でないことを知っていることに衝撃を受ける。


●1826年ごろ?

◇べネデット(11歳)、年上の悪い友達と付き合うようになる。


386 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2009/08/29(土) 00:32:11.26 ID:UoLbl1oo
1106.

(今回のまとめ)

●1829年

・エドモン・ダンテス、脱獄に成功。

・6月3日、ブゾーニ司祭がカドルッス夫妻を訪問する。
◇カドルッス夫妻、宝石商を呼んでダイヤを売る。
◇ベルツッチオが匿ってもらおうとカドルッスの宿屋に忍び込む。
◇カルコント、宝石商の殺害を謀って相討ちとなる。
◇カドルッス、逃走。ベルツッチオが巻き添えで逮捕。

◇ベルツッチオにブゾーニ司祭が面会に来る。

◇カドルッスが終身懲役刑、ベルツッチオは無罪放免。

◇ベルツッチオ、司祭の薦めでモンテ・クリスト伯爵に仕える。

◇アスンタが死亡。べネデット(14歳?)は行方不明に。


●1838年

・アルベールとフランツ、モンテ・クリスト伯爵に出会う。

・アルベール、伯爵をパリの社交界に紹介する。

◇現在



                 (第23話 家令ベルツッチオの身の上話のようです(後編)了)

関連記事
スポンサーサイト
カテゴリー「やらない夫が巌窟王になるようです」内の最新記事

[ 915 ]

べネデットひでぇなおい。ベネディクト様はあんなに……ん?
[ 2010/09/14 00:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://memocopy.blog45.fc2.com/tb.php/173-68bcf3e9