スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

やらない夫が破滅の剣を手にするそうです 最終章 第三十五話

553 名前: ◆uRGREBtPMk[] 投稿日:2012/08/13(月) 21:30:38 ID:fpVuGsmM


        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        ┃
               いつでも、優しい人。

               いつでも、前を向いていた人。

               いつでも、私を励ましてくれた人。
                                                ┃
            ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                        __
                         /    \
                    /         \
                    |     : :::::::::::|
                    |     :::::::::::::::|
                    |    ::::::::::::::::::|
                    |   ::::::::::::::::::::::|ヽ
                       ヽ       /_./|:\
                         \__,-‐´~/:::::::\
                     ∠___ ,-‐'~.:::::::::::::::)
                       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                     /::::__::::::::::::::::.::::::::::::::/
                  //:::::::::::::\::::::::::::::::::::::/
                  |:::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::|
                  ヽ:::::::::::::::::::::::::::\::::::::::|
                   |\::::::::::::::::.:::::::::\:::::|._
                    |::::\_::::::::::::::::::::\|:\
                   〈:::::::::::\:::::::::::::::::::::::|::::::::|
                      /:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::|::::::::\
                      /:::::::::.::::::::|::::::::::::::::::|:::::::::::`|
                     |:::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|:::::::::::::/、
                       \:::::::::::::|::::__/|_/:::::ヽ
                      /__| ̄____/::::::::::::::::::::ヽ
                        ヽ::::::: ̄|   |::/\_:::::::::::::\
          _________ヽ/|/   \___\:::::::::::::::ヽ
                        | | | ̄〉 〉 〉〉〉_|  \:::::::::::::ヽ
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ| ̄::´::´´´ヽ    \:::::::::::ヽ
                    .       ヽ:::::::::::::::::::ヽ      ヽ:::::::::::ヽ
                            ヽ::::::::::::::::::::ヽ     ヽ:::::::::::ヽ


続きを読む

やらない夫は破滅の剣を手にするそうです まとめ

 やらない夫は破滅の剣を手にするそうです

 第一章 「動乱の予感」

 第一話       「警備兵団」
 第二話       「クリムゾン」
 第三話       「出会い」
 第四話       「距離」
 第五話       「家族 ( 前編 )」
 第六話       「家族 ( 後編 )」

 第二章 「野望と狂気の島」

 第七話       「奇妙な村」
 第八話       「異変」
 第九話       「苦悩」
 第十話       「城塞遺跡」
 第十一話     「陰謀」

 第三章 「明日への脱出」

 第十二話     「最果ての地にて」
 第十三話     「再会と追憶」
 第十四話     「進軍」
 第十五話     「脱獄」
 第十六話     「要塞刑務所陥落」

 第四章 「覇道を継ぐ者」

 第十七話     「指輪を求めて」
 第十八話     「父への思い」
 第十九話前編  「魔導列車上での戦い」
 第十九話後編  「魔導列車上での戦い」
 第二十話     「贖罪」

 第五章 「遺産」

 第二十一話   「暗号」
 第二十二話   「滅びへの胎動」
 第二十三話   「雪原を染める紅 前編」
 第二十四話   「雪原を染める紅 後編」
 第二十五話   「何も無い場所」
 第二十六話   「火竜」
 第二十七話   「残す言葉」
 第二十八話   「神殿」
 第二十九話   「破滅の剣」

 最終章 「愚者の墓碑銘」

 第三十話     「ガイアス砦」
 第三十一話   「ハンプティ・ダンプティ」
 第三十二話   「お前を憎む」
 第三十四話   「麻呂のzip」
 第三十五話   「一番、大切な人」

やらない夫が破滅の剣を手にするそうです 最終章 第三十四話

383 名前: ◆uRGREBtPMk[sage] 投稿日:2012/01/15(日) 21:28:17 ID:73q/WpoE


おそくなってスマンスマン。
一ヶ月以上壁を殴り続ける仕事で忙しくてなぁクソッ
それにまたすぐ壁を殴る仕事がたくさん舞い込んでくるしな!

正直、その日のうちに帰ってこられるだけマシなんでしょうね。

原作プレイ済みの方へ。今更ですが原作とは違った展開、解釈を行っています。

では21:30から投下開始します。


続きを読む

やらない夫が破滅の剣を手にするそうです 最終章 第三十三話

239 名前: ◆uRGREBtPMk[] 投稿日:2011/10/25(火) 22:00:30 ID:48zrld/o


         ,、  _        ,、  _         ,、  _        ,、  _
     ,,.._/ / / /iコiコ  ,,.._/ / / /iコiコ     ,,.._/ / / /iコiコ  ,,.._/ / / /iコiコ
     '‐-, .,ニ' ',コ    '‐-, .,ニ' ',コ     '‐-, .,ニ' ',コ    '‐-, .,ニ' ',コ
        '-' / /      '-' / /        '-' / /      '-' / /
       //        //         //        //
       `´         `´           `´         `´
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
   ";;;;;;;;....::::.....::::!、........::........ノ::::.....::::....;;;;;;;;ji
.   .....:::::::::.....:,',;;;;;;;;ヽヽ;;;;;;;;,',:.....:::::::::.... .:::;l :
   ;;;;.;;;;........;;;;;;;;....::::..::::....;;;;;;;;........;;;;.;;;...::....::li              li;;;;;;::::;;;.,....;;;:::;;;.;:i:;;:;:
   y;wリ゙W゛jリwj从リj"W.......:::::::::......:::::::::..jl               li;;;;...;;;;::;;....;:::;;...ji::::;
   ::゙i........ト ;i:iii;:::;iii:i;::'':;iノ,.,;;;;;;;..:::::::::....;;k                Z;;;wWti ijk:;;;k;;;,,:
   ::.゙゙ヽ(. | ..;;;ii;:'':ii;;;.. | ヾ゙リw;y.ノ,w'ハ    :.:.:.:. :.:. :.:.:. :.: . :.. :.:.:. :.: :; ; | ll;;;;~::|::::::|lki;;;:
    :::::::::|;;;;..:;;;::゙ :: ::..゙|:::::: |. :;ii;::.|`:;,':,”'' ;~'',;''゚ ;~'',;'',;';;;,,,,,,__,,___,_::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;
    :: : : |. :;ii;:.゙゙,;ii;;ii::゙i:: :: :| ;::.゙゙,゙|'゚ ;~,;''゚ ;~゚''゚ ;~'',;~゚''゚ ;~'',;;;;;;;;,,,__,,__,ヽ::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、
       |.ii゙:;''゙;.;::;:.; (;|:::  |;::.゙゙,゙゙|:',;''゚ ;~,;;”:;,`:;,':;~゚''゚ ;~'',_,,_ヽ__,,_____ヽ,,__,,i;::;.:".:;.:'"゙:.
       l゙゙゙゙, ; iii::゙,; ,゙| ::  〉;.::.;ii;..''  ~'',;''゚ ;~'',;'',;'; ,,,_/,,___,,____/_,,____,,_;ii'"゙:.:゙,:;、,"'
     : .ノ;;゙゙゙:;i;;;i:;;;i:゙゙゙;;ヾ :;ノ;;゙゙゙:;i;;;v'゚ ;~,;''゚ ;~゚''゚ ;;,,,/_,,___,,_____/,___λ,__,__ノ'"゙:.:゙,:;、,"'
:    ; :.ヘ; ヽ,.ル;nノ;;;l;;l;rw. :;:;: ;: ;:;'',;'',;''゚ ;~,;;;;;;,___,,_____,,___,___,,____;,`:'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.: '
     rw. :;:;: ;: ;:;'',;'',;''゚;:;'',;'',;''゚ ;~ ;~,;;;,___,,____/_,,___,___,,____;,`:'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.: '
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
     / : : : : : : : : : /: : : : : : /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|
      l : : : : l: : : : :/: : : : : : /:.:.:.:.:.:.:./\:.:.: :.:.: : : : : : : : : : : : : : : : : : :|  ハァ ハァ
      |: : : : :l: : : :/: : : : : : /:.:.:.:.:.:.:.:/   \:.:.:.:.:\: : : : : : : : : : : : : : : :|
      |: : : : l: : :/: : : : : : :/:.:.:.:.:.:.:.:/    \:.:.:.:.:.\: : :\ : : : : : : : : :|
      ! : : : l : /: : : : : : :/.:.:.:.:.:.:.:./         \:.:.:.:.:.\: : :\: : : : : : : |
      |: : : :l: : : : : : : : :/:.:.:.:.:.:_r┘           ヽ: :\: \ : :ヽ: : : : : : |
     l: : : l : : : : : : : /:.:.:.」 ̄                  ̄ヽ: :\: :ヽ: : : : :|
      !: : l: : : : : : : ;'-‐'´                    ̄ ¬==┬‐┘
     ー'フー‐=ヲ                          ヽ  \
      /    〈                          l!    `li、
    _,r'´    ノ 〕                          ヽニ‐-ll ヽ.
  ./l l, -―、_//                            \ ̄ヽ_ノノ
 (ヽ/'´ ̄フ/´                                   `=='´
  `ー==´′



続きを読む

やらない夫が破滅の剣を手にするそうです 最終章 第三十二話

86 名前: ◆uRGREBtPMk[] 投稿日:2011/09/19(月) 22:38:08 ID:m3RcYAHM


今回ちょっとグロイよ~
ホラーや血まみれ苦手なヒトは要注意。
書いてる本人が怖がりだからな~

終盤つくりながら投下しちゃうよひい~

ではそろそろ始めます。




続きを読む

やらない夫が破滅の剣を手にするそうです 最終章 第三十一話

941 名前: ◆uRGREBtPMk[] 投稿日:2011/05/30(月) 22:35:05 ID:TkXkdKgU


                Humpty Dumpty sat on a wall.
                Humpty Dumpty had a great fall.
                All the king's horses and all the king's men
                couldn't put Humpty together again.

                ハンプティ・ダンプティが 塀の上
                ハンプティ・ダンプティが おっこちた
                王様の馬みんなと 王様の家来みんなでも
                ハンプティを元に 戻せなかった






                                __
                        .  ´ <:::::::...
                      ,.:'     __,'::::::::::::....
                         , ' 、 ∠´ `ゝ:::::::::::':,
                     /  `,´  ,<:::::::::::::::::::.
                    ,′  /   ´  `;::::::::::::::.'. ニー
                       ′           ,ヘ::::::::v´., 二ニ-
                         {             YV .: :}三ニニ
                   从           ;´ ..:.::从三ニ
                    ゝ.        ´ ..:.::;:イ三ニニ
                              . .. .. ..:.:.:.::::_イ三ニ‐
                       ‐=≧=‐:=≦三二ニ‐
                          ̄  ̄  ̄





942 名前: ◆uRGREBtPMk[] 投稿日:2011/05/30(月) 22:35:53 ID:TkXkdKgU


  、--‐‐,= 弋‐-っ      ヴァンダルハーツ          ┌‐‐┐┌‐‐┐
   ヽ  |    | |´                              i  i   i  i
   .ヽ ‘,  i i ┌‐┐┌‐┐、-,┌─- 、 ┌─┐┌┐    .|  |_∧_|  | 、-―‐-、 ┌‐┐┌-―- 、,-―-、_,-― 、_,
    ヽ ‘, i .{._丿∧.i. `i .\ || .| i⌒i |_丿∧ i  | |.    |   -v-、 | | i⌒”´,_丿∧.i `i i´`i i i⌒i ---、\~,"’
.     ヽ ‘、i i´`)ヽノ i  i i\ || .| |  | |`i丶ノ i  | | 匚`i .|  |   |  | | .F二フi__.丶ノ i | |<<´~ .| |   \__ ゛ヽ
     丿_ ( ノ .i"i | 丿 |  ) | 丿 i_丿丿ノ i"i i |__ヽ_丿ノ丿 |   |  i 丿|__,--,.丿i" i .|.丿| | ‘Vi丿 |  i´(_丿丿
      ̄   ̄  ̄~  ̄  ̄~   ̄  ̄""" ´  ̄  ̄    ̄ ´  ̄ ̄    ̄ ” ̄""~´  ̄  ~~  ̄~ `""´  ̄"  `""""´
                            ~失われた古代文明~

               ┌─────────────────────────────┐
               │  【ヴァンダル】やらない夫が破滅の剣を手にするそうです【ハーツ】  │
               └─────────────────────────────┘

                          最終章 『 愚者の墓碑銘 』

                     ~ 第三十一話 ハンプティ・ダンプティ ~


                 ∞∞∞∞∞∞㊤㊤ 前回のあらすじ ㊦㊦∞∞∞∞∞∞

          いよいよできない夫との決着を付けるため、ガイアス砦へとやってきたやらない夫たちですが……

                 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞㊧㊨㊧㊨BA∞∞∞∞∞∞∞∞∞




続きを読む

やらない夫が破滅の剣を手にするそうです 最終章 第三十話

797 名前: ◆uRGREBtPMk[] 投稿日:2011/05/04(水) 22:30:50 ID:9hvwF1O6


        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
        ┃
           ────── 力と恐怖によって 急速に勢力を広げた帝国は
           皇帝ベガの死をきっかけにこれまた急速にその支配力を失っていき、

           逆に解放軍はこの勢いを増し次々と帝国軍を追い詰めていきました。
                                                      ┃
          ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                              ___
                            /  !   `i
                    o       /    .!    .i
                     ゝ;:ヽ-‐―r;;,               。
                 ,,_____冫;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\      ,,,,,,,, o  /
                 "`ヽ;:;:;;;:::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:从    (;:;:;:;:ヾ-r`i
                    〈;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:) 0  ソ;:;:;:;:;:;:;:}/
                   ,,__);:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ     ゞイ"ヾ,:;:,ソ_ _
                   (;:;:ノr-´^~;;r-ー⌒`    ,.、シト,! |  ゙/   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄フi
                ,.-- "  ,,,,      _;:;:⌒ゝソ;:/" ,:トイ!  /           / /
          --―‐''""     (;:;:丿    (;:;:;:;:;:;:;:;:;:)  リl ! ,i          / /
              ..         ヽ ヽリ、 ヾ;;;;;;;;;;;;/; \// .i      _,,..--‐'' /ヽ
          ー--、    ..      ヽ: _ .: ,´  /;:ノ 。  。,i    .:: ̄__,..--‐''"
              ゙`‐--、   ..: .: .:/  ̄\r-r-、 ()/,/  ,イ    .:: /
                  \_..:: ,r―v{、ヽ,ト、_ )/ .::‐:i "   l    ..: /
                  _.::_/゙、_  \ ..:  ´<_ .: .| ....    |     /
             ,..-―-、:.:../ ヽ、 >、 ) ''" !  `ー-、__: .: L__/l
           /    :.: i ,.\ \ `     ____,___ノ .::      i ,.-―――.、
          /       : !、、  \ノ ‐‐r--‐''"‐-、_.:... ...::      /       \_
                  :. ヽー‐.::,"..:: `ー-、     ゙ヽ、ー―――'''"
                   :. ..:/ _,;.:--―"      \\
                    /,.-''"     ''        ヽヽ
          ヽ        /(_,,.-/ ̄           ! l
           \__,.--イ  :..  /  ,.ー'',;''        /._」_____
          ____/ ゙l  :.. /  / / ,;:/  ,-‐'' ̄..::゙
                 ヽ  :.ヽ--'"  /" ,.イ./  / ..:: ..:
                  \    :..: (__ノ  l  i .:
                    |    :... ..:: :.. ー'..:



続きを読む

やらない夫が破滅の剣を手にするそうです 第五章 第二十九話

619 名前: ◆uRGREBtPMk[] 投稿日:2011/04/02(土) 21:31:09 ID:JvZQd15c


┌───────┐
│   ???     │
└───────┘

                 _
               //|
                 |:::::| |  _
                 |:::::| |//|
                 |:::::| |//
                 |:::::| ./
.                //  |
             ///:| |
               |三|/|:::::| |
                 |:::::| |      _,  ≦=-
                 |:::::| | 巛 w从  ̄
                 |:::::| |彳ス
            ≠三 |:::::| |w,   @
           /ミ 爻  |:::::|/     ソ´
  _/三ヘ从、_,丑/W ̄~      _
─<斤><巛/廿            .//|
    三 ̄7              |:::::| |  _
      /               |:::::| |//|
                       |:::::| |//
                       |:::::| ./
       .                //  |
                    ///:| |
                      |三|/|:::::| |
                        |:::::| |
                        |:::::| | <巛/廿
                        |:::::| |
                        |:::::| |     三ヘ从
                        |:::::|/
         _/三ヘ从、_,     ̄~
       ─<          /廿
           三     ̄7



続きを読む

やらない夫が破滅の剣を手にするそうです 第五章 第二十八話

485 名前: ◆uRGREBtPMk[] 投稿日:2011/03/21(月) 21:31:13 ID:O3/s15pY


     ._  ._
   _//_//_[][]
   /_ ._ ._/
    .// / /
    l/ /./
      //    O  O  O
      ~


  iv'ヘ                                   __
  | ;`;|                                  /:/\
  | ;'l:|           i'`'i             、         ┌个┐| | .:_|___.
  !:`l'|  ζ\     |;`;|             ∥         | .:|...:|/:/...:.:|..: : : : : :.:`L..r─Lム、
-、_|_.;l:|   \';、\  :|':i;;|     .  i'1   ||/>       | └┴┬i::::|==========|: :Lム、ロ.::|
ー|_}:;|    \';、.\|;';;;|   ./〉 |;|_r//  /      |[]..::[]. 〈〈::::|::::::[]::::.:.:[]..r、]: :: . : . : .::|
-|_|`|_r:‐:‐:‐:‐\';、\;| r‐//┐_|:|::::::::;⊥、r/.:   ,、   |. : : : :.: :\:|:::::::::::::::::::::/. : : . ┌::、    /〉:
ー|_};|::::::::::: : :: : {二l\;i`!、::://:::::::::::::::::::r| .::| /.::::  _ .||_ | : : : : : :、 〉〉/〉::::::;;:::〈 : : : -┘:::L、r‐//┐ ,、:
-|_| ̄/\:::::::/`|_{┬| |;、\::::::::i'|::::::r┴冂、 .:::://\| ::::ト、__ : : :||_'//、п∥::.:l| : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ニl.r┴、_|_|_|:>:::::〈. ::〈|-、_/::::::..\r':.|.::[,/T>.:/ロ〃乢.>''「 ̄ ̄|[ ̄ ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄ ̄|「 ̄
-TニTニTニTニTニTニTニTニT《┴┐::| .:::|_rェ :::|:.:..|-i_::_r√ソ\>へ:| :|:ln| :]:|:П叮/7_」L_:.」L____.」L ___.」L
~三三三三:.三」L三三三」L三三〉〉┬┴┤ .:|_;!:..|:::..|::::.|\.::::》: :::L;:.::r| .L/∟ロ⊥》> ̄]匚 ̄ ̄]「 ̄ ̄]「 ̄「 ̄ ̄]「 ̄
 L l「 ̄ ̄ ̄|「      ̄ ̄|「 ̄ ̄|r'.:|  .:|ー:|_ .|::::.l\|_;;||;;:|L:<)┴‐'''"~::::::::::::::::::}「 ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄l[ ̄|「 ̄ ̄l[ ̄
 ]_」L:___」L____」|__ |》〉 ~゛`┴::-'⊥::.∟ロ⊥!:::::::::::::::::::::::::::::::::::>''「 ̄ ̄|[ ̄ ̄ ̄____」L:._:.」「 」L:._:.」「 ̄
   ]「 ̄ ̄]:[ ̄ ̄ ̄]匚」[ ̄][く《:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/7_」L_:.」L___|「 ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄
     ̄|「    ||  ̄ ̄|「 ̄TニT ,,                   》> ̄]匚 ̄ ̄]「 ̄ ̄,,
  __,」L__」|____」L 三三三`    ,.        `      }「 ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄|「 ̄ `    ,.
.    _||     |L    ̄l|「 L l「 ̄            .        `|ト、 _」L____」L:._
                 ]_」L:_
                   ]「



続きを読む

やらない夫が破滅の剣を手にするそうです 第五章 第二十七話

286 名前: ◆uRGREBtPMk[sage] 投稿日:2011/02/27(日) 21:26:34 ID:4NV3M7v6

では予定通り21:30から投下します。150レスくらい。
今回少々グロエグ鬱有りかもご注意
そしてやらない夫がますます悪役
どうしてこうなった



続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。