スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

やらない夫が巌窟王になるようです まとめ




やらない夫が巌窟王になるようです


 第1話  マルセイユへの帰還
 第2話  陰謀
 第3話  婚約披露宴
 第4話  転落
 第5話  王宮
 第6話  囚人三十四号と二十七号
 第7話  真実を知る時
 第8話  スパダ家の財宝
 第9話  脱獄
 第10話 モンテ・クリスト島
 第11話 カドルッスの宿屋
 第12話 監獄の外の物語
 第13話 モレル氏の危機



やらない夫は巌窟王のようです


 第14話 フランツは洞窟の主に出会うようです
 第15話 アルベールとフランツはローマの山賊の話を聞くようです
 第16話 フランツは謎の男が気になるようです
 第17話 モンテ・クリスト伯爵は二人を死刑見物に誘うようです
 第18話 アルベールは甘い罠にひっかかったようです
 第19話 物語の舞台はパリに移るようです
 第20話 伯爵がパリにやってきたようです
 第21話 伯爵とあの二人との再会のようです
 第22話 家令ベルツッチオの身の上話のようです(前編)
 第23話 家令ベルツッチオの身の上話のようです(後編)
 第24話 金持ちにはより多くの金が効果的なようです
 第25話 伯爵は訪ねられたり訪ねたりするようです
 第26話 ヴィルフォール家には不安の種があるようです
 第27話 エデはオペラ座で因縁の相手と再会するようです
 第28話 アルベールは結婚に乗り気でないようです
 第29話 カヴァルカンティ親子はどうも怪しいようです
 第30話 ノワルティエ老人は孫娘の結婚に反対のようです
 第31話 伯爵は園芸家を助ける?ようです
 第32話 伯爵がオートィユで晩餐会を開くそうです
 第33話 アンドレアはべネデットと呼ばれるようです
 第34話 やっぱり過去は尾を引いているようです
 第35話 アルベールは伯爵を舞踏会に招待したいようです
 第36話 モルセール家の舞踏会のようです
 第37話 ヴィルフォール家の結婚問題のようです(前)
 第38話 ヴィルフォール家の結婚問題のようです(後)
 第39話 ダングラールは手紙の返事を受け取ったようです
 第40話 アルベールはアリ・パシャ事件に出会うようです
 第41話 アルベールは父の名誉を守りたいようです
 第42話 この物語の時報は、一周遅れだったようです
 第43話 カドルッスは欲が出てきたようです
 第44話 カドルッスは神様なんか信じないようです
 第45話 アルベールは父の過去に悩むようです
 第46話 アルベールは決闘の相手を探すようです
 第47話 アルベールと伯爵が決闘するようです
 第48話 伯爵とフェルナンが対決するようです
 第49話 ユージェニーはやっぱり結婚したくないようです
 第50話 伯爵は困惑するようです
 第51話 二人は別々の理由で逃亡したようです
 第52話 べネデットは肝心なところで詰めが甘いようです
 第53回 ヴィルフォールは現実を忘れていたいようです
 第54話 伯爵は告白するようです
 第55話 お金がたくさんあっても幸福とは限らないようです
 第56話 べネデットには会いたい人がいるようです
 第57話 ヴィルフォール家に最後の悲劇が訪れるようです
 第58話 伯爵は思い出の地を訪れるようです
 最終話 エドモン・ダンテスは希望を持ってほしいようです



やらない夫は巌窟王のようです 最終話

189 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2010/09/08(水) 21:03:19.59 ID:/NBq/NQo
3292.






    最終話『エドモン・ダンテスは希望を持ってほしいようです』















続きを読む

やらない夫は巌窟王のようです 第58話

102 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2010/08/17(火) 19:36:31.99 ID:qfw2fVwo
3221.






(第58話『伯爵は思い出の地を訪れるようです』)




<前回のあらすじ>

べネデット裁判には多くの傍聴人が詰めかけた。
ボーシャンは元召使いから聞いた話として、エドゥワールが
ヴィルフォール家連続怪死事件の真犯人だと言う話をする。

アンドレアことべネデットは法廷でとんでもない陳述を始める。
ヴィルフォールの子として生まれたという身の上話を始めたのだ。
密かに訪れていたダングラール夫人(べネデットの母)はショックで倒れてしまう。
過去の罪を突きつけられる形となったヴィルフォールは素直にこれを認め、
裁判所を出ていく。


帰りながら、ヴィルフォールは妻への宣告を後悔した。
自殺を思いとどまらせ、エドゥワールと三人で暮らそうと急いで帰宅するが、すでに彼女は自殺していた。
エドゥワールを道連れとして。

伯爵はヴィルフォールに正体を明かすが、エドゥワールの死を知ってショックを受ける。
そして発狂してしまったヴィルフォールを見て、
自分の復讐はここまでするべきだったのかと疑いを感じるのだった、




続きを読む

やらない夫は巌窟王のようです 第57話

1 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2010/07/14(水) 22:42:47.89 ID:wRSLOD6o


                              原作:アレクサンドル・デュマ


        ここは、日本では『巌窟王』の訳名で有名な
        デュマの名作『モンテ・クリスト伯』をベースに
        >‎>1の解釈・解説も含んだAA紙芝居です


      ・昔の作品ですので、現在の感覚ではヤバそうな表現もあります
      ・スレの性質上ネタバレはご遠慮ください
      ・物語の性質上、酷いキャラクターに配役されるキャラもいますが御容赦ください
      ・キャスティングに多少難がある恐れがあります



続きを読む

やらない夫は巌窟王のようです 第56話

921 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2010/07/14(水) 21:35:28.25 ID:wRSLOD6o
3086.


第56話『べネデットには会いたい人がいるようです』





<前回のあらすじ>

 ダングラールを訪ねた伯爵。伯爵が借りることができる約束の500万フランを求められ、
金に困っていたダングラールは焦る。しかし別の考えが頭に浮かび、ダングラールは手形を渡した。

 ダングラールは後からやって来た養育院の出納係を騙し、夜逃げをしてしまった。
置き去りにされたダングラール夫人はドブレーに助けを求める。
しかし、ドブレーは共同事業の利益を密かに夫人に分配しただけで、それ以上のことはしなかった。

 同じころ、モルセール(フェルナン)の遺産を寄付したメルセデスとアルベールは困窮していた。
アルベールは自立するために軍に入隊することを決める。心配するメルセデスに、アルベールは絶対に生きると約束する。

 帰り道、ドブレーはアルベールとばったり出会う。わずかな金しか持たないのに未来に希望を持っている
アルベール、メルセデス親子と、大金を持ちながらみじめな境遇のダングラール夫人の奇妙な相違を思い、
もの思いにふけるドブレーであった。


続きを読む

やらない夫は巌窟王のようです 第55話

833 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2010/06/22(火) 21:22:12.95 ID:OBZ.3Lko
3010.

第55話『お金がたくさんあっても幸福とは限らないようです』





<前回のあらすじ>

 ヴァランティーヌが毒殺された!
 嘆き悲しむマクシミリヤンは、ノワルティエ氏やダヴリニー医師と共に
 ヴィルフォールに真犯人を裁くことを要求する。
 ノワルティエから教えられた犯人の正体に戦慄しつつも、ヴィルフォールは
 犯人を裁くことを約束するのだった。

 ヴァランティーヌの葬儀の後、帰宅するマクシミリヤンを伯爵が追った。
 マクシミリヤンは自殺しようとしていた。伯爵は自殺を止めるため、ついに
 自分がエドモン・ダンテスであることを明かす。
 伯爵は、マクシミリヤンに死ぬのを一ヶ月待つように求める。伯爵が言う『希望』とは何か……?



続きを読む

やらない夫は巌窟王のようです 第54話

712 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2010/05/14(金) 22:30:24.74 ID:uj5n4sQo
2916.


第54話『伯爵は告白するようです』


 エルミーヌ(ダングラール夫人)はかつて不倫の仲だったヴィルフォールに、
べネデットのとりなしを願いに行く。それは、ダングラール家の名誉をなるべく
傷つけたくないためだった。ところが、ヴィルフォールはべネデットを容赦なく
逮捕し、裁判にかけると言う。

 一方、ヴァランティーヌの容態はよくなっていなかった。ある夜、彼女の
部屋に忍び込んできたのは伯爵だった。伯爵は隣の家から隠し通路を作って
彼女を見守っていたという。伯爵が隠れた後、エロイーズが忍び込んでコップに
毒を入れていく。息子のエドゥワールに遺産が与えられるように彼女が毒を
盛っていたのだ。
 伯爵は決して希望を捨てるな、生き続けるようにと言ってヴァランティーヌに
丸薬を飲ませたのだが……?


続きを読む

やらない夫は巌窟王のようです 第53話

639 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2010/04/27(火) 23:17:59.68 ID:3anMA7wo
2856.


第53話『ヴィルフォールは現実を忘れていたいようです』





<前回のあらすじ>

 アンドレアことべネデットは、危険を察知して式場から姿を消す。
 パリを離れ、コンピエーニュの宿で一休みする。ところが、朝になると
すでに憲兵の捜査の手が伸びていた。
 すばやく煙突からのがれ、追及をかわしたはずが、うっかり足を滑らせて
別の部屋に落ちてしまう。落ちた先はなんと家出中のユージェニーたちの部屋であった。
 観念して憲兵に捕まったべネデットだが……?


続きを読む

やらない夫は巌窟王のようです 第52話

578 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2010/04/15(木) 21:30:09.09 ID:LYru06co
2807.

第52話『べネデットは肝心なところで詰めが甘いようです』





<前回のあらすじ>

 アンドレアことべネデットとダングラールの娘ユージェニーの婚姻署名式の日がやってきた。
 アンドレアの訪問を受けるものの、なぜかよそよそしい伯爵。

 夜、パリ社交界の人々が集まる前で署名式が始まる。
 しかし、伯爵がカドルッス殺人事件の新展開に触れると、べネデットはイヤな予感がして
こっそりと部屋を抜け出す。
 その直後、警察がアンドレアをカドルッスを殺した脱獄囚べネデットとして逮捕にやって来た。

 結果的に結婚は自然消滅したものの、ユージェニーは友人のルイーズに、社交界に嫌気が差したと吐露。
そして、当初からの予定通り、家出をするというのだ。
 二人がダングラール家からこっそり抜け出した頃、べネデットも警察から逃亡を続けていた……


続きを読む

やらない夫は巌窟王のようです 第51話

509 名前:1 ◆z.bGNjD0C.[saga] 投稿日:2010/04/06(火) 22:25:08.06 ID:sDl5zaMo
2749.

第51話『二人は別々の理由で逃亡したようです』




 ヴァランティーヌが倒れた!ヴィルフォールはあわててダヴリニー医師の家へ走る。
 マクシミリヤンは伯爵に頼ることを思いつくが、なぜか冷淡な態度の伯爵。
 ヴァランティーヌを愛していると告白すると、なぜか怒りだす。
 伯爵にとってヴァランティーヌは復讐相手の娘、死んでもかまわない相手だったのだ。
 しかし、マクシミリヤンが愛した相手ということで、伯爵は彼女を助けることにする。

 ダヴリニー医師が駆けつけたところ、ヴァランティーヌはまだ生きていた。
ノワルティエと話すと、彼は毒殺を予見してヴァランティーヌに自分の薬を飲ませていたと言う。
薬に入っている毒に耐性の付いたおかげで、命を落とすまではいたらなかったというわけだった。

 一方、ブゾー二司祭はヴィルフォール家の隣の家を借りる。そんなに目立つことをして大丈夫?



続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。